rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。

ジェントス、SOL-113P ようやく手元に届きました

おとといは午前中に配達されたようで、不在票を見てがっかりしていました。何も連絡を入れなかったら、昨日も昼過ぎにも配達に来てくれたようで、またまた不在票が入っていました。
 
うちの家内は友達と御殿場のアウトレットにお出かけ中。夕方ごろに再配達してくれるかなー?と、わんこの散歩を少し待って期待していたら、6時半ごろに宅急便の車が家の前に停まりました。
 
配達の方には詫びを言い、商品を受け取りました。本当に何度も来ていただいて・・・・
 
これがSOL-113Pか!
 
SOL-013Cと違って、平らな板が3枚三角柱のように立って取り付けられていました。この面が光るんですね。
 
トップには小さなLEDが取り付けられています。
 
昨日は、イベントで我が家のジェントスを使用しました。裏側には反射板も兼ねてアルミ蒸着のビニールを貼って余計な光が漏れないようにしました。
 
明るいSOL-013Cはテーブルの上の原稿を照らす目的で使用。ランタンを少し持ち上げると照射範囲が広がるので、高さを調節して10㎝ほどの高さのある台の上に乗せて使用しました。ランタンが近いので、白色では眩しすぎるので暖色を使いました。
 
暖色は目に優しいし、いいですね。
 
暖色と言えばSOL-016B。なるほど、暖色で600ルーメンの明るさの、このランタンが人気の理由がわかりました。「SOL-016Bを選ばなかった・・・」と前回書きましたが、そうだったんですね。見直しました。
(ただ単一乾電池6本使用には、いまだ抵抗はありますがね・・・・)
 
 
小さいEX-431CWも吊るして使用。なかなかいいです。そしてEX-777XPはカバーを外して逆さに吊るして・・・・これも暖色なんです。
 

実際にSOL-113Pを点灯させてみました。板が薄いオレンジ色にじわーっと光っていました。広い範囲を照らすことはできません。暖色なので目に刺激もなく、ランタン近くにあった文字を普通に読むことができましたよ。SOL-013Cも暖色にした方が疲れませんね。

 

追記:これを使われた方が「いいですね。ぼくも一つ買おうかなー。(面で光る113Pは)眩しくなくていいですね。」と。今まで、ただ明るければいいと思い込んでいましたが、そうではないことに気づかされました。

追記2:350ルーメンとはいえ、実際はそんなに明るくはありません。小テーブルを照らすぐらいでしょうね。ネットにもSOL-113Pの記事は少ないです。SOL-013C、SOL-036Cに流れてしまっているのでしょう。どっちかというと、中途半端な感じがしますから。

でも、面発光も眩しくなくていいです。トップの小さなLEDもおもしろいです。

 

追記2017.12.2 面発光の前機種がこれです。
GENTOS EX-620LGP 220lux (暖色)