rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

SOTO レギュレーターストーブ FUSION ST-330⑬ 遮熱板・風防実験

風がかなり吹いていました。「よし、実験だ!」と思い、庭に持ち出してみました。

アルミテーブルはないので、木の板に乗せて実験開始。f:id:rmenx13:20190424111325j:plain

 

ST-310に使った場合とほぼ同じように、遮熱板はバーナーよりも少し低い位置に取り付けています。ただ、ST-310と違い、バーナーと五徳との距離は狭くなっています。f:id:rmenx13:20190424213109j:plain

 

最初、ガスの音はするものの、なかなか火が点きませんでした。火花は出ているのに・・・しばらくして、ようやく点火できました。

残念ながら、明るいので炎は見えません。(暗くなったら、もう一度挑戦してみます)

 

炎が均等に出ている証拠に、五徳が四つとも赤くなっています。中火です。f:id:rmenx13:20190424111444j:plain

遮熱板があるので、手を入れても熱さを感じません。f:id:rmenx13:20190424111546j:plain

見にくいですが、湯気が右から左に流されています。f:id:rmenx13:20190424111651j:plain

水は半分くらいしか入れていませんでしたが、数分で湧きました。

 

ST-330のバーナーや五徳、そして風防も見事に焼けました。f:id:rmenx13:20190424111740j:plain

やかんの底に沿って炎が外側に広がったことがわかります。f:id:rmenx13:20190424111828j:plain

扇風機とは違い、風は一方向・一定量吹くわけではないので、風防の効果があったかどうかはわかりません。しかも明るくて炎が見づらかったこともあって、何とも言えません。

ただ風防の焼け具合を見ると、両方焼けているので、まあ成功かな?と考えています。

 

さらに、三方向まで風防でカバーすると、こんな感じに。f:id:rmenx13:20190426142741j:plain

f:id:rmenx13:20190426142834j:plain

無いよりまし・・・ですか?  ほとんど、お遊びの世界です。

 

遮熱板及び風防の製作の様子はこちらから↓

 


※ST-330のカスタマイズはこれで終了です。カスタマイズしたのは3つ。

①シリコンチューブ装着(これは必須でしょう)・・・火傷防止

②遮熱板(ST-310用を加工)・・・・・・・・・バーナー・ホース保護、テーブル保護

③風防(ウィンドスクリーン・自作)・・・・・風除け

他にあるかなー?

 

SOTOが標準かオプションでつけてくれるといいのですが、車のように社外部品がたくさんあると選べていいと思います。

でも、やっぱり自作派にとっては改造する楽しみもありますからね。ちょうどいいのかもしれません。

僕は十分楽しませていただきました。