rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★

スノピ「極チタン」にシリコンチューブを取り付ける

スノーピークのソロセット極チタンに取り付けてみました。

極を所有されている方は、取り付けているでしょうね。

f:id:rmenx13:20200128091220j:plain

スノーピークの製品は取っ手が短くて、その取っ手がカチャカチャと動きます。そして、取っ手同士をクロスさせて固定することができません。

取っ手を長くすると重さのバランスで、クッカーが倒れやすくなるのでしょうね。

 

購入した「シリコンチューブ 3mm×5mm MGJG-3.0」 

内径が3mmのシリコンチューブです。

f:id:rmenx13:20200128171117j:plain

通す芯の太さによって径を選ばないといけませんが、大きすぎるとブカブカになってしまい、見た目も使い勝手も悪くなってしまいます。

 

炎の影響を受けるので、底の方までシリコンチューブを通さない方もいますが、今回は握る部分にはシリコンをつけようと思いました。

だいたいの長さを測って、カット。f:id:rmenx13:20200128171552j:plain

取っ手は全部外さなくてもシリコンチューブを通すことができるので、下側だけ外してあります。

洗剤など何もつけてはいませんが、最初はすんなりと入っていきました。f:id:rmenx13:20200128171747j:plain

押しながら回し、反対側を引っ張って、ゆっくりゆっくりと入れていきました。

洗剤などを使えば抵抗が少なくなって、もっと素早く通すことが出来ます。

f:id:rmenx13:20200128172118j:plain

通すことができました。同じようにもう一つの取っ手にもシリコンを。

f:id:rmenx13:20200128172259j:plain

外すときに取っ手が広がってしまったので、内側に押して元に戻します。

f:id:rmenx13:20200128172326j:plain

取付完了。

f:id:rmenx13:20200128172412j:plain

いい感じでしょう?

f:id:rmenx13:20200128172439j:plain


カップにも同様にシリコンチューブを通します。

取っ手がポロっと外れてしまったので、作業がしやすかったです。

f:id:rmenx13:20200128172510j:plain

こんな感じにシリコンチューブを取り付けました。f:id:rmenx13:20200128172529j:plain

広がった取っ手を縮めて・・・

f:id:rmenx13:20200128172558j:plain

蓋にもと思いましたが、蓋についてるつまみは短いためか、引っ張っても広がってくれず外せませんでした。

力任せにやると、溶接部分が剥がれるのでは・・・と心配になり、ここは外さないことにしました。

そこで切れ目を入れたシリコンチューブをハメることにしました。簡単には外れないので、このまま使ってみようかと思います。

f:id:rmenx13:20200129071618j:plain

これがシリコンチューブを取り付けた「極チタン」

f:id:rmenx13:20200129080858j:plain


シリコンチューブがだいぶ余ったので、他のクッカーにも取り付けようかと考えました。

下はユニフレームの山フライパン深型です。

実際に取り付けてる方もいますが、取っ手が長いのと、取っ手同士をしっかりとクロスでき固定もできます。キャンプの時に、取っ手に触っても問題なかったので、ここには取り付けないことにしました。

f:id:rmenx13:20200128172813j:plain

チタン製のボウルも取っ手が長くしっかりと固定できるので取りやめ。

f:id:rmenx13:20200128173006j:plain

ごはんクッカーの黒皮鉄板も長い取っ手なので取り付けませんでした。

f:id:rmenx13:20200128173051j:plain

要するに、取っ手が長くガッチリとクロスして固定されれば、シリコンチューブは必要ないということです。

何より、クッカーの外側まで炎が来るような使い方をしなければいいんですね。