rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★

放置された炭の写真 

キャンパーの注意喚起に「知らなかった」「無知は罪」 2020.11.7 grape

近年、再び人気が高まっているアウトドアレジャー。日本オートキャンプ協会の発表では、2013年からキャンプ人口は毎年、増加傾向にあるといいます。

しかし、キャンプ人口が増える一方である問題も。

2020年11月1日、りょーきゃん(@r_camping_photo)さんがツイートした投稿が反響を呼びました。

「拡散力のあるみな様、よろしくお願いします」
投稿されたのは、キャンプ場らしき敷地に放置された炭の写真。焚火やバーベキューなど、アウトドアレジャーには欠かせないアイテムの1つです。

写真には、投稿者さんからのメッセージもつづられていました。《同記事より抜粋》

という記事がありました。

あらあら、これはひどい!  炭ですね。困ったものです。

やりっぱなし。

誰かが片付けてくれると思っているのか、いつか炭は消えてしまうと思っていたのか・・

f:id:rmenx13:20201107132020j:plain

いろいろな記事を読むと、炭素化した炭は、それ以上分解しないので、「ここ掘れ・・」とやったら、炭がわんさか出てくると言うことですね。

自分の敷地内ならともかく、キャンプ場や河川敷、海岸などに、そのまま放置するのは環境破壊・自然破壊につながります。

 

歩いていて、ごそっと炭が固まっていたら、見ていて気持ちがいいわけはありません。

何も知らないのか、知っていて放置しているのか、それはわかりませんが、こんなことでキャンパー全体の責任にされるのは真っ平です。

炭に限らず、 

キャンプのルールを守りましょう!

というか、そんなのとっくに知っているでしょうけど。

 

キャンプは楽しいですが、それは周囲の迷惑にならないように楽しむもの。

周囲の人たちに迷惑をかけたり、環境に負担をかけてはいけませんね。

「これだから、俄かキャンパーは困るんだよなー!」なんて言われないように、しっかり学習してからキャンプに出かけましょう!