rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★

DAIKO シーリングファンのリモコンTAS-52591 ③ やっぱり原因は接点だった!

リモコンが手に入らなかったら、本体の照明器具を買い替えなくてはなりません。でも、おかげで、まだまだ使うことが出来て嬉しいです。

新しいリモコンが届いたので、古いものは処分しようかと思いましたが、いつもの癖で、どうせ捨てるくらいなら参考のために分解してみようと思いました。

壊れているなら、惜しくはありません。

 

TAS-52591の代替機種DP-37626 

大光電機 シーリングファン用リモコン送信機 DP-37626 ...取説

https://www2.lighting-daiko.co.jp/products/file/pdf_binded/36595l_t.pdf

 

分解手順

①単三乾電池を外します。

②電池の下に隠れていたネジを外します。

*隠しネジ ⇨ シールの下などにネジが隠れている場合がありますが、このリモコンにはありませんでした。

f:id:rmenx13:20211231164703j:plain

③マイナスドライバーを差し込んでゆっくりと広げます(回します)。

f:id:rmenx13:20211231164754j:plain

④ドライバーをゆっくりと動かしながら端までこじ開けます。

この時点で、外れそうな予感。f:id:rmenx13:20211231164834j:plain

⑤反対側も同じようにして本体をこじ開けると、思った通り、二つに分けられました。

f:id:rmenx13:20211231164935j:plain

これが基盤です。基盤についている部品が故障していなければ問題はなさそうですが。

f:id:rmenx13:20211231165006j:plain

⑥さらに、基盤を外すために、4つのネジを外します。

f:id:rmenx13:20211231165046j:plain

 

これは・・・

ここまで分解してみて、わかったこと。

ライトの接点の汚れが気になりますね。黒く汚れていました。油汚れでしょうか?

どうやら、この接点の汚れが原因のようです。

f:id:rmenx13:20211231165428j:plain

周囲には埃も見えます。

f:id:rmenx13:20220101064224j:plain

上の図にもありますが、高さ調整なのか灰色の細長い部品があります。組み立ての時は同じ位置で取り付けます。

⑦汚れをアルコールで拭き取ってみました。灰色のゴムも奇麗にしました。

ゴム側の黒い部品が消耗すると、接触しにくくなってしまう場合があるようです。

リモコンの修理動画ではアルミホイールを貼っている場面を見ました。

f:id:rmenx13:20211231165521j:plain

それにしても、この油のようなモノはどこで発生したのでしょう。

 

ついでに液晶もそーっと拭いておきました。(その他に汚れているところ全て。)f:id:rmenx13:20211231165634j:plain

 

組み立て

⑧レンズの部分が出っ張っているので、これを本体の穴に挿入します。

f:id:rmenx13:20211231165714j:plain

⑨レンズが外れないように蓋を押さえながら、同時に電極が蓋の溝にはまるように組み立てます。

f:id:rmenx13:20211231165946j:plain

⑩電池を入れてテスト開始 (右側)。

ファンはもちろん、点灯ボタンも良好です。

f:id:rmenx13:20211231170015j:plain

かなり力を入れなければ点灯しなかったのに、軽くボタンを押すだけで ON・OFFが出来るようになりました。つまり、修理が出来たということです。

 

★強く押さないと点灯しなかったのは、接点に汚れが付着していたからでした。

汚れを奇麗に落としたら、元通りになりました。

⑪さきほどのネジをとめて完成です。

 

通常、リモコンボタンを押しても灯りが点かない場合は、

最初に、電池の有無、壁スイッチがONになっているかなどをチェックしておきますが・・・

①ボタンを押したときに、液晶が表示されるかをチェック

②デジカメを使って赤外線が照射されているかも調べます。

③赤外線が照射されているにも関わらず、灯りが点かないのは照明本体の故障。

と推測しますが、今回の場合のように、ボタンを強めに押せば、点く場合があるんですね。

下は、山善のリモコンの分解動画です⇩

 

はじめは、リモコンの構造がただ知りたかった (好奇心) だけだったのに、分解している時に油汚れを発見。

これが原因かと睨んで、それを除去したら直ってしまったということです。

嬉しいですね。

 

修理が出来たので、新しく購入したリモコンが無駄になった・・と思いましたが、考えてみれば、この新しいリモコンが届いたことが分解するきっかけとなりました。

このリモコンは予備に保存しておきましょう。そして、シーリングファン本体が壊れた時は、ヤフオクかメルカリに・・・

 

★ということで、まずはデジカメでリモコンから信号が出ているかを確かめ、リモコンのボタンを強く押せば点灯するという場合は、「接点を疑え!」ということになります。

参考に!!

 

 

おまけ : 「TAS-52591」について調べてみましたヤフオクでは・・・⇩

ヤフオク! -「tas-52591」の落札相場・落札価格

廃盤品になると、どうしても高値になってしまうのが、最近の傾向です。

不用品なら、もっと安く販売してくれると普通ですが、そうではないようです。

さらに、古いリモコンが¥10,000越え。こんなに高い価格設定では本体ごと買い替えた方がお得かもしれません。(笑)