rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。

キャプテンスタッグ ラーメンクッカー2L

キャプテンスタッグのラーメンクッカー 2Lです。

原産国:日本

  • 製品サイズ:(約)17cm鍋/170×全長285×高さ100mm、18cmフライパン/180×全長275×高さ35mm、
  • 重量:(約)550g(セット重量)
  • 材質:17cm鍋/ステンレス鋼(鍋底の厚さ0.4mm)、寸法/17cm、満水容量/2.0ℓ、フタ・取っ手・つまみ/ステンレス鋼、18cmフライパン/本体/ステンレス鋼(底の厚さ0.5mm)、取っ手/ステンレス鋼
  • 収納サイズ:(約)外径180×高さ110mm

(出典:Amazon)

ちょっと大きめのラーメンクッカーと言えばこれですね。インスタントラーメン2袋が収納できます。ちょっと大きめですが、麺を割らずに入れられるので便利です。

 

f:id:rmenx13:20171018185428j:plainf:id:rmenx13:20171018190031j:plain

 f:id:rmenx13:20171018190101j:plain

 f:id:rmenx13:20171018190234j:plain

付属のフライパン18㎝。

この18cmのフライパンで卵焼きを作ってみました。
 
ステンレスは熱伝導が悪いので、焦げ付きやすい性質を持っているようです。
でも、料理番組などでもステンレスの綺麗なフライパンで調理をしているわけで・・・・高級ステンレスのフライパンはステンレスやアルミなど何層(多層)にも重ねて作られているようですが、キャンプ用のフライパンはステンレスの薄い一枚板(単層)。違うんですよね。
「単層は焦げ付きやすいので、普段は三層を使っています)という記事も見かけました。
 
ネットで調べてみました。
 
①弱火で(中火というページも。どっち?)
熱伝導が悪いということは、強火にするとそこだけ熱せられ他の部分は熱くならないということ。ですから、弱火ぐらいでジワジワと全体を熱するようにするらしいです。2分とか3分とか・・・
さて、その弱火って、どんな感じなのでしょう。なんとなくこんな感じかなーという感覚でやってみました。
 
火にかけてすぐに「パン!」と弾けた音がしたのでびっくりしました。
これはフライパンが熱で膨張し反ったためです。底はペコペコの板厚。
ステンレス色だったフライパンがだんだんと茶色に変色していきました。
 
そして、
②水滴を落として、水滴がコロコロと転がるように動いていたら適温だそうです。
実際にやってみたら、おもしろいように水滴が踊っています。
 
③油をまんべんなくなじませる。(油は多めがいいと書いてあります)
油から煙が出るくらいだそうです。
 
④卵を溶いて入れてみました。
食材を入れた直後はこびりつくようですが、動かさずにしばらくすると、綺麗にはがせるみたいです。
 
フライパンの縁の卵はまったくこびりついていません。箸で持ち上げると、するっと浮き上がりました。
 
⑤お皿にもりつけ。
普通のフライパンと違って、縁が直角に立っていますから、フライ返し(ターナー)を入れにくいんですね。なんとか隙間からフライ返しを入れて、そーっとはがしていきましたが、真ん中が少しくっついてしまいました。
はがせないことはありませんでしたけど。
イメージ 1
見事に茶色に変色しました。バーナーの炎の関係でしょうか、中央には熱がいっていないのでしょうね、色が変わっていません。
 
裏側。
イメージ 2

⑥片付け
スポンジで水洗いしただけです。こびりついていたものもこすったら綺麗に取れました。

 


と、ステンレスのフライパンは扱い方はちょっと面倒ですが、コツさえつかめば使えそうです。経験を積んで上手に料理ができるように・・・。


餃子、焼きそば、チャーハンなどは焦げ付きやすいようなので、これらもぜひ試してみたいです。