rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、詳しく調べて載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。  -Amazon.co.jpアソシエイト-

サークルカッター エヌティー カッター 円切りカッター 替刃付き クリア iC-1500P② アルミ板を丸く切ってみた

スノーピークのトレック900の蓋の内側にぴったり入るCD。直径12㎝。この直径と同じ蓋を0.5mm厚のアルミ板で製作します。

f:id:rmenx13:20210210101713j:plain

固定具 (中央の白色の丸い金具) がCDの穴に、なんとピッタリ。これ、凄い!

f:id:rmenx13:20210216131039j:plain

f:id:rmenx13:20210216131301j:plain

この固定具をハメたまま、刃先の位置を決めていきます。そして、きつく固定。

f:id:rmenx13:20210210101858j:plain

カッター本体には目盛りもついていますが、現物合わせで行いました。透明な三角に合わせますが、見にくいでしょう?

f:id:rmenx13:20210216134255j:plain

CDの径よりもほんの少し内側で固定しています。ここは慎重に。

径が大き過ぎると、後で削るのが大変。とにかく、かたく固定します。f:id:rmenx13:20210210101920j:plain

あらかじめ四角く切っておいた0.5mmアルミ板。

カッターの中央の固定具に両面テープを貼りつけます。

f:id:rmenx13:20210210101931j:plain

両面テープを貼ったので、ツマミを持ちあげてもアルミ板が離れません。f:id:rmenx13:20210210101946j:plain

両面テープで貼ってはありますが、念のため、中心をしっかり押さえて、周囲を回し始めます。(力いっぱい回すと、両面テープさえ剥がれます。というか、最後に剥がれました。)

一回で傷がつきました。この後、慎重に、ゆっくりと回していきます。

f:id:rmenx13:20210210101956j:plain

最初は軽く回せましたが、だんだんと回しづらくなってきます。十回ほど回した後に、アルミ板とカッターをしっかり押さえながら、裏返すと、スジが見えるようになります。

f:id:rmenx13:20210210171022j:plain

下は三十回ほど回したもの。周囲を軽く折り曲げて、切り離し作業。

内側の円はカッターのプラ部品が擦れてついた薄い傷。

本当は最後までカッターで切った方がいいのかもしれませんが、抵抗がさらに増して回しにくくなってしまいました。

せっかちなので、裏側にだいたい線が表れたところで、折り曲げてしまいました。

周囲をこうやって下に折り曲げ過ぎると、円の周囲まで歪んでしまいます。

f:id:rmenx13:20210211095316j:plain

そこで、下の画像のように四隅をあらかじめハサミで切っておくと、歪が少なくなります。切り過ぎないように!

後は上下に曲げて切り離します。

f:id:rmenx13:20210217135918j:plain

切り離し終了。ハサミで切るより、かなり円に近いです。

使えますねー、サークルカッター。0.5mm厚のアルミ板なら楽勝です。

バリがあるので、ヤスリ掛けは必須。

トレック900のフタにかぶせてみました。きつくもなく、見た目もいい。

f:id:rmenx13:20210210102051j:plain

この後、ヤスリ掛け。凸凹がないので、ヤスリ掛けも楽です。

前回の蓋 (右) と比べて・・・より真円に近くなり満足です。f:id:rmenx13:20210210102100j:plain

この後はアルミ板の中心を計って、ツマミの部品の位置を決め、ツマミを取り付けます。 

サークルカッターでも、0.5mmほどのアルミ板なら奇麗な円を切り抜くことが出来ました。このサークルカッター、いろいろと使えそうです。

 

《次回に続く・・・トレック900のフタの製作⇩》