rmenx’s blog

日々の出来事などを、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

コールマン ファイヤープレイスケトル②

キッチンにあった「コールマン ファイヤープレイスケトル」

息子がキャンプで焚き火をするので、それに使えるケトルを買ったのでしょうね。

つくりはまあまあ良さそうです。ステンレス製。いいですよ。f:id:rmenx13:20190530165429j:plain

 

ユニフレームのキャンプケトルの高さ、径ともほぼ同じサイズ。容量も同じ1.6L。f:id:rmenx13:20190530165515j:plain

 

これはユニフレームのキャンプケトルです。f:id:rmenx13:20190530171816j:plain

持ちやすい形状です。

f:id:rmenx13:20190530165540j:plain

キャンプケトルでは蓋は外れますが、これは外れません。f:id:rmenx13:20190530165552j:plain

蓋のつまみは持ち上げやすい形。f:id:rmenx13:20190530165604j:plain

ネジで止まっています。

f:id:rmenx13:20190530165616j:plain

カチッととまります。

f:id:rmenx13:20190530165628j:plain

注ぎ口に蓋があるのはありがたいです。灰やゴミなどが入りにくい構造です。

蓋は左右に少し動くので多少の遊びがあります。f:id:rmenx13:20190530165637j:plain

沸騰したのち、すぐに注がずに少し冷ました方がいいです。注ぎ口が熱いままだと注ぎ口でお湯がはじけて飛び散るからです。

f:id:rmenx13:20190530165646j:plain

中央が凹んでいます。熱効率がいいのでしょうか?f:id:rmenx13:20190530165657j:plain

これはキャンプケトルの底部。

f:id:rmenx13:20190530171859j:plain

中を覗くと・・・・キャンプケトルのように小さな穴は開いていません。f:id:rmenx13:20190530165707j:plain

溶接個所がしっかりと固定されていれば問題ないでしょう。