rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★

固形燃料と言えば・・・

温泉宿の夕食。

テーブルには 3つの小さな固形燃料を使うかまどが用意されていました。

 

一つ目は、釜飯

神戸牛釜飯・・・食事が始まった直後に点火し、そろそろ・・・という頃に炊きあがります。固形燃料のほったらかし炊飯です。

f:id:rmenx13:20220306162800j:plain

お焦げがいいでしょ!

f:id:rmenx13:20220306183141j:plain

二つ目は、しゃぶしゃぶ。

神戸牛と旬魚のしゃぶしゃぶ・・・少し大きめの鍋でした。固形燃料も少し大きいモノでした。

f:id:rmenx13:20220306162910j:plain

f:id:rmenx13:20220306183226j:plain

三つ目は、焼き肉。

神戸牛ミニステーキ・・・鉄板ではなく、分厚いアルミ製でした。火の通りが早いわけです。

f:id:rmenx13:20220306162957j:plain

さらに、翌日は・・・

四つ目は、味噌汁。

アサリの味噌汁・・・

f:id:rmenx13:20220306173143j:plain

f:id:rmenx13:20220306183353j:plain

こういう固形燃料を使った料理は、それだけで旅館の雰囲気が出ていて、最高です。

しゃぶしゃぶ用や味噌汁用の固形燃料は少し大きめ (何gかは確認していません) だったので、燃焼時間を考えて料理長が決めるのでしょう。

旅籠屋では味わえない至極の一時です。

*今までに、「キャプテンスタッグ モンテ V型 卓上グリル B6型」の記事で、固形燃料について、いろいろと書いたので、さらに興味がわいています。

 

Amazonで捜してみると、1合用のお釜セットが何種類かありました。

電子炊飯器は簡単で手間もかかりませんが、炊き上げる時間を待つというのも、なかなか風情があっていいものです。しかも美味しい!!

 

こちらは、

パール金属 陶器製 釜めし コンロ付 セット 1合炊き  和ごころ懐石

f:id:rmenx13:20220306163651j:plain

 

f製品サイズ:(約)外径16.5×高さ19.5cm
製品重量:(約)1.2Kg。
素材・材質:鍋/陶器、蓋/天然木、コンロ/鉄(焼付け塗装)、プレート・燃料入れ/ステンレス鋼
生産国:中国

*25gの固形燃料を使用

鍋が陶器製なので割れやすいので、扱いは慎重にしないといけませんね。

コンロは鉄製。

 

Amazon

【 国産 】 自宅でも使える プロ仕様 釜飯 専門店推奨 匠の技 釜めし かまど セット ( 1合 炊き用)

f:id:rmenx13:20220306164321j:plain

材質】〈釜・火皿〉アルミ合金 〈木蓋・木台〉杉 表面焼加工 〈かまど〉アルミ合金(焼付粉黛塗装)

アルミの釜です。

焦げるというレビューもありますが、峠の釜飯だって底にお焦げが出来ます。それが美味しいんです。

*固形燃料は30gを使用。

Amazon


遠藤商事 ごはん鍋 業務用 てん火釜めしセット 1合炊 アルミ製

f:id:rmenx13:20220306164607j:plain

間口×奥行×高さ(mm):195×195×215
(釜)内径(mm):φ115
(固型燃料皿)内径×高さ(mm):φ55×22
質量(kg):1.06

遠藤商事の製品は、このアルミダイキャスト製の他に、内側をフッ素加工してあるもの、釜が熱伝導の良い銅製で出来ているモノもあります。

お焦げも味わいたいのなら、アルミ製ですね。

固形燃料は25~30g。

Amazon

 

パール金属の製品のデザインが他の製品と違っています。

見慣れた釜飯セットは下の二つでしょう。

 

★ちなみに、アルミダイキャストとは鋳物製ということです。

古くは大仏、南部鉄器、そして、エンジンブロック等々。

溶けた金属を型に流し込んで製造します。

その後に、バリ取りや表面加工 (切削) を施して奇麗に仕上げたものです。

鋳造について詳しくは⇩

「鋳造とは|鋳造の歴史と鋳造のさまざまな技法をかんたん解説」

 

 

固形燃料は手軽でほったらかし。これが一番です。

今、狙っているのですが、我が家に導入できるでしょうか?

★キャンプ一人飯で、贅沢な釜飯を味わうなんて、いかがでしょう?