rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

レクサスホーンに交換!

【高級車の音は威圧的!?】

なぜ車によってホーンの音は違うのか

なぜ音色が異なるのか? これは大きく「平型」と「渦巻き型」の2つに分かれるホーンの構造によるところが大きい。

 ホーンが鳴る原理はごく簡単にいうと、内部にあるボールとシャフトが触れあった音を共鳴させて増幅(大きく)するというもの。

 音の共鳴は、平型は薄い空洞となる共鳴板(レゾネーター)、渦巻き型は厚い空間となる共鳴管(カーリング)で行っており、共鳴の違いがホーンの音の違いの大きな要因になっている。

 そこにホーンの数が1つ(シングル)、2つ(ダブル)なのかという要素も大きく絡み、総合的な音の違いとなって現れる。

         《Yahooニュース  一部抜粋

 という記事がありました。

 

レクサスホーンとは、あのレクサスに取り付けられているホーン。

トヨタ純正部品 レクサス LS600/600HL

ハイピッチドホーン/ローピッチド純正ホーンセット Low Hi セット

f:id:rmenx13:20190913122239j:plain

f:id:rmenx13:20190913122330j:plain

《画像はAmazonより》

 

僕の車のホーンは「ピーっ」という音。この安っぽい音が嫌で、このレクサスホーンにしました。2014年のことです。

 

もともとホーンは一つしかついていなかったので、コードを二つに分岐、固定用のステーも工夫して、レクサスホーンを左右に取り付けました。思い出しますねー、この時のこと。

f:id:rmenx13:20190913122432j:plain

《画像はamazonより 一部加工》

一番たいへんだったのは、ホーンを取り付けるためにもともとついていたステーを回転されること(写真上)。なんで、こんなに固いの・・・というぐらい固く締められていて、なかなか弛みませんでした。

f:id:rmenx13:20190913125559j:plain

車検はもちろん通りましたよ。 

ホーンの音が違うと、いい気分。自己満足感いっぱいです。

 

ちなみに、この記事では、

・・・なお、個人的な見解ではあるが、最近高級な純正ホーンとして勢力を強めているのがレクサスだと感じる。

 レクサスのホーンはレクサスのコンセプトらしくというか、迫力と品格のようなものが実に上手にバランスされているように感じる。

Yahooニュース  一部抜粋》 

とも書かれています。もちあげていますね。

 

でも、Kからこの音が聞こえると、「?」です。

またラジエーターグリルからばっちり見える場所にホーンが取り付けられているのも、わざとらしくて・・・。