rmenx’s blog

日々の出来事などを、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。 キャンプ道具については、なるべく細かく紹介することを心がけています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

笑's B6の鉄板・網・収納バッグなど

笑's 焚き火グリル B-6君 4点セット SHO-0004 

グリルプレートを乗せた場合

f:id:rmenx13:20171004172559j:plain

ステンレスグリルを乗せた場合

f:id:rmenx13:20191113135320j:plain

f:id:rmenx13:20191113135424j:plain

(出典:Amazon)

 

今回は「笑's B6君」にぴったりの鉄板と収納バッグについて紹介します。

B6君は小さくたためて軽いので ソロキャンパーにとっては必須の焚火台&グリルです。
でも、B6に付属のビニールケースは小さいため、オプションのグリルプレートやハードロストルを一緒に入れることはできません。
セットで全部を持って行かれる方もいらっしゃるでしょうが、必要なものだけをまとめて収納出来たらより便利ですよね。

 

①ステンレス 薄型キッチントレー(大) 25.5cm×15.2cm
B6君の下に置いて使うことを想定。

イメージ 1

②イモノ 四角皿 約17cm
これはネットでも使われている方がいます。ホントぴったりです。これだけは300円。

イメージ 3

セットしてみると・・・すっぽりと収まります。専用みたいです。

イメージ 9

③ステンレス 万能トング(小)17.5cm 屋外用万能キャッチャー30cm

イメージ 5

 

笑'S単品だと元のケースに入るのですが、ロストルなどを入れることはできません。

 

そこで、全て入れてしまおうとキャリングバッグを買いました。

④「保冷保温 アルミランチバッグ」 一段弁当箱用 大

イメージ 1

さっそく入れてみます。
まずは本体とステンレスメッシュ。

イメージ 2

次に鋳物の四角皿。 

イメージ 3

残りのグリルプレート、ハードロストルも入れて。

イメージ 4

本体、鋳物の四角皿、グリルプレート、ハードロストルなどをいろいろ組み合わせることでぴったりな収納方法が見つけられると思います。

 

左右前後に少し余裕がありましたので、トング、軍手を入れてみました。

イメージ 5

中のモノがグラグラしないようにと、同じ100均で買った「両面 ワンタッチバンド」で固定しました。
幅2.5㎝×長さ160㎝。少し幅の広いバンドは切って使えるのが便利です。これで十字にとめて固定しています。なかなかいいですよ。

f:id:rmenx13:20191113135211j:plain

そしてチャックを閉めます。普通に閉めることができました。

イメージ 6

これでB6君の全てのオプションが入りました。まだ多少の余裕がありますが、100均で全部そろうのですからお得です。多少重くはなりますが、これで全部セットできます。