rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、詳しく調べて載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★ おうち時間が増えて、DIYとか、 自分でなにか作ろう!  -Amazon.co.jpアソシエイト-

誰が悲鳴を上げているの?

小池都知事のキャンプ自粛要請にソロキャンプ愛好家から悲鳴上がる
4/30(金) 11:30配信 東スポWeb

ゴールデンウイークを前に、小池百合子東京都知事がキャンプやバーベキューの自粛を通告したことにソロキャンプ愛好家が悲鳴を上げている。

 小池氏は28日の会見で、「河原でのバーベキューなどでも言えることで、コロナは場所を選ばない。屋外でも感染リスクがある」と、屋外レジャーでの飲み会を控えるように要請していた。

 たしかにバーベキューでのクラスター発生が後を絶たないとあって、小池氏の要請は一定の理解を得られるところだが、釈然としないのはソロキャンプ愛好家だ。

 ソロキャンプは、基本1人でのキャンプや焚き火を楽しむ行為。芸人のヒロシや、「バイきんぐ」の西村瑞樹などが火をつけ、感染リスクが低いとあって、新型コロナ禍でも、さらなるブームとなっている。・・

《同記事より》

よっぽど、取り上げる話題がないんでしょうね。

今ブームのキャンプ、そしてソロキャン・・とくれば、記事に飛びつくと思ったのでしょう。

そういう自分も飛びつきましたが・・・ 

「ソロキャンプ愛好家から悲鳴上がる」なんて大げさな記事になっています。でっちあげ?

悲鳴を上げたのは、どこのどなたでしょう。

毎日キャンプをしないと生きていけない、そんな愛好家なんでしょうね。

 

「釈然としないのはソロキャンプ愛好家だ。」とありますが、そんなにすっきりしない内容だとは思えません。

むしろ、ソロキャン愛好家なら、知識・経験もあり、逆に「ソロは全く問題はない」と理解できている筈です。

むしろ・・・ 

他府県に行く方が問題

東京にもキャンプ場はいくつかありますが、都民が、こういう状況下で他府県に移動すること自体まずいんでしょう。東京ナンバーが他府県に行くことの方が問題だと思います。うちの県に来てくれるな・・って、以前、ありましたよね。 

とりあえず、その期間中だけ、ちょっと我慢すればいいんじゃないでしょうか。

コメントより⇩

青梅市奥多摩町檜原村、の無料駐車場も閉鎖だそうで、
一人でトレッキングしようと思っていたけど残念です。
車も乗らないとバッテリーが上がるので首都高でも回ろうかと思うけど、
たぶん今回も大黒や辰巳のPAは閉鎖だろうね。※GW期間中は、別の意味で大黒は閉鎖です。

・ソロキャンプは流石に良いでしょう。世帯をともにする家族キャンプも問題ないと思います。もちろん、移動でSAとか立ち寄ることもあると思いますし、キャンプ地でトイレや水場を共用することもあるので、人との接触を伴うところは感染対策をちゃんと行う必要はあると思います。そこさえ怠らなければ、外出を控えてもスーパーに行くのと同じくらいのリスクだと思います。やるべきことは、キャンプ場の人数制限と感染対策だと思います。それに伴う費用は利用者に出してもらうのが良いでしょう。いつもより高くても、理解できるし理解できないような人には利用してもらう必要もないと思います。 

・ソロや家族のみで行うキャンプに問題はない。
受け取る側も、その辺の判断は出来るのでは?

河原でのキャンプといっても許可されている所でしか行ってはダメだけど、となりのグループとの距離を、都が示せばいいのでは? 5メートル以上開けるとかさ。

結局は、酒を飲んで集団で騒ぐ行動を徹底的につぶしたいだけなのだけど、一括りで発信するからダメなのだよ。 

・東京や大阪ナンバーの車やバイクが田舎にフラッとやってきて、「ソロキャンプなんでー」て言えば、それで田舎の人間が安心するとでも??

厳密にはソロキャンプ自体には感染リスクはなかったとしても、例えばキャンプ場に(ソロキャンパーの)テントがいっぱい立ってたら、そこにグループキャンパーが気軽に入ってきやすくなって、なし崩し的にキャンプOKみたいな雰囲気になるかも知れない。

キャンプやバーベキュー自体を禁止しようという時には、ソロキャンプだけを切り分けて優遇することは、現実的にかなり難しいと言わざるを得ない。

・ソロテントのソロキャンパーが寄り集まる集団キャンプで、三密や飲み会はご法度だろう、
自然の中に自分一人を没念と置く真のソロキャンパーは、行き帰りに公共交通を使わなければ、迷惑行為が無ければ、多分、自分の都道府県内で比較的自由にソロキャンを楽しんでるはず、
彼ら彼女らは、ローインパクトなアウトドアだから、そのキャンプは通勤や買い物よりリスクは低く、行動制限も受け難い、
だが、
孤独に慣れてない、ソロのアウトドアが好きじゃない、1人のテン泊は怖いなどの理由で、ソロテント団地みたいな集団キャンパー達は、クラスター要因だし、
また、他の都道府県には、他の自治体ナンバーへの警戒感や嫌悪感の問題があるから、
自治体内でのガチソロキャン以外はダメだろね、
かな? 

どんな場合でも安全対策に完璧はありません。そこまでして、無理して行くこともないでしょう。ただ、それだけです。

それでも、「行く!」という人は止められません! 

 

小池知事は「繁華街をはじめとする人の流入が抑えられていない。GWもステイホーム。徹底しておうちで、東京から出ないで、東京にもいらっしゃらないで」と訴えた。

 さらに、飲食店での酒類提供自粛を受け、路上飲みが増えていることについて「路上飲みは絶対にやめていただきたい。河原でのバーベキュー、キャンプなどの屋外レジャー、ホームパーティー、飲食店への持ち込みも一緒。屋外でも感染リスクがある。警察と都が連携して声掛け強化していく」と話した。

小池都知事、路上飲みに警鐘 「絶対にやめて。バーベキューやキャンプも一緒」
4/28(水) 16:20配信 ENCOUNTより》

一緒くたにキャンプくくりです・・・