rmenx’s blog

日々の出来事などを、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。 キャンプ道具については、なるべく細かく紹介することを心がけています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

コールマンを入れてみた!

あわせ買い対象商品だった

パール金属 どんぶり 弁当 保温 ランチジャー 540ml 専用 バッグ」

ブラック ほかどん HB-847  ¥521

※最近、保温バッグに凝っています。いろいろなモノの収納に使えてホント便利ですね。

f:id:rmenx13:20200111123111j:plain

f:id:rmenx13:20200111123133j:plain

f:id:rmenx13:20200111123147j:plain

あるモノを入れようと購入しました。

ところが、Amazonの長さの表記が径170mmとあったので、それを信じて購入したのですが、実際は160mmちょっとしかなく、入りませんでした。

こういうことってあるんですねー。とても残念です。

f:id:rmenx13:20200111183744j:plain

こちらには「外径160×・・・」という表示。

ひどいですよね、170mmだったら入ったのになー。1㎝も違う。

f:id:rmenx13:20200111123049j:plain

Amazon以外では160mm となっているので、Amazonの表示だけ違うようです。 

知っていたら、買わなかったのになー・・・

でも、実際には買ってしまい入らなかったので、仕方ありません。

あきらめようかと思っていましたが、「あれだったら入るんじゃない?」と引っ張り出してきました。

 

「コールマン ガソリンストーブ 508」

もともとハードケース付きですが・・・なんでも試してみることが大事です。

入りますねー。

f:id:rmenx13:20200111123540j:plain

ソフトケースなので、弱々しいですが入ってしまいました。

ただ、少し蓋が膨らんでいます。許容範囲内。

f:id:rmenx13:20200111123610j:plain

使えそうですよ。

※買ったのに使えないなんて悔しいじゃないですか、何かに使わないと。

※蓋の高さ分空きますが、「スノーピークのパーソナルクッカー№3」も入りました。

ソト スライドガスマッチ ST-407

ソト(SOTO) スライドガスマッチ

【オリーブ/Amazon.co.jp 限定モノトーン/リアルツリー】 ST-407

f:id:rmenx13:20200111120044j:plain

あわせ買い対象商品を買うために、前から欲しかったモノを (仕方なく?) 買いました。

レビューでは「火がつかない・・」というコメントも多いのですが・・。

 

「セーフティロック」がついています。

f:id:rmenx13:20200111120150j:plain

使う時は「火口」を3㎝以上引き出して使います。(本体の保護のため)

f:id:rmenx13:20200111120412j:plain

これだけ長いと、ガソリンストーブの着火時の「ボッ」という炎の怖さから解消されますよ。

ガソリンランタンやガスバーナーの着火に使うので。この長い柄は必要ですね。 

f:id:rmenx13:20200111120425j:plain

一発で着火。「当たり」のようです。

f:id:rmenx13:20200111120440j:plain

火力調整は、この小さなレバーを左右に動かします。小さくてちょっと扱いにくいです。

f:id:rmenx13:20200111120516j:plain

 

我が家のチャッカマン?と比べてみました。いつ買ったのかも忘れている古いモノ。充填式なんです。

f:id:rmenx13:20200111182137j:plain

古臭い形。

f:id:rmenx13:20200111182223j:plain

最大でも炎はこの程度。でも、幾度となくバーナーやランタンに火をつけました。

f:id:rmenx13:20200111182311j:plain

これは、ガスマッチの最大火力。かなり長いです。

f:id:rmenx13:20200111182417j:plain

バーナーの着火など普段使いなら、このくらいの炎で十分かと思います。

f:id:rmenx13:20200111182449j:plain

充填式ですが、この窓、暗くてどのくらい残量があるのか確認しづらいです。

f:id:rmenx13:20200114084321j:plain


 

このガスマッチと比べられるのが、

「ソト(SOTO) スライドガストーチ 」

【ブラック×オリーブ/Amazon.co.jp 限定モノトーン/アーミーグリーン/アーミーグリーン】 ST-480

f:id:rmenx13:20200112074250j:plain

 

ガスマッチ同様に伸びて着火できる。こちらはターボ仕様。

これもレビューでは「火がつかない・・」が多いのですが・・・

 

「ソト(SOTO) マイクロトーチ COMPACT(コンパクト) 」

【オレンジ/ブルー/ブラック】 ST-485

f:id:rmenx13:20200111173534j:plain

カセットボンベからも充填可能な充填式のターボライターですね。

ストレートタイプなので炎が真っすぐに。しかも炎は長い。ただ、ガスマッチと違って長い柄がない分、バーナーに近づかないと着火できないのが難点。

ゆらゆらと揺れる炎よりも風に強そうですが。

f:id:rmenx13:20200111173600j:plain

 

普段、ライターとして使ってる

「ツインライト AQUA TURBO LIGHTER ターボライター AGAINST TURBO」

充填式なので何度も充填しながら使っています。とても便利です。

2018年2月から使い続けています。もう二年近くなりますね。しかも毎日十数回着火していますから、どれだけ耐久性があるのでしょう。

2個のうち、1個は蓋のバネが壊れ、蓋は手で開けなくてはならなくなりました (このタイプは蓋のストッパーと、蓋を開けるためのバネが壊れやすい) が、着火はもちろん出来ます。そして、もう一つは健在です。
f:id:rmenx13:20200111120919j:plain
炎の長さはマイクロトーチほど長くはありませんが、まあ使えます。

f:id:rmenx13:20200111175948j:plain

本当に故障知らず。

値段の割からすると、かなりの耐久性があるので、お得です。

毎回確実に着火するので、SOTOよりはずっと信頼性は高く安心感があります。

ガスマッチも、このターボライターと同じくらいの耐久力があるといいです。 

スノーピーク ECOカップ 昭島

家族からの誕生日プレゼントの時計を手にハメてニヤニヤしていたら、息子から「ハイ!」とサプライズ。

開けてみると、スノーピークのECOカップと言うステンレスカップでした。

仕上げはとても綺麗。職人さんが丁寧に磨き上げたと言う仕上がりです。ステンレスなのに、ずっしりとくるわけではなく軽いです。

f:id:rmenx13:20200120071002j:plain

さっそく、瓶の「ドライ」を注いでみました。

いいですね。

昭島アウトドアヴィレッジ

アウトドア好きにはたまらない、施設です。

息子は八王子に通っているので途中にあるんです。知らなかったー。

行ってみたいです。 

 

このECOカップ。同封のちらしの中に・・・

磨き屋シンジケートは新潟県燕市の金属研磨の職人集団です。モバイル機器やゲーム機の金型、ジェット機の翼などいろいろなものを磨いて、常に世界のモノづくりを陰から支えてきました。いろいろなものを磨いているうちに、カップの内面を磨くとビールや飲み物がおいしく飲めると言うことに気づきました。

いま、地球環境保護が叫ばれている中、手前どもの技術が役に立たないかと考えて開発したのが、この「ステンレスECOカップ」です。

イベントやコンサート会場でビールを飲むときに紙コップを捨てないでほしいと言う願いから、紙コップの形に似せて、「ステンレスECOカップ」を作りました。このカップでおいしい飲み物を召し上がるときに少しでも地球環境のことを思い出していただけると幸いです。

 冷たい飲み物用なので「熱い飲み物等には使用しないでください」とあります。

また、扱いはていねいに・・ですね。アウトドアと言うより室内向きかと思い、キャンプにはもっていかないことにしました。

家で、ビール専用に使います。

前回、嫁さんにプレゼントしたカップと比べて・・・

f:id:rmenx13:20200120071938j:plain 

OPTIMUS(オプティマス) 123R スベア ⑦ プリムス ソロセットM & +サーモス スープジャーポーチ

オプティマスの 123R スベアの収納ケースとして、ネットでは「スノーピーク クッカー ソロセット チタン極 」や同じスノーピークの「トレック900」に入ることは知られています。

 

スノーピーク クッカー ソロセット チタン極 」の場合 ¥7920

f:id:rmenx13:20200113170424j:plain

Amazon
オプティマスの付属のアルミクッカーを外し、右側のポットを上から被せるだけ。そして、極のカップをさらに被せて上に蓋を乗せて収納完成です。これを収納用のメッシュケースに入れればいいだけです。

径が109mmの新型よりも、径が94mmの旧型の方がさらにフィットします。《次回、紹介します》

 

同じようにポットを逆さまにして被せるタイプが、

スノーピーク トレック700」 2018年廃盤 (¥3800) 現在は¥7000?

 f:id:rmenx13:20200114182132j:plain

Amazon

この場合もアルミクッカーは使いません。

アルミクッカーの代わりに トレック700(105mmx113mm) を被せるという感じです。トレック700の蓋はさらに上に乗せます。

 

中に収納するタイプは、

スノーピークのトレック900」(アルミ製 ¥2635、チタン製 ¥4746)の場合

f:id:rmenx13:20200113170725j:plain

Amazon》 

オプティマス123Rはアルミクッカーを乗せたまま、すっぽりと収納することができます。

中に収納するタイプはオプティマスよりも大きければ、たくさんあります。自分の好みに合わせて選んだらいいと思います。

 

僕の場合は、プリムスのソロセットM¥3238 

「プリムスのソロセットM」(12.5cm×12.5cm×15cm)と比べて

f:id:rmenx13:20200113170854j:plain

楽々入ります。 

f:id:rmenx13:20200113170907j:plain

f:id:rmenx13:20200113170920j:plain

このままでは傷がついてしまうので・・・

ビニール袋に入れてしまいます。小さいビニールにはレバー、黒いものはカーボンフェルト。付属のアルミクッカーは使わないので被せません。

f:id:rmenx13:20200113171104j:plain

サーモス スープジャーポーチ」の中へ。

ビニールで包んでも写真のように楽々入ってしまいます。

f:id:rmenx13:20200113171212j:plain

「プリムスのソロセットM」の中に楽々収納。

※「楽々」というのは「ゆるゆる」ではなく、ぴったりサイズということ。

f:id:rmenx13:20200113171320j:plain

ビニールをこんな風に「サーモス」自体に被せてもいいですね。

これでも蓋を被せることができます。

f:id:rmenx13:20200113172943j:plain

そして、

「アスベル ランチバッグ ネイビー HLB-BE800用 保温バッグ」

f:id:rmenx13:20200113173043j:plain

最後は、この中に入れて収納します。

f:id:rmenx13:20200113173225j:plain

 

トレック900と比べられるのですが、このプリムスは注ぎ口が絶妙で、ドリップコーヒーを淹れる時に便利です。

スノーピークはブランドとしては素敵で魅力的です。チタンは欲しいですね。

でも・・・以前、トレック900を使っていましたが、チタントレック900と同様に

・構造上、蓋の取っ手がすぐに外れてしまうこと。食事中だったらたいへん。

・蓋のサイズが微妙でカタカタと音を立てること。

・使用時に蓋の柄を伸ばして使うと、蓋が本体から落ちてしまうこと。

というレビューが多いです。これらの理由だけではありませんが、手放してしまいました。

プリムス ソロセットMは蓋もしっかり閉まるし、隙間がそれほどないのでカタカタ言いません。蓋が落ちてしまうこともありません。また取っ手は開くタイプなので丈夫ですし、なんと言っても、特筆は底の滑り止めと注ぎ口、熱くならない取っ手。

お勧めです。

※ただし、熱いうちは口をつけると火傷します。アルミクッカーでは当たり前の事なんですが、知らない方もいるようなので。

水性の耐水性工作ニス(ツヤ出し)のボトル

灯油入れに使っている1Lのポリタンクです。


水性の耐水性工作ニス(ツヤ出し)のボトルが空になったので捨てようかと思ったのですが、けっこうしっかりしたボトルだったので、他に活用できないかと考えました。

f:id:rmenx13:20200118070039j:plain

「そうだ」

灯油を入れてみたら・・・・
容量は1L。大きくもなくちょうどいいサイズ。


シールが邪魔ですね。 

そこで貼ってあるシールを剥がそうと思ったら、お決まりの・・・そう剥がせません。古いボトルはさらっと剥がせましたが、特に新しいボトルはガッチリついていました。

f:id:rmenx13:20200118070108j:plain

剥がせそうと思っても途中で切れてしまって、どうにもなりません。


きれいに剝がしたい・・・・シール剥がしというのもあるのでしょうが、棚にあったフキサチーフを使ってみました。

そもそもフキサチーフって何?
これは木炭やコンテ、鉛筆などを紙に定着させるためのもの。スプレーです。
シュッとかければ、鉛筆やパステルなど粉状の画材で描いた絵が落ちにくくなります。

試しにそれを吹きかけてみました。そして雑巾でこすると、こびりついていた糊が簡単に取れました。

 

成分はエタノール。つまりアルコール。
後でネットで調べてみてもエタノールで落ちると書いてありました。なるほど。

シール剥がしを使わなくとも剥がせるなですね。

 

ということで、ボトルに灯油を入れてみました。

ポリタンクなので灯油を入れても大丈夫かと思います。一年間入れていました。

ペットボトルでも保管が可能らしいですが、ペットボトルだと誰かが誤って飲んでしまうことも考えられますからね。危険です。特に小さいお子様のいる家庭は・・・。

 

ただし、ボトルが白色なので紫外線の影響を受けて灯油が劣化することが考えられますので、暗い場所か周囲を紫外線が通らない素材で覆っておくことが大事かと。赤いポリタンクに色がついているのは、そんな理由。「赤」だから「注意」という意味もあるのでしょう・

3Lか5Lぐらいの赤いポリタンクを買おうかと思っていたのですが、けっこう場所をとりますし、この1Lのボトルがコベアキューブ用にと買った「保冷バッグ」に3本入ることが分かったので、これでキャンプに持って行くとき便利になりました。

※日光に行った時に持っていきました)

f:id:rmenx13:20200118070224j:plain

このボトル、意外と使えます。

でも、灯油を入れるために、わざわざニスを買う方っていませんよね。

 

※ちなみに、このバッグ。500mLのペットボトルだと背が高いので、チャックが閉まりませんでした。

 

灯油ストーブの運搬② タンクの収納ケース&寝室の寒さ対策

灯油ストーブ本体はケースに入れて運びますが、タンクはどうしましょう?

タンクは、立てて運ぶとグラグラして安定感がありません。タンクに灯油を入れて運びたいので、もし車の中でこぼしたら・・・

 

そこで・・・・

以前購入しておいたコールマンの「ソフトランタンケースⅡ」を試してみました。

もともとガソリンや灯油ランタンを入れるケースです。

 

ります。

逆さまにして入れてみました。

ただ、隙間がタンク一つ分あきます。予備タンクを買ってもいいのですが・・・そこまでして・・・このままではグラグラするので段ボールでも挟んだそうがよさそうです。

f:id:rmenx13:20200116102208j:plain

試しに灯油入れに使っている1Lのボトルを入れてみました。

※これは「水性の耐水性工作ニス(ツヤ出し)のボトル」です。

縦に二本入ります。もう一本横にすれば計三本入ります。(横にしたボトルは漏れないようにビニールで包んで・・・・・)

タンク内に 3.6L+ボトルに 3Lの計6.6Lで持って行けます。

f:id:rmenx13:20200116102249j:plain

 

ケースの蓋は少し膨らみますが、許容範囲。

これで、燃焼継続時間:約24時間弱はもつでしょう。二日間、なんとかなりそう?

こんなことをせずに5L程度のポリタンクを用意すればいいことなんですけど、わざわざ専用にポリタンクを買うのもね。 

それにしても、このコールマンのランタンケースってサイズ的にいろいろなものの収納に活用できますね。これはすごい。買っておいて損はありません。

f:id:rmenx13:20200116105537j:plain

※灯油が足りないと困るので、コールマンのケースに入りそうな大きさのポリタンクを探しました。幅が80mmの隙間に入る、ポリタンクってありませんね。

「AZ ポリ容器 角型 (2L)  B0202」容量:2L サイズ(mm):145×80×240を買い足しました。ただ、灯油を入れてよいかはわからず「●危険ですから、皮膚に刺激のある液体を入れて、使用しないでください。」と書かれているのみ。この表示、微妙ですが、短期間ならだいじょうぶでしょうか?

ただし、灯油を入れて横に傾けたら、たらたらとこぼれてきました。パッキンがないのが理由です。そこで、ラップを四重にたたんでキャップとの間に挟みました。横にしてもこぼれません。念のためビニール袋くるんだのは言うまでもありません。

f:id:rmenx13:20200117120117j:plain

Amazon

幅は80mmとぴったりですが、50mmほど隙間があきます。

f:id:rmenx13:20200118061456j:plain

上に1Lのポリタンを乗せてみました。ぴったり。

f:id:rmenx13:20200118061515j:plain

これで計8.6L。

 

室の寒さ対策

それよりも「タフドーム・・」にはリビングにスカートがついていますが、寝室の方にはないんですね。そっちの方が心配。わざわざスカートをつけるのも面倒だし・・・

とにかく寒さ対策は万全にしたいと思っています。

 

そこで思い浮かんだのが、あの「プチプチ」 窓の防寒対策用の「プチプチ」です。

窓に貼ったプチプチに触れても全く冷たくありません。ということは、それを敷いたら地面から冷えを防いでくれるのでは? 

プチプチを点で支えると破けるかもしれませんが、面全体で支えればなんとかなるでしょう。なんたって軽いし。

プチプチを敷いて、その上にエアマット、二重の寝袋、さらに毛布を乗せたらどうでしょう。さらにプチプチを被せてサンドイッチでも?

寝室内をぐるりとプチプチで囲ってしまったら・・・・・少しまし?

とにかく寒さ対策、今、真剣に考えています。

湯たんぽもアリかなー?