rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★

trangia トランギア メスティン用SSメッシュトレイⅠ 紹介 & メスティンに収納

トランギアのメスティン TR-210 専用の蒸し網です。

 

重量:約55g
サイズ:15.8×8.8×1.2cm
ステンレス製
日本製
対象シーズン: 通年
部門名: ユニセックス
発売年・モデルイヤー: 2018

足になる部分の高さは1㎝ほどです。かなり高さがあります。

逆さまにした画像。

レビューに多く見られる、この出っ張り。

気になるレベルではありませんが、ヤスリで削っている人もいるようです。

純正とあって、もちろんピッタリ。この状態で、その出っ張りは気になりませんけど。

通常よりも 1.2㎝ 高くなるので、水を入れて沸騰させても、すぐに水はなくならないので、空焚きの心配はなさそうです。

 

このトレイの特長

足が両端 (画像では上下) にあるので、この隙間に小さな器具などを入れられて便利なことです。

「MiliCamp メスティン用バットアミ メッシュトレイ」では、四本の足が中央寄りにあります。この足が邪魔して、他のモノの収納がしにくいです。

Amazon

 

ということで・・・

メスティンにいろいろと詰め込んでみました

 *足りないのは固形燃料とライターぐらいでしょうか?

左上からノーブランドのウィンドスクリーン(とにかく低価格)、100均のしゃもじ、エスビットポケットストーブ、左下はビーパルについていたミニ鉄板、100均のミニ起こし返し(2本入りのうちの1本)、中央がクッカークリップです。

 

収納したものの関連記事⇩

トランギア  メスティン TR-210

ノーブランドのウィンドスクリーン

エスビット ポケットストーブ

ビーパル 11月号の付録は、SHO’S “肉”厚鉄板 mini

MiliCamp クッカークリップ メスティン クッカー用 鍋つかみ

 

入れ方の順番

いろいろと詰め込むので、うまくやらないと全てを収納することは出来ません。

エスビットを入れた後に、クッカークリップとしゃもじを。

クッカーは意外と分厚くて嵩張ります。そこで、この向きで入れてしまいます。固形燃料は入りませんが、隙間にライターぐらいなら入りますね。

②その上に、この向きでミニ鉄板を乗せて・・・

③さらに、ウィンドスクリーンを乗せて・・・

④なんとか蓋を被せることが出来ました。

ちょっと持ち上がっていますが、ケースに入れてしまえば問題はありません。

 

使っているケースはこれ⇩

 

最後に・・・それにしても、意外とメスティンは収納性が良いので、必要なものをまとめて入れることができます。

クッカークリップを入れなければ、固形燃料が二つとライターも入ります。

これで簡単に失敗なく炊飯が出来るんだから、便利この上ない器具です。

 

《「trangia トランギア メスティン用SSメッシュトレイⅡ トレイの出っ張りを削る」に続く 》