rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

SOTO レギュレーターストーブ FUSION ST-330 工作精度?

SOTO ST-330を使っていて、気づいたことです。 

まずは、足の「遊び」が大きくて、グラグラと左右に動くこと。これは決して噂でも想像でもありません。現に僕のST-330はグラグラするんですね。これが仕様かと思われます。

最初にこれを見た時はびっくりしました。こんなに遊びがあるのかと。

使っているうちに緩んでくる・・なら理解できますが、最初からだと驚きます。

本体の溝の形と、足の突起の形が違っているので、カチッととまりません。

それが「遊び」になってしまい、グラグラと動くんですね。f:id:rmenx13:20190509143226j:plain

追記 

「設置するときに平らでない場所があるから、遊びがある方がいい・・」というレビューもありますが・・・、取説の使用場所については

「●接地面が安定していて、平らな場所に置いてご使用ください」と記載されています。

鍋を乗せたときに不安定な場所では倒れたりして危険ですからね。

また気になったのがコレ!

余りにも五徳の遊びが大きいのとカチッと固定されないので返品しました。
結果前回の物よりもしっかりとした物が届きました。遊びも少なくカチッと固定されました。余りにも酷いものは返品した方がいいと思います。
ただし、返品申請してから1ヶ月もかかりました。(普通は不備があって返品だから優先して送るものじゃないのか?とそこに不満は残りましたが)  《Amazonのレビューより》

これを読む限り、初期不良と読めますが・・・。ということは、新しく出荷された製品にはぐらつきがないんでしょう。

 ※ただ、登山や河原などでテーブルを使わずに設置するときなどは、脚が動く方が安定させることが出来そうです。

 

自作の遮熱板を取り付けた時に気づいたこと。 

テーブルに置いたら、足の高さが違ってしまい、カタカタと動いて安定しませんでした。よく見ると、本体の穴に隙間があり、これによって足が左右に動くことがわかりました。それが原因で高さが違ってしまったんです。

(遮熱板を取り付けない場合は高さは合います)f:id:rmenx13:20190509143330j:plain

 

点火スイッチ下のホースを固定する真鍮の金属部分はガッチリと固定されて動きませんが、最初からこんなに曲がっていました。このストーブだけの問題だけかもしれませんけど。f:id:rmenx13:20190509143649j:plain

 

本体につながる真鍮の部品。上下にかすかに動きます。f:id:rmenx13:20190509143744j:plain

 

技術的なこともあるのでしょうが、ストーブ自体はとても良いモノなので、残念です。