rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

車のボディーカバー

久しぶりの車の話題です。

少し前から、一般の屋根なしの月極駐車場に停めるようになりました。

ところが、道路から近いのはいいのですが、道路側の頭上には何本もの電線が通っています。

だいぶ前には鳥の糞の集中攻撃を受けて、ボンネット、屋根、サイドドア&ガラスが糞だらけになってしまったことがありました。

 

この辺りは自然が多く雑木林もあるので、カラスの他にムクドリなどの野鳥も多く生息しています。道路にも点々と糞の跡が残っている場所がいくつもあります。

きっと鳥たちにとって気に入った電線があるのでしょうね。

 

この電柱の右下が駐車場です。カラスがとまっています。

f:id:rmenx13:20190511160810j:plain

 

よく見ると、一番上を通っている電線が駐車場内にかかっているようで、たぶん電力会社の電線なのでしょう。ここに鳥がいたら・・・真下のボンネット直撃です。

f:id:rmenx13:20190511160440j:plain

 この電線から少し離れて停めているのですが、あまりに離すと、今度は隣の車の距離が近づいてしまうし・・・

最近では、数日前に糞がたくさんついていたので洗ったところ、その翌日には一か所にまた糞が・・・・・ 

 

今までボディーカバーは考えたことがなかったのですが、こうなっては仕方ありません。

この地域には畑が多い影響でしょうか、雨が降った後に残る埃の点々模様も気になっています。・・特に洗車した直後などはがっくりします。

そこで、とりあえずは汎用タイプのカバーを購入することにしました。

 

純正はなんたって、軽く1万超えで高い。有名なメーカーのもやっぱり2~3万はします。いくらなんでも、そんなに高いものは必要ありません。

 

見つけたのがコレ! 

「車体カバー ボディーカバー ハッチバック」  このサイズなら使えそうです。

 

 

 f:id:rmenx13:20190510163733j:plain

 《Amazon

ハッチバックタイプ。全長・全幅・高さを考えて、このカバーなら入るでしょう。

 

ネットで調べると、電力会社に連絡すると、無料で電線への鳥対策防止を施してくれるそうです。いくらカバーしてもカバーにびっしりと糞がつくんじゃ、嫌ですからね。

この方法も試してみたいです。