rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。

強風

昨日は風が強かったですね。

しかも暑いくらいだったので、二階の窓を全開にして過ごしました。今日も風があります。

 

先日載せた「BE-PAL

「はじめてのキャンプ道具選び」というページを見ると、ジャンル別に、いろいろなキャンプ道具が紹介されています。

 

テント&タープでは、機能的であり、デザインも素敵なモノばかり。欲しいなー。

 

でも、紹介してあったテントの値段を見たら、びっくり。

 

スノーピーク/エントリー2ルームエルフィールド

¥79,800(Amazon価格¥ 86,864)

f:id:rmenx13:20190322155852j:plain

Amazon

 

ニーモ/ロシストーム 4P  ¥60,000 (Amazon価格 ¥ 62,640)

f:id:rmenx13:20190322160023j:plain

Amazon

-他に、

ノルディスク/ユドゥンミニ テント ¥80,000

エリスキャンバステント/ザプレイリー12ft ¥270,000

 

ちょっと待って! 

僕のテントはコールマンのワイドツーリングで、¥24,800

 

ファミリーならもっと大きいでしょうが、えらく高いテントですね。

20万円越えも。 スノーピークの大型テントも16万くらいはしますが・・・・

 

BE-PALなので、メーカーにこだわって選んだ結果なのでしょうが、 

「はじめてのキャンプ道具選び」という企画なのに、こんなに高価なモノばかり紹介してどうするのって感じです。 

どれだけキャンプ道具にお金をかけるんでしょう?

しかも初心者用ですよね。あら、あら・・・しかもテントだけです。

 

続けて、スリーピングバッグ&マット&コット、テーブル&チェア、バーナー、ライト、焚き火&キッチン。

 

一体、総額でいくらかかるんだろう?

つまりお金持ちでないとキャンプは始められない?

 

いえいえ、もっと気軽にキャンプを楽しめばいいんです。

高額な道具を集めるのもいいですが、自分のふところ事情に合った道具を揃えていきましょう。

 

キャンプは道具だけではありません。こだわった道具もいいけれど、キャンプ自体を楽しんでほしいですね。

パナソニックエアコンのリモコン不具合

一週間ほど前に「コジマ」から封筒が届いていました。特に興味がなく、また商品の紹介だろうぐらいに思っていましたが、開けてみたところ、

 

パナソニック(株)製エアコン「18WX・X・AXシリーズ」不具合のお知らせと書いてありました。

 

何が不具合かと言うと、「リモコン時計表示が日時設定後に年間で最大約30分の遅れが生じることが判明いたしました。」とありました。

 

ちなみにこのエアコンです。


 リモコンの日時表示を見ると、日付はあっていますが、時間が「10:44」。壁の時計が11:10。「あれっ、該当リモコンかい?」

 

リモコンの型番を照合してみると、「ACXA75C07820」でした。

 

そこで、ネットで申し込もうと下のページにアクセスしました。

panasonic.co.jp

 

型番で検索して「リモコン交換受付内容入力」画面に行き、

製造番号・リモコン番号を入力した後に、名前・住所などを入れて送信しました。

これで申し込み完了。いずれ、業者から新しいリモコンが届くはずです。

 

タイマーなどは使っていなかったので、日時はあまり関係なかったのですが、とりあえず不具合のない方がいいですからね。

申し込みを完了しました。後日、業者が新しいリモコンを持ってくるようです。

CAMPING MOON ミニコンロ用 替え網

「CAMPINGMOON ミニBBQコンロ」
 
L社のミニコンロとほぼ同じで、レビューも100を超えるほど売れているコンロですね。

f:id:rmenx13:20190321064131j:plain

Amazon

 
僕は2年前に購入しました。価格はそれほど変わってはいません。
セッティングも簡単で、小さくてソロ用としては使いやすいコンロです。
ただ、小さいゆえに、薪は小さくないとはみ出してしまいます。
 
 
そのミニ「BBQコンロの専用替え網」です。

f:id:rmenx13:20190321064149j:plain

Amazon

 
こういうタイプのコンロは網がダメになってしまいます。
今まで100均などで合うサイズの網を購入し使われていた方もいるでしょう。
替え網の販売はありがたいです。
 
しかも、すごいところはそれだけではありません。
L社のピラミッドグリルにも使用できると「商品の説明」に載っていることです。
ピラミッドグリルとはロゴスの製品です。

商品の説明

★ ★手持ちのミニBBQコンロの網が単品での販売になります。
★ ★網が汚れたり傷んだりしても本体ごと変えずに網だけ変えれば一生つけます。
★ ★サイズは各19cmの正方形で高さを3段階変更できます。
★ ★L社のピラミッドグリルコンパクトにも使用ができます。
★ ★サイズが合えば、ネイチャーストーブ焼網としても使用可能です。 
Amazon

 
ということで、ピラミッドグリルを使われている方も、この網を購入して使っているとレビューにありました。
そりゃーそうですよ。サイズが同じなんですから・・。
 
 
本体もピラミッドグリルよりも安いし、替え網が買えるんですから、言う事ありません。でも、ブランドでロゴスを選んでも、替え網はCAMPINGMOONなんて、何かひっかかりますねー。
 
ロゴスからも替え網が出るといいのですが、このままでは CAMPINGMOON の独り勝ちです。
 
コピー商品を買ったり使う事には少し抵抗がありますが、でも品質も近づいてきているし、トータルに考えると、売れるのも当然かなーと感じます。
 
でも、ここは日本のメーカーにも是非とも頑張っていただきたい

住宅が建設中・・・・

昨年の11月頃から始まった住宅の工事。

駐車場だった場所が、一台、また一台と車がなくなっていくことに気づき、何か始まるなと思っていたら、宅地開発が始まっていきました。

重機が入って来て、駐車場の地面をほじくり、コンクリートを剥がしていきました。かなりの量です。地面から出てきた大きな石なども撤去しています。

 

続いて道路が出来ました。電柱も立ちました。

f:id:rmenx13:20190320091431j:plain

 

2月。次に始まったのは、地面を掘って・・・・鉄柱を差し込んでコンクリートを流して地盤固め?

f:id:rmenx13:20190320091547j:plain

 

土台の完成。

f:id:rmenx13:20190320091623j:plain

 

家の周囲に足場が出来、クレーン車が入り、屋根や壁が出来ました。

これは一日程度で終了。早い。

f:id:rmenx13:20190320091901j:plain

 

ブルーシートが広げられ、中でアルミサッシの取り付けが行われていました。

いよいよ室内の工事ですかね。

 

二棟をまず立ちあげ、次に隣の土台作りが始まりました。

 

こうやって駐車場や空き地がどんどんと宅地化していきます。

ちょっぴり寂しい感じです。

BE-PAL ビーパル 2019年 4月号

BE-PAL ビーパル 2019年 4月号

f:id:rmenx13:20190319065841j:plain

BE-PAL

 

今回の付録は

「SHO’S × BE-PAL ステンレス ミニ焚き火台」

 

あの笑’Sとのコラボ。

4つの部品を組み立てると、小さな手のひらサイズのネイチャーストーブが完成します。ステンレス製です。

 

f:id:rmenx13:20190319065706j:plain

BE-PAL

 

www.bepal.net

 

実際に組み立ててみました。本当に小さい。

松ぼっくり一つ入れたら・・それで一杯。

 

さて、どんな活用法があるのか?

楽しみです。

ポカポカです

昨日は風が冷たかったのですが、今日は暖かい・・・風がありますね。

 

久しぶりに庭の掃除をしました。 

昨年から枯れたまま残っていたホトトギスの茎。何本も突っ立っています。

根元からは葉が出始めているので、見栄えをよくしようと茎は引っこ抜きました。

f:id:rmenx13:20190318142227j:plain

 

シュロも中央から新しい葉が伸びてきたので、今までの葉はすべて切ってしまいました。

 

我が家では、ホトケノザイヌノフグリ、シロツメグサ、スミレ、ヒメオドリコソウ・・などはそのままにしてあります。

f:id:rmenx13:20190318142244j:plain

野の花。我が家には園芸用の花はそれほどなく、山野草などばかり。貴重なグランドカバー?になっています。

 f:id:rmenx13:20190318142309j:plain

 

その代わり、ドクダミオニタビラコ、クズ・・・などは厄介なので抜いています。あまりひどいときは、除草剤を使いますが、あまり除草剤は使いたくはないですね。

 

使っているのは「ラウンドアップ」という除草剤です。

ステンレスカトラリー

以前購入した「Qloop」のカトラリー。
折り畳み式のステンレスのフォーク・ナイフ・スプーン、つなぎ箸のセットです。
 
現在、Amazonでは扱っていないようですが、安かったので2つ購入しました。
一つはキャンプ用に、もう一つは普段使用しているザックの中に入れてあります。
 
折り畳み式の弱点は、使っているときにストッパーがずれて外れてしまうこと。
肉を切ろうと力を入れたら、外れてしまい困りました。(いざ時用ですから、そんなに望んではいなかったんです)
 
 
やっぱり折り畳み式よりも通常のモノの方が何の不安もなく使えそうです。
 
ネットを見ると、魅力的なチタン製のカトラリーも数多く出回っています。でも、高い! それと、軽いのはいいのですが、強度的にどうなんでしょう?
 
中にはフォークの先がすぐに曲がってしまうというレビューもありました。ナイフが切れないのは仕方ないにしても、フォークが曲がってしまうのは困ります。ガッツリとお肉にさせませんね。
 
 
ということは、やっぱり丈夫なステンレス製の方が無難でしょう。
そんなに大きく嵩張るモノでもないし、たいした重さにはならないでしょうから。
 
 
そこで良さそうなものをピックアップしてみると・・・
 
「コールマンカトラリーセット」

f:id:rmenx13:20190317070230j:plain

Amazon

 
ハンドルに天然木を使った、ナイフ、フォーク、スプーン、箸のセットです。
「Coleman」が名前がカッコいいですね。
長さは20㎝もあるので、使いやすそうです。
収納袋はないようです。
 
 
もう一つ目に留まったのは、
イワタニプリムス カトラリーセット」

f:id:rmenx13:20190317070255j:plain

Amazon

 
フォーク・ナイフ・スプーンのセットです。
長さは18㎝。
デザインが気に入りました。おしゃれでしょう?
箸は付属しませんが、重ねて一つにまとめられるんですね。
こちらもコールマン同様に、収納袋はありません。 
 
ちょっぴりこだわったカトラリーで食事するのもいいですね。