rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★

キャプテンスタッグ ラーメンクッカー2L の中に収納

このラーメンクッカーの中に、スノーピークのパーソナルクッカーの№3のクッカー(137ビリーポット、蓋にする150プレート)、そしてトランギアの0.6Lケトルをセットします。

f:id:rmenx13:20181130164633j:plain

f:id:rmenx13:20181128124332j:plain

ケトルをスノーピークの 137ビリーポットに収納します。f:id:rmenx13:20181128124936j:plain

 

ケトルの注ぎ口が微妙に当たりそうなので(当たっている?)、傷防止のためにビニールにくるんで収納します。

f:id:rmenx13:20181128125226j:plain

ラーメンクッカーに余裕で入ります。f:id:rmenx13:20181128125129j:plain

 

ヤカンが必要のない方は、ヤカンの代わりに、スノーピークのパーソナルクッカー№3の150フライパン以外のすべてのクッカーを入れるといいでしょう。

f:id:rmenx13:20181130164857j:plain

ぴったりとスタックできますから不思議です。f:id:rmenx13:20181130165001j:plain

f:id:rmenx13:20181128130852j:plain

収納袋は「ユニフレームのごはんクッカープラス」のもの。

f:id:rmenx13:20181128130915j:plain

 

いろいろなクッカーを組み合わせることで、自分にぴったりのセットができるのがいいですね。

今回の場合はフライパンがない(ラーメンクッカーの蓋フライパンになりません?)ので、僕は「山フライパン17㎝深型」を追加しました。この中にSOTO ST-310が収納できますよ。f:id:rmenx13:20181128131314j:plain

 

 

底はペラペラですが、安いのがうれしいラーメンクッカー2L。

 スノーピーク パーソナルクッカーNo3  今値上がりしています。

トランギア ケトル 0.6L

 

山フライパン17㎝深型、蓋の山リッドSUS、SOTO ST-310