rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、詳しく調べて載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。★リンクフリー★ -Amazon.co.jpアソシエイト-

スノーピーク トレック1400

我が家のスノーピーク。だいぶ使い込んで汚いです。

f:id:rmenx13:20201107065507j:plain

サイズ:ポット/(径)136×114mm
フタ/(径)145×39mm
収納サイズ:(径)150×150mm
容量:ポット/1,400ml、フタ/500ml
材質:本体/アルミアルマイト加工
ハンドル/ステンレススチール
メッシュケース付
重量:305g
Amazon

トレックコンボなので、他にトレック900もあります。トレック900の中にお決まりのジュニアバーナーが入っています。

掴みやすいように絶妙に曲げてある持ち手。スノーピークならでは。f:id:rmenx13:20201107065631j:plain

ただ、カチっと確実に固定できるわけではなく、ブラブラしています。

また、持ち手自体短いので、火にかけると熱くなります。

・持ち手・・持ち上げたりするので、「取っ手」ではなく「持ち手」

蓋との間は少し隙間があります。また蓋を上から被せるタイプなので、炊飯の時は間から汁が垂れてきます。でも、そんなことがあってもデザインは秀逸、美しいです。

f:id:rmenx13:20201107071548j:plain

こちらは蓋。

f:id:rmenx13:20201107065847j:plain

このくらい遊びがあるので、持ち手がブラブラします。f:id:rmenx13:20201107065923j:plain

f:id:rmenx13:20201107070004j:plain

さて、この蓋。使い方によっては、ロックが外れて、蓋がカクンと垂れさがり、中の食材がこぼれてしまうという評判?があります。

f:id:rmenx13:20201106185140j:plain

実際に持ち手をセットして、少し力を入れてみたら、カクンと折れてしまいました。

持ち手を強く握っていれば問題はないのですが、毎回毎回意識して使うことは困難です。

何か原因がありそう・・と思って調べてみました。

ここですね。

f:id:rmenx13:20201106185238j:plain

よーく見ると・・・・持ち手とストッパーの間にかなり隙間があります。

かなり緩いですね。この個体だけかもしれませんが、どうなのでしょう?f:id:rmenx13:20201106185315j:plain

こういう固定方法のクッカーはいくつもありますが、上のように板が外側に広がっていて、それで持ち手の丸棒が外れないように食い止めているという構造。

この丸棒が外側に広がってしまうと、簡単に外れてしまうのです。

 

もっと、内側にぴったりしていれば、それほどカクンとはならない筈なのに・・・

持ち手を戻して注意深く見てみると、これだけ隙間があいています。f:id:rmenx13:20201106185423j:plain

対策としては、持ち手のステンレス棒を内側に縮めるか (縮めても元に戻ってしまう)、或いはストッパーの赤丸の部分をもっと外側に広げるか。
これでカクンとなりにくい蓋になる筈ですが・・・f:id:rmenx13:20201106185606j:plain

右側が少し曲げたモノです。以前よりは、力を入れないと「カクン」とならなくなりました。でも、完ぺきではありません。

f:id:rmenx13:20201108202229j:plain


以前記事にした、アルミ製の折り畳み式のおたま。

このおたまも固定方法は同じ。f:id:rmenx13:20201107070544p:plain

矢印のところが外れやすいので、内側に少し曲げてあります。固定する時に固くなりましたが、外れることはなくなりました。f:id:rmenx13:20200128100508j:plain


この固定方法はなんとかならないかなー。

それでも人気のスノーピークです。