rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★   -Amazon.co.jpアソシエイト-

ソロセット「極チタン」の蓋のツマミをキーリングにしたら掴みやすい!

前回、「スノーピーク ソロセット 極チタン」にシリコンチューブを取り付けてみました。

でも、蓋だけは、つまみを外すのが難しく、切ったシリコンチューブをはめただけでした。

f:id:rmenx13:20200131191901j:plain

でも、つまみをなんとか外して、きちんとシリコンチューブを取り付けたい。

注意! 

つまみを何度も広げたり縮めたりすると、つまみは意外と脆いので、「ポキッ!」と簡単に折れてしまいます。

ダメージ、金属疲労、せん断力で破損。

絶対に自己責任でお願いします。

ということで、つまみが使えなくなってしまったので、キーなどをまとめる時に使う「ステンレス製キーリング(外径18mm、内径14mm 実測)」で代用しました。

 

f:id:rmenx13:20200201170845j:plain

Amazon

 

キーリングは二重になっているので、シリコンチューブを通す時も、また蓋に取り付ける時も苦労しました。

でも、見た目も大きさもちょうどよいサイズ。

つまみが丸くて、可愛く見えます。直立します。 

これは誰もやっていないでしょうね。

誰もやらないカスタマイズだからこそ、価値があります。(と言っても仕方なくですけど・・・) 

f:id:rmenx13:20200201071727j:plain

こんな風に取り付けてあるので、リングを動かすと少しきついです。

ちょっぴり金属同士の摩擦・擦れ・・も気になりますね。

f:id:rmenx13:20200201071350j:plain

長期間の使用に耐えられるかは、取り付け部分のスポット溶接の強度次第ですが、そんなに簡単には溶接個所は外れないと考えています。何百回、何千回も動かすわけではないので、たぶん大丈夫だと思います (楽観)。

f:id:rmenx13:20200201073140j:plain

蓋にもぴったりと・・・

f:id:rmenx13:20200201181423j:plain

このキーリングを取り付けたことの良さは、どの位置 (角度) でもピタッと固定できるところです。

これは本当に便利です。これなら新型の蓋のシリコンに引けを取りません。いや、それ以上です。

f:id:rmenx13:20200201071740j:plain

形が丸いので指の形にしっくり、山形よりも何倍も掴みやすいです。

それもそのはず、缶のプルトップの形だからです。

新型のつまみも中央が凹んでいて摘まみやすい形。

f:id:rmenx13:20200203063835j:plain

チタン製のキーリング(外径18mm、内径14mm)も販売されていますが、 今回は手持ちのステンレス製キーリングで製作しました。シリコンチューブも施せばステンレスもチタンも変わらないでしょ。

 

本当は元の形 (径3mm) の三角環がいいのですが、なかなかサイズ的に合うモノがありません。

f:id:rmenx13:20200201173332j:plain

 

ここからは、失敗編⇓ 絶対に真似しないこと!

つまみを強く引っ張ると、溶接部分が外れたり、蓋が変形してしまう恐れがあるので、つまみを二つのペンチで広げることにしました。

外した後の写真ですが、方法としては、こんな風に二つのペンチを使って、つまみだけを掴んで広げると外れます。

こうすることにより、蓋の部分に負担がかからずに広げることが可能。

f:id:rmenx13:20200131172544j:plain

シリコンチューブの形に注目。

f:id:rmenx13:20200131172802j:plain

シリコンチューブを通すことが出来ました。

f:id:rmenx13:20200131172830j:plain

蓋に取り付けるときも、蓋に負担がかからないように、つまみだけ掴んで縮めます。

f:id:rmenx13:20200131172856j:plain

取り付け終了。

f:id:rmenx13:20200131172934j:plain

 

シリコンチューブの形にこだわったのは、つまみが少し浮いていて掴みやすいんです。その理由はシリコンチューブの形。

赤丸の部分が少し出っ張っているので、ここが蓋に当たって、少し浮き上がるんです。これならつまみを掴みやすい。

f:id:rmenx13:20200131173037j:plain

反対側に倒すと・・・今度は蓋に密着します。

f:id:rmenx13:20200131173154j:plain

これだけ持ち上がっていれば、掴めるでしょう。

f:id:rmenx13:20200131180040j:plain

※ただし、垂直に立つようにしてしまうと、何かの拍子で倒れてしまうので、少し斜めになるようにした方がベストです。

 

ネットでは同じように蓋のつまみにもシリコンチューブを取り付けた記事がありました。また蓋のつまみを紐で縛ってあるものも。みなさん工夫してますね。 

シリコンチューブの形によって、つまみが掴みやすくなるなんて・・・思ってもみませんでした。

 

ここでやめておけばよかったのに・・・悲劇が!

シリコンチューブをつけなおそうと、もう一度つまみを広げた時、「ポキッ!」

あっけなく折れてしまいました。お見事!

f:id:rmenx13:20200204144205j:plain

針金のように、ぐにゃーと粘り強く曲がるのではなく、鋳物のように折れました。あらら・・・・

失敗の先駆者にだけはなりなくなかったなー。

固くて脆い・・・金属疲労?  それがチタンなのかもしれません。

もし、チタン製の「取っ手」を外される方も金属疲労には十分注意してくださいね。何度も繰り返すと危ないです。

 

スノーピークなら部品があるかも、と電話しましたが、残念、廃盤品なので部品も蓋もないそうです。新しいシリコン付きの蓋はありますということですが、その蓋だとサイズは合いません。シリコンが嫌だったので旧型にしたのに・・・

何年間か部品としてストックしてあると思いましたが、そうではないんです。でも、ないので諦めがつきました。

みなさん、つまみ、大事に扱いましょう。

 

追記:2020.7.30_

Amazonで検索していたら「チタン棒」というのが見つかりました。

チタン合金棒金属シャフトバー

f:id:rmenx13:20200730180321j:plain

Amazon

以前、チタンの針金で探した時は、こんな棒状のようなものはなかったような気がするのですが。探し方が悪かったのかな? 直径が3mm、長さは250mm。

元の長さがだいたい50mmほどなので十分過ぎます。

ただ、果たして、ペンチなどで、元の形のように折り曲げられるかどうか。それは分かりません。

プライバシーポリシー