rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

イワタニプチスリム 風防製作の裏側

2017年にプチスリムの風防を作りましたが、その時のことを記しておきます。

 

イワタニ プチスリム PS-G  (廃盤品)

f:id:rmenx13:20191020173844j:plain

風よけを取り付けた最終バージョンのプチスリム。f:id:rmenx13:20191018080927j:plain

一番最初に作ったものは内風防をステンレスネットで。

f:id:rmenx13:20191021074332j:plain

その後、いろいろ組み合わせて・・・外風防はアルミパンチングメタルのダブル風防でした。

f:id:rmenx13:20191018150956j:plain

f:id:rmenx13:20191018151659j:plain

f:id:rmenx13:20191018145828j:plain

別バージョン。アルミパンチングメタルだけ。

f:id:rmenx13:20191021072606j:plain

キラキラしていて、個人的にはとても気に入っていたのですが、アルミは柔らかいので、何回か外したりしているうちに最終的に折れてしまいました。苦労して作ったのに・・・・・結局、断念。

 

使える材料はないかなーと探している時に見つけたのが、缶入りの蚊取り線香でした。

この缶の形を見たときに「風防にできそう」と直感しました。鉄製で丈夫だし、直径も約13㎝とよさそう・・・・

f:id:rmenx13:20191018142816j:plain

 

みなさん、ご存じのとおり、蓋を裏返して、安全ガードを取り付けて使います。

f:id:rmenx13:20191018142841j:plain

こんな風にセットして使います。(下の写真はアース製薬のもの。安全ガードのデザインが違います。)

f:id:rmenx13:20191018145016j:plain

 

バージョンA

蓋を使った風防。中央に大きな穴をあける必要があります。

f:id:rmenx13:20191018150205j:plain

蓋にラインを書いて、カッターで何度も傷をつけ・・そして最後はペンチでグイグイと切り離しました。けっこうしんどいです。

f:id:rmenx13:20191018150328j:plain

切り取りました。

f:id:rmenx13:20191021070437j:plain

穴もいくつか開けました。五徳がくる部分の目印がつけられています。

f:id:rmenx13:20191018081847j:plain

五徳の当たる部分を切り取って取付完了。汁受けの窪みと見事とに一致。ぴったりと収まりました。

別に穴は開けなくてもよかったんですが・・・・・

f:id:rmenx13:20191021070752j:plain

穴はあけたものの、風が入ってくるかなーと思って作った、穴をふさぐ部品(右)。

f:id:rmenx13:20191021080339j:plain

 

バージョンB

中蓋の安全ガードを加工します。
左がアース。右がキンチョウ。(新しいものは多少デザインが違っています)

アースの方が高さがあります。

f:id:rmenx13:20191018082045j:plain

不要な中央の部分をカットしました。

f:id:rmenx13:20191018082940j:plain

五徳を外した「汁受け」にはめ込みます。ベロは裏側に折り込んでいます。

f:id:rmenx13:20191021071607j:plain

f:id:rmenx13:20191018144109j:plain

 

五徳が当たる部分をカットして、・・・・ 

これが完成形。この時は、まだアルミパンチングメタルが健在でした。

f:id:rmenx13:20191021071708j:plain
これだけでも十分風よけになります。側面の穴も必要ないかなー?

でも、これで終わりではありませんでした。

 

バージョンC (完成版)

缶本体の上の部分を使います。長さを合わせて上からカットします。

f:id:rmenx13:20191018144010j:plain

切り取った後に裏返して、五徳が入る切れ目を入れました。この後、側面に穴を開けています。

f:id:rmenx13:20191018081434j:plain

穴を開けたバージョンBを被せます。もともとこの二つは重なって収納されていたので、ぴったりと重なり合います。

f:id:rmenx13:20191018144249j:plain

ぴったりです。外側の風防も側面に穴を開けてみました。

f:id:rmenx13:20191018154527j:plain

上と下の穴の位置をずらして重ねます。

f:id:rmenx13:20191018144600j:plain

汁受けから五徳を外して、この風防取り付けて、コンロにセット。

f:id:rmenx13:20191018145151j:plain

こんな感じです。蚊取り線香の模様が気になりますねー。

f:id:rmenx13:20191018082359j:plain

鍋を乗せて燃焼させてみました。f:id:rmenx13:20191018145516j:plain

 

このままではいかにも蚊取り線香バレバレ。見た目をよくしないといけないので・・・・

 

ルバーの耐熱塗料を塗りました。もちろん見た目優先です。

耐熱塗料を塗る前に、もともと塗ってある塗料(模様)を剥がさないといけません。ヤスリではたいへんなので、火で燃やしてしまうことにしました。ペンチでつかんで火にかざすと、赤い炎とともに煙がもくもくと出てきました。

その後、ヤスリがけし、最後にシリコンオフで脱脂します。

 

塗装に使用したのは、KURE(呉工業) 耐熱ペイントコート シルバー (300ml) 金属パーツ用耐熱塗料。

耐熱温度は600℃です。ブラックもあるのですが、プチスリムにはシルバーが似合いそう。
でも、ネットで調べると炎は1300℃くらいになるので、炎が直絶当たる部分は塗布してもダメらしい。でも、値段も安いし使ってみました。

いくつかの試作品。(左奥がバージョンA その右はそれに重ねる穴をふさぐ部品。

結局、手前の二つを採用しました)

f:id:rmenx13:20191021073602j:plain 

乾燥させた後に、オーブンで焼きました。250℃で1時間は焼くようにと缶に書いてあったので、タイマーを合わせて約1時間ぐらいで焼きつけました。

かなり煙が出るし、家庭のオーブンは絶対に使わせてもらえないでしょう。 

f:id:rmenx13:20191018152844j:plain

焼き上がり。綺麗な色でしょう? 

左がバージョンA、右がバージョンBです。

f:id:rmenx13:20191018152813j:plain 

この工程が終わったので、二つの部品を重ねて汁受けに取り付けました。

穴の位置や数は・・・デザインのつもりで変えてあります。 

f:id:rmenx13:20191018153318j:plain

f:id:rmenx13:20191018153413j:plain

f:id:rmenx13:20191018153422j:plain

完成品です。

f:id:rmenx13:20191018153839j:plain

今回は、風防製作の裏側を紹介しました。


身近にある缶入りの蚊取り線香

側面の穴はあけなくても風防としては使えます。五徳の当たる部分だけ切り取り加工しないといけませんが、そう難しい作業ではありません。多少の工作経験がある方なら簡単に出来そうです。

カセットコンロの汁受けの窪み部分に、この缶の直径がぴたりと合えば、他のコンロにも応用できそうです。プチスリムドゥ CB-JRC-PSD なんかどうでしょう?

参考になさってください。

もちろん、自己責任ですよ!