rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★

この時期の、この暑さは尋常じゃない! & アオミドロ除去

最近の暑さで、犬の散歩も躊躇っています。

近所では、まだ涼しい朝方に行っている方も多いです。

 

散歩に行かないわけにはいかないし・・・

そこで日が陰ってから行くようにしていますが、一昨日も19時過ぎに出掛けました。

 

いつものように、散歩していると、途中でワンコが突然踏ん張って、「これ以上、行きたくない」と意思表示しました。

引っ張っても全く動きません。

本来なら、セブンイレブンまで行って帰って来るのですが、それをわかっていたのでしょうね。ちょうどセブンイレブンまでの半分くらいの距離です。

 

その後は自宅に向かってスタスタと元気よく歩き始めました。

おいおい、そうくるかー。

「父ちゃんの付き合いで、セブンイレブンまで行けるか!」

そう言いたかったのかも知れません、

賢過ぎる!

 

と思えば、近所のワンコ(黒柴)は、道路沿いの南側の玄関前の階段の地面で過ごしています。もちろん、近くに小さな小屋もありますが、外にいることが多いです。

外飼いです

飼い主は、数ヵ月前に1m四方ほどの日除けを斜めに取り付けましたが、太陽の位置によっては日陰になりません。

しかも、南側の道路や玄関前の階段も熱くなっているだろうし、熱風が襲って来ているでしょう。

普通でも暑いのに、日当たりの良い南側では、相当な暑さでしょうに。可哀そうです。

 

昔は外飼いは当たり前でした。

妻が小さかった頃買っていた犬も外飼い。食べ物は、ペットフードなどなく人間の食べるモノを与えていました。いわゆる「ねこまんま」ならぬ「いぬまんま」です。

今の時代だと、人間の食べ物を与えるのはタブー。

 

外飼いの条件にもよりますが、上の場合だと動物虐待に当たるんでしょうね。

 

この時期、人間よりもペットの方が暑さに対してはダウンしてしまいます。

話によると、犬よりも猫の方が暑さに弱いようですが、犬だって暑い!

ご主人は犬に詳しいようでうんちくを語っていたそうですが、元々、柴犬は暑さに強いと言われていますが、昔と違って、今の気温は尋常ではありません。

しかも、それは野生の犬(いませんが)なら、暑ければ涼しい場所に自分で移動するでしょう。

でも、リードに繋がれて行動範囲が限られている犬は、水槽に閉じ込められた川魚と同じで、人間が管理してあげなければ生きられないんですよね。

 

 

さて、ひょうたん池では・・・

水温は表面で31℃。

濾過器で攪拌していますが、底の方はもっと低いでしょう。

 

相変わらず、緑色のアオミドロがはびこっています。

アナカリスの葉に取り付いているので、そーっと巻き上げて除去しています。

葉に付いた小さなものはピンセットで葉の間から抜いています。

面倒ですが、これをやらないと除去出来ません。

 

そのアナカリス

今まで薄茶色をしていましたが、最近、緑色の葉を展開させ始めました。

生きていましたね。

今年も一つ花を咲かせました。

そして、小さなヤゴも発見。

今日は朝からシオカラトンボがやって来ました。

そのシオカラトンボがいなくなったと思ったら、今度はムギワラトンボがやって来て、一度だけ産卵。

すぐに飛び去って行きました。