rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、詳しく調べて載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。追記は★の数が追加した数 =リンクフリー=  -Amazon.co.jpアソシエイト-

DELL デスクトップ復活! Windows 10 をクリーンインストール

年末に起こったデスクトップパソコンの故障。しばらくはノートパソコンに大きなディスプレーとキーボードなどをつないでしのいできました。

でも、やっぱりデスクトップの方が速いし便利です。

 

いろいろ考えた結果、以前購入していた「Windows 7 プロフェッショナル 32Bit版」のCDを入れて、再インストールをすることにしました。32Bitなので、入っている8GBのメモリーのうち4GBしか認識しないそうですが、仕方ありません。

SSDを新規に購入してもよかったのですが、なんせSSDは不安。今回のようにいきなりプッツンしてしまい、しかも中を開けないのは恐ろしいです。

そこで使っていなかった WD(ウェスタンデジタル)製の1TBのHDDを使ってみることにしました。

元のSSD & HDDはこんな風に二段重ね。SSDは一本のビスでかろうじてとまっているだけでした。一本だけ?

f:id:rmenx13:20210108153206j:plain

下にあったHDDを引き出します。f:id:rmenx13:20210108153325j:plain

ビスで固定ではなく、ピンで固定されています。水色の枠を広げてピンをはずせばHDDが取り出せました。f:id:rmenx13:20210108153357j:plain

下がWD製のHDD。上のシーゲートの500GBのHDDは薄いですね。f:id:rmenx13:20210108153452j:plain

⇧AFのHDDでした。これって、何か悪さする?

Win 7を新規インストール。2020.1.14までです、サポートは。f:id:rmenx13:20210108153557j:plain

f:id:rmenx13:20210108153657j:plain

指示通り作業を行い、無事にインストール完了です。

次に、無線LAN設定。

コントロールパネルの右上の「表示方法: カテゴリー」から「大きいアイコン」を選ぶと下のようにすべての項目が開けます。そして「Windws ファイヤーウォール」を「無効」にして・・・

f:id:rmenx13:20210108154604j:plain

保存してあったバッファローのソフトを入れて、子機を認識させ、AOSSで親機とつなぐこともできました。使うソフトなどはまとめて保存しておくと、こういうときに便利です。

32BitではHDDの容量の壁 (2TBまで *Cドライブのみ) があると聞いていますが、外付けHDDでは何ら問題なく、表示されています。もちろん中身も広くことができます。

f:id:rmenx13:20210108154826j:plain

パソコンの速さについては、それほど変化は感じられません。早いです。

このブログもデスクトップから書いています。快適!

 

さて、2020年1月14日で、Windows7のサポートが終わるので、Windows 10 にアップグレードしないといけません。

 

まずはMicrosoftのページへ。

>Windows 10 のダウンロード

ツールを今すぐダウンロード」をクリックしてダウンロード。 

下の「MediaCreationTool」をクリックして・・・

f:id:rmenx13:20210108171417j:plain

すると、こんな画面から始まります。

f:id:rmenx13:20210108171454j:plain

f:id:rmenx13:20210108171515j:plain

もちろん、一番上の「このPCを今すぐアップグレードする」

f:id:rmenx13:20210108171528j:plain

ダウンロード開始。

f:id:rmenx13:20210108171541j:plain

ところが、いざ認証になったとき・・・

大失敗!

そうだ! 以前にVAIOにインストールしていたのをすっかり忘れていたのでした。つまり二台目になってしまい、認証番号が違うと拒否されてインストールできず・・・
その一台目のVAIOは起動すらしないし、インストールをしようとしているのは32Bitだし、さらにMicrosoftに電話するのも面倒・・・。

*認証について調べてみると、認証番号はそのPCのマザーボードに紐ついているようです。ですから、マザーボードを変えてしまうと、認証されなくなようです。HDDの交換ぐらいでは大丈夫なので、再び HDDが故障したら、HDDを交換して再インストールできるみたいですよ

 

結局、Windows 10のデスクをオークションで買い求め、さっそくインストールしてみました。(オークションで¥1,000ちょっと)

簡易マニュアルもあって、親切でした⇓ 

Windows 10 Professional 64Bit

f:id:rmenx13:20210110164926j:plain

f:id:rmenx13:20210111172328j:plain

ところが、「Enter」をクリックするのが遅くて、古いOS (Win7) が起動してしました。そこで、やりなおし、今度はセットアップすることができました。f:id:rmenx13:20210110165052j:plain

指示に従い、約50分ぐらいでインストールが完了。

 

Windows 10が使えるようになりました。

バッファーローのソフトを入れてネットにもつなげ、使えるようになりました。

f:id:rmenx13:20210110185430j:plain


 ところが、いったん「再起動」すると・・・

「No Boot Device Found. Press any key to reboot the machine  (起動デバイスが見つかりません。任意のキーを押してマシンを再起動します。)」と表示されて起動できません。

そこで、「F12」を長押し。すると、下の画面が表示されました。

パソコンに詳しい方ならお分かりと思いますが、「CD/DVD/CD-RW Drive」が優先されていたんですね。本来なら赤枠のHDDです。

f:id:rmenx13:20210110185757j:plain

そこで、オレンジ枠の「OTHER OPTIONS:」→「BIOS Setup」をクリック。

BIOS画面で、「WDC WD10・・・」から起動できるように変更し、ようやく通常起動ができるようになりました。

 

しかし、このHDD。遅いですね。

手元にあったので仕方なく使いましたが、SSDに比べてかなりモタモタしています。まいった!

デフラグかけたら、遅い遅い。なかなか終わりません。SSDの場合(デフラグはしない方がいいのですが、あっという間でしたよ)
でも、一応、デスクトップが使えるようになったので、ホッとしています。

ただ、元のようにカスタマイズするには、今まで使っていたソフトをインストールしないと使えません。プリンターも接続しないと・・・これがけっこうたいへんです。

 

普段使っている映像をカットするだけの単純なソフト「Free Video Editer」。現在は、新しいバージョンで買い取り、無料版はマークが入ってしまって使えません。そこで、いろいろ探した挙句、古いレッツノートの中からダウンロードファイルを見つけてようやくインストール。

f:id:rmenx13:20210111120743j:plain

このバージョンじゃないとダメなんですね。

f:id:rmenx13:20210111121035j:plain

 

パワーブースト

これをやっておくと、速くなります。「電源オプション」⇒「高パフォーマンス」 

通常の「3.20GHz」が、最高値が「3.55GH z(瞬間3.56GHz)」に。

f:id:rmenx13:20210118084053j:plain


 

*北九州で火事。住宅2棟を全焼するなどあわせて6棟を焼く火事。

全焼した家に住む80代の男性が「ストーブに入れようとしていた灯油がこぼれ引火した」と話しているという・・・

火事って怖いですよ。この方、ストーブをつけたまま灯油を入れたんですね。そんなことするなんて、信じられませんが、毎回やっていたのに、たまたまこぼしてしまったということでしょう。 危ない危ない。

延焼してしまった家の人たちが可哀そうです。