rmenx’s blog

日々の出来事などを、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

ゆるキャン△は、ゆるくなかった?

ソロキャンブームとやらで、ソロキャンプをしている方が多くなったようです。

ゆるキャン△」や「ひろし」さんの影響でしょうね。

 

さて、その「ゆるキャン△」ですが、ネットを見ると、ガチキャンだという記事も見られます。

あらためて映画を見てみました。

自宅のある山梨県南巨摩郡身延町古関から、洪庵キャンプ場まで距離にして約23Km(37Km?)。タクシーで35分かかる距離です。距離標高差770m。

f:id:rmenx13:20200322185703j:plain

この小さな自転車です。しかも上り坂ありの道路。これだけ見ても、かなりのタフでないと無理でしょうね。

f:id:rmenx13:20200322190617j:plain

Amazonプライム スクリーンショット

新聞がまだポストの中にあったので、朝いちばんに出発、そして、何時に着いたのでしょうか? 

テントを張り終えて読書している時の気温が5℃。

晴れているとはいえ、寒いです。しかも、夜になればさらに気温が下がり・・・・しかも吹き曝しの湖畔です。寝袋はしっかりした冬用でないと寒くて眠れないでしょう。

 

ふもとっぱらまでだと、さらに遠いです。

f:id:rmenx13:20200322201956j:plain

普通の女子高生が気楽にキャンプを始めるにはハードルが高すぎます。キャンプ道具だって、そう安くはないし、バイト代で買った?

その他にキャンプ場代、食糧費など・・・けっこうキャンプってお金がかかるんですよね。

まあ、「ゆるキャン△」の影響を受けているのは、ほとんど男性でしょうけど。

 

富士山に比較的近い場所が出発点なので、それだけでも条件としては最高です。これなら、ちょっと無理すれは、本栖湖をはじめ、各キャンプ場に行くことができます。

これが、東京や他府県からだと、車かバイクでないと行けません。そういう意味では富士山好きには、羨ましい地域に住んでいます。

 

ネットで検索すると分かる、使っているキャンプ道具。

これがけっこう高額。祖父が使っていたモノらしいので、いいモノを使っています。最初から揃えるとけっこうな値段に。

決して、ゆるくはないです。