rmenx’s blog

日々の出来事などを、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。製品レビューについては、詳しく調べて載せるよう心がけております。どうぞ、よろしくお願いいたします。-Amazon.co.jpアソシエイト-

キャンプ ガソリンストーブ

キャンプ道具の収納ケース、これはピッタリ過ぎる! =再編集版=

キャンプ道具を入れる収納ケース ほとんどのクッカーにはメッシュの収納ケースがついています。でも、メッシュって風通しはいいのですが、クッカーを入れる時に取っ手が引っかかっていらいらしたり、逆に大きすぎて、中でクッカーが暴れて蓋が外れたり、カチ…

極チタン + オプティマス+サーモス スープジャーポーチRET-001

極チタン + オプティマス を入れてみます。 オプティマス付属のカップは使いません。 オプティマスだけだと、余裕があり過ぎます。 今度は「極チタン」を被せて入れてみます。 ポットを逆さまにして被せます。 これをポーチに入れます。 ちょうどいい感じで…

コールマンのセンテニアルストーブ502A

コールマンのセンテニアルストーブ502A 502Aというと、赤いタンクのものが有名です。でも、これはセンテニアル。 オークションではピッカピッカのメッキ仕上げの502Aを見かけます。ケース付き。シリアルナンバーもあって、ほとんどコレクター向き。 でも、こ…

PRIMUS イージークック・ミニキット③ 極チタンと比べて or スベア

購入時に迷われる方も多い、スノーピークのチタン。 同じ深型タイプ。OD缶の110g缶が入る・・・同じようなコンセプトなんでしょう。 スノーピーク 極チタン(旧型) ポット/直径94×122mm・830ml・チタン0.4mm厚) カップ/直径96×50mm・330ml・チタン0.4mm厚) 収…

OPTIMUS(オプティマス) 123R スベア ⑧ スノピ 極チタンに入れる

オプティマス123R スベアを、ネットで紹介されている「スノーピークのソロセット 極チタン SCS-004TR (旧型)」に入れてみます。 この「極チタン」は旧型なのでツマミが金属製。それに比べて新型はシリコン。少し大きくなったのですが、旧型の方が人気があり…

OPTIMUS(オプティマス) 123R スベア ⑦ プリムス ソロセットM & +サーモス スープジャーポーチ

オプティマスの 123R スベアの収納ケースとして、ネットでは「スノーピーク クッカー ソロセット チタン極 」や同じスノーピークの「トレック900」に入ることは知られています。 「スノーピーク クッカー ソロセット チタン極 」の場合 《Amazon》オプティマ…

OPTIMUS(オプティマス) 123R スベア ⑤ サーモスポーチに入れる

「オプティマス 123R スベア」 収納にぴったりだと言う、保温ポーチに入れてみます。 「サーモス スープジャーポーチ」 オレンジ REB-004 OR 収納してみます。 火力調整レバー&鎖を風防内に入れて、取っ手はこの位置に。 本体で一番径が大きいのは底です。 …

OPTIMUS(オプティマス) 123R スベア ④ スベアって?

届きました。ナチュラム。株式会社STAR商事。 真鍮の輝きがいいですね。もう何年も前から気にはなっていたストーブでしたが、ガスボンベ式になってから、そして値段も高かったこともあって買えずにいました。 今回、ようやく手に入れることができました。 ガ…

OPTIMUS(オプティマス) 123R スベア ③ サーモス ポーチ

「サーモス スープジャーポーチ」 オレンジ REB-004 OR 《Amazon》 サイズ(約):10.5×12×14cm素材・材質:外生地/ポリエステル、内生地/ポリエステル・クッション(断熱材)・発砲ポリエチレン・ポリプロピレン不織布・ポリウレタン生産国:中国 スベア 123R用に…

OPTIMUS(オプティマス) 123R スベア② クッカーをケースに

「OPTIMUS 123R スベア」 《Amazon》 収納サイズは、100×130mm。 同じオプティマスからケースが販売されていますが、前回は保温バッグの紹介をしました。 保温バッグ以外にも、クッカーに収納されている方もいます。 ★トレック900 (収納サイズ:直径13×14㎝)…

OPTIMUS(オプティマス) 123R スベア① ケースについて

「OPTIMUS 123R スベア」 言わずと知れたガソリンストーブです。 《Amazon》 収納サイズは、10×13㎝。意外と小さいです。 今までコールマンのガソリンストーブオンリーでしたが、以前からずっと気になっていた製品 (逸品) です。真鍮の輝きが綺麗ですよね。 …

コールマンピーク1 400A ケース ④ これもぴったり!

前回はこのバッグでした。ピーク1がぴったりと収納できました。 これも弁当の保温ランチボックス、バッグ付き アスベル 保温ランチ 「クレズHL」 ブラック SLB-880 気になるのは、この巾着型の収納バッグです。 《Amazon》 横には面ファスナーがあり、入れや…

ソフトケースの補強

コールマンピーク1 400A ケースとして、 「アスベル ランタスBS (HLB-B800)用 保温ランチボックス用バッグ」 13.5×13.5×18cm を紹介しました。 以前から「キャプテンスタッグ ランタン ケース L用」に入るとレビューで読んだのですが、高さが余ってしまうと…

コールマンピーク1 400A ③ ケースは、これで決まり!

一つ大きいサイズのランチボックス用バッグを買いなおしました。 前回、HLB-BE800用 を買って失敗したので痛い出費です。 ※このバッグの使い道は決まりました。後ほどアップします。 今回は、「アスベル ランタスBS (HLB-B800)用 保温ランチボックス用バッグ…

コールマンピーク1 400A ② 保温バッグ

届きました。 「アスベル ランチバッグ ネイビー HLB-BE800用 保温バッグ」 13.5×14.1×16.1cm ¥1,364 《Amazon》 これですね。小さい! もともとランチボックスの収納バッグですから。 小さくたたまれています。 普通のペラペラのバッグです。 さて、入れて…

コールマンピーク1 400A ① ケースはどれ?

以前、EPIの緑色のプラケースに入れていました。ケースの縁が狭くて入れるのに苦労しました。そこで蓋を少し短く切って使っていました。でも、やっぱりギリギリで入れにくい。結局・・・蓋を紛失・・・・そのままに・・ コールマンピーク1 400A 改めて、ぴっ…

バースデーガソリンストーブ

さて、誕生日のプレゼント。 もう三か月も前から用意していたコールマンのガソリンストーブ「508」です。 普段はプリムスやイワタニのバーナーを使っているのですが、記念にもなるかなーと思って選びました。 バースデーランタンという言葉は知っていますが…

ガソリンストーブ 収納ボックス

以前、コールマンのスパイスボックスを載せました。 僕が買ったのは、同じような色と形の別の製品。輸送途中に行方不明になりましたが、二週間かかってようやく届きました。 コールマンと値段の差はそんなにありませんが、違うのはボトルが付属していること…

キャンプ用ヒーター

コールマンのヒーターアタッチメントです。 《Amazon》 ここに書かれているように、使えるストーブは「508(A)」や「440(A)」です。 こんな風にガソリンストーブの上に乗せて使うヒーターです。 ヒーターにはいくつかの切り欠きがあります。 その切り欠きに合…

バースデーストーブ

SOTOのST-310。 今年の5,6月で20ものレビュー(全体で470件)が掲載されています。今も売れ続けているなんて、やっぱりヒット商品なんですね。コンパクトで簡単に設置・点火出来るんですから人気があるのも頷けます。自分の中ではもう過去の製品だとばかり思っ…

コールマンデカール②  新品に張り替え

以前(1月)、コールマンデカールについて書きましたが、今回張り直しをした時の様子を記録のために記しておきます。 今回貼りなおしたデカール。 元のデカールはひび割れもしていて、ひどい有様。(このデカールがオリジナルかどうかは不明) 古いストーブだと…

コールマン ピーク1 400A タッチペンで修正

「ブラックピーク1」の塗装の剥がれをタッチペンで修正してみました。 ラインテープでカスタマイズするなど、いじっていますから失敗覚悟です。 本来は錆をしっかり落とすなり、塗装を剥がして再塗装すればよいのでしょうが、そこまでするのは面倒です。 前…

錆の話 《続き》

キャンプ道具で一番困るのは、ランタンやストーブの「錆」でしょうね。 ちょっと手入れを怠っていると、赤錆が発生してしまいます。錆があると見た目は悪くなるし、ほっておけばボロボロになって、やがては・・・・・ 鉄の錆は、水分と空気中の酸素によって…

メッキも錆びる しっかりと保管を!

メッキは装飾や腐食防止に使われています。綺麗で高級感が漂うので好きなんですが・・・・・特にクロムメッキ。 昔の車。鉄製が多かったので、バンパーやリアランプ周りのメッキパーツなどに錆がポツポツと浮き出てしまうんです。これには困りました。経験の…

コールマン センテニアルストーブ 502A

コールマンのセンテニアルストーブ502A。 きらきらと輝いている美しいストーブです。 コールマンのデカール、説明のシール、バルブステムホイール(火力調整ツマミ)、ポンプキャップ、傷つき防止コードと、すべてブラック。しっとりと落ち着いて、いい感じ。 …

コールマン ガソリンストーブ USAだから?《続き》

このシールをよく見てみると・・・ 黒いシールの下にもう一つシールが貼られていることがわかりますか? シールの下にシール? ちょこっとシルバーの色が見えますね。 段差があって、下にシールが貼られていることがはっきりとわかります。 考えられるのは、…

コールマン ガソリンストーブ USAだから?

コールマンのデカールは少し斜めに貼ってあったりします。アメリカの大らかさを感じますね。 この説明のシール。 ポンプカップの窪みの曲線とあっていません。 本来は、窪みにシールを合わせるので、もう少し左側です。 さらに、こちらはシールのズレという…

コールマン ガソリンストーブ オイルド ポンプカップに交換

ガソリンストーブをポンピングしても、抵抗がなく、すーーっと入ってしまいます・・・ リュブリカントというオイルをさせば直りましたが、一時的。 不安なので、ポンプカップを交換することにしました。 ゴム製と革製。どちらにしよう迷いましたが、レビュー…

コールマン ガソリンストーブ 502《続き》

先日、五徳を外して簡単な錆取りをしましたが、もう一度、今度はやっぱりヤスリで錆を落としました。 目の細かいヤスリを使った方が錆を確実に落とすことができます。錆は大敵ですからね。 だいぶ綺麗になりました。 その後に錆防止剤のAZを薄く塗っておきま…

コールマン ガソリンストーブ 502 508

88年製のコールマンのピーク1 400Aを所有していますが、ガソリンストーブ熱に侵され、その他に2つも購入してしまいました。 「502」と「508」です。 共通しているのは、2レバータイプ。 2レバーを使ってしまうと、弱火まで可能なこのストーブが手放せなくな…