rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

バースデーガソリンストーブ

さて、誕生日のプレゼント。

もう三か月も前から用意していたコールマンのガソリンストーブ「508」です。

普段はプリムスやイワタニのバーナーを使っているのですが、記念にもなるかなーと思って選びました。

 

バースデーランタンという言葉は知っていますが、ストーブは?

でも、ランタンは壊れやすいホヤガラスや消耗品のマントルがあるので、丁寧に扱わないといけません。

その点、ガソリンストーブは多少手荒くしても頑丈そのもの。ということでランタンではなくストーブにしたわけです。

毎日のオークションで出品物をチェック。未使用品もあったのですが、新品だというのに大きな凹みがあり、却下。製造年月日は底・バーナー基部の二か所とも同じだったのですが・・・残念でした。(凹みさえなければ、これに決定したのに・・・)

 

というのも、その前からこの「508」のバーナーは所持していました。これならバースデープレゼントにもいいんじゃない?という思い付きから探し始めたのでした。

 

左が87年製、右はもともと持っていた90年製です。

f:id:rmenx13:20190920112429j:plain

色が違うのは、光線の関係と年代の違い?

90年製の方が新しく、シールの剥がれや錆などは少なく美品です。

f:id:rmenx13:20190920112633j:plain

写真で見ると、そんなに変わりはなく見えますが・・・

バーナーあたりはやっぱり新しさが・・・

f:id:rmenx13:20190920112815j:plain

 

これがバースデーストーブ。底には傷防止のゴムをつけています。

f:id:rmenx13:20190920112929j:plain

写真で見ると、綺麗でしょ?

f:id:rmenx13:20190920113002j:plain

f:id:rmenx13:20190920113015j:plain

キャップの塗装剥がれ。シール剥がれ・・・それなりです。f:id:rmenx13:20190920113029j:plain

f:id:rmenx13:20190920113106j:plain


ただ、消耗品については、出品者が交換または調整してくれていました。(その分、それなりの値段でしたが・・・)

1 ガスケットパッキン 新品に交換
2 燃料止め材 新品に交換 液体がジェネレーターを通り噴出したガソリンを気化せずに、オーバーフローして燃料漏れを防ぐ役目をします。
3 ポンプカップ 革パッキンの新品に交換←貧弱なゴムパッキンではなく、気持ち良くポンピング出来ます。
4 チェックバルブ 一式新品に交換 更に、チェックバルブパッキンを追加しています。

 

・燃料漏れチェック

赤バルブの付け根→燃料漏れなし 

黒バルブの付け根→燃料漏れなし
チェックバルブ内→燃料漏れなし

1時間点火テスト、目視で確認のち、ライターで、上記の場所と各種燃料漏れが起こりそうなところを、二重チェックしております。問題なしです。危険なので、知識の無い方は行わないでください。

・タンク関係

タンク内→錆止めのコーティング剤もしっかりあります。 

画像7枚目のジェネレーターは綺麗ですが、画像8.9.10枚目の点火テストで、多少汚れていますので、予めご了承ください。


 《出品者からの説明より》

 

と、とても丁寧な説明。ガソリンストーブを知り尽くした方に思えます。

これなら安心して使えるでしょう。