rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★

初めてのキャンプ道具に高額なテント? BE-PAL

昨日は風が強かったですね。

しかも暑いくらいだったので、二階の窓を全開にして過ごしました。今日も風があります。 

先日載せた「BE-PAL

「はじめてのキャンプ道具選び」というページを見ると、ジャンル別に、いろいろなキャンプ道具が紹介されています。 

テント&タープでは、機能的であり、デザインも素敵なモノばかり。欲しいなー。

 

でも、紹介してあったテントの値段を見たら、びっくり。 

スノーピーク/エントリー2ルームエルフィールド

¥79,800

f:id:rmenx13:20190322155852j:plain

Amazon

ニーモ/ロシストーム 4P  ¥60,000

f:id:rmenx13:20190322160023j:plain

Amazon

他に、

ノルディスク/ユドゥンミニ テント ¥80,000

エリスキャンバステント/ザプレイリー12ft ¥270,000

 

ちょっと待って! 

僕のテントはコールマンのワイドツーリングで、¥24,800

 

ファミリーならもっと大きいでしょうが、えらく高いテントですね。

20万円越えも。 スノーピークの大型テントも16万くらいはしますが・・・・

 

BE-PALなので、メーカーにこだわって選んだ結果なのでしょうが、 

「はじめてのキャンプ道具選び」という企画なのに、いきなり、こんなに高価なモノばかり紹介してどうするのって感じです。

どれだけキャンプ道具にお金をかけるんでしょう。

しかも初心者用ですよね。あら、あら・・・しかもテントだけです。

キャンプに慣れて、もっと性能が良いテントが欲しい・・・なら理解できますが。

 

続けて、スリーピングバッグ&マット&コット、テーブル&チェア、バーナー、ライト、焚き火&キッチン。

一体、総額でいくらかかるんだろう?

つまりお金持ちでないとキャンプは始められない?

 

いえいえ、もっと気軽にキャンプを楽しめばいいんです。

高額な道具を集めるのもいいですが、自分の懐事情に合った道具を揃えていきましょう。そして不満だったら、買い足して行けばいいこと。みなさん、そうやってきたんでしょ?

キャンプは道具だけではありません。こだわった道具もいいけれど、キャンプ自体を楽しんでほしいですね。

キャンプが金持ちの道楽にならないよう・・・