rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★

ハウス 芳醇チキンカレー

食べ物の話題が続きます。

ハウス食品レトルトカレーです⇩

 

「選ばれし人気店 食べログ百名店」

こういうのに自分は弱いです。さっそく買ってしまいました。  

調理方法は、最近多くみられる、箱ごと「チン」出来るレトルトパック。これは便利です。

かなりスパイスが強く、個性のあるカレーでした。

クローブなど、とにかく強めの香りと味が引き立っています。

パッケージ横には、さらに「しょうがペースト、ガーリックペースト、カレーパウダー、焙煎唐辛子エキス、ブラウンマスタード、ローストガーリック、ローストクミン、クミン、シナモン、ブラックペッパー」と書かれています。

肉が入っているようですが・・・

スパイスが強すぎて、肉の味が感じられませんでした。

味音痴かい?

「炒め玉ねぎやトマトの旨みと、クローブやシナモンなどのスパイスが織りなす、香り高く奥深い味わい。」ということです。

でも、味わうどころか、自分にはただただ強すぎるスパイスのために、口の中がその刺激でいっぱいでした。

妻も「八角が入っているの?」と。

全く、食レポになりませんねー。

 

でも、スパイス好きな方にはお勧めなカレーです。

*やっぱりお店で食べないと、本当の味は伝わらないのかもしれません。

 

 

カヌーイスト・作家の野田知佑さん死去 84歳 

愛犬「ガク」と各地を旅 著書「日本の川を旅する」など
3/30(水) 18:27配信 スポニチアネックス

日本のカヌーイストの第一人者で、著書「日本の川を旅する」などで知られる作家の野田知佑(のだ・ともすけ)さんが今月27日、病気のため徳島県の病院で死去した。84歳。熊本県出身。葬儀は親族のみで執り行った。30日、小学館の月刊アウトドア雑誌「BE―PAL(ビーパル)」の公式サイトで発表された。

 早稲田大学時代は漕艇部に所属。1982年、「日本の川を旅する」で第9回日本ノンフィクション賞新人賞を受賞。アラスカ・ユーコン川など、愛犬「ガク」とともに世界中の川を下った。90年公開の映画「ガクの冒険」に主演。日清食品チキンラーメン」のCMにはガクとともに出演した。著書、テレビ出演は多数。親交が深かったエッセイストの椎名誠氏は野田さんをカヌーの師として仰いでいた。

《同記事より》

驚きました。

かなり前から「BE―PAL(ビーパル)」に載っていた野田さんと愛犬「ガク」の事は知っていました。

自分は川には興味があっても、カヌーなんて乗る事はないなぁーと思いながら読んでいましたが・・・。

f:id:rmenx13:20220331055420j:plain

《BE―PAL(ビーパル)2020年2月号より》

 

もう一つ。

BE―PAL(ビーパル)2018年1月号の「今日も野宿しよう」では、吉野川・川の学校のキャンプと卒業式の様子が綴られています。

 後半の子どもたちとの会話で・・・

「・・・・高校生になって毎日魚捕りをしようと考えていたら、模試でトップだったので遊べなくなった。それでぼくのところに家出してきた。」

「それでどうしたんですか?」

「少しずつ勉強量に慣れて、大学に入り、この間卒業して就職している。一番になるって辛いな」

 隣で聞いていたカイトが目を丸くして驚いている。

f:id:rmenx13:20220331083251j:plain

「へぇー、一番になるってそんな事があるんですね。

「そうだな。まあ、少しずつ生活に慣れろ。東大だけが人生じゃない。川の学校の卒業生達が憧れている一期生のタクも、新聞記者を辞めて今は国内外を放浪している。人生の軌道を変えて、再出発はいつでもできる。君たちも本当に好きで続けられる事を見つけられるといいな。」 

 僕は少年少女の波乱の多い将来を思い、胸が熱くなった。少年よ、少女よ、君たちの人生に幸多からん事を祈る。

★BE―PAL(ビーパル)をお持ちの方は、もう一度読み返してみるのもいいかもしれませんね。