rmenx’s blog

日々の出来事などを、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。自然が大好きですから、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、詳しく調べて載せるよう心がけております。どうぞ、よろしくお願いいたします。リンクフリー。-Amazon.co.jpアソシエイト-

料理の幅を広げると、クッカーも増える

ゆるキャン△」の主人公の志摩りんはソロキャンプをしています。

自転車や原付なので持って行ける荷物は限られています。

最初の頃は、ミニテーブル、クッカー、ウインドマスター、水筒・・・

この装備だと、お湯を沸かしたり、スパゲッティーを作ったり・・・程度。

 

でも、次からはミニ焚火台の「B6君」が登場。

焼き鳥や焼き肉をするなら、焚火台があった方が便利。炭も用意するとなると、また一つ荷物が増えました。鉄板もあった方がなんて言っていると、さらに重くなります。

 

さらには、ホットサンドメーカーを追加。

これで肉まんをプレスして焼いて食べていました。美味しそうでした。この影響でホットサンドメーカーが品薄になりましたね。

フライパン代わりにも使えるホットサンドメーカー。でも、あの形からけっこう嵩張ります。(柄が外せるモノもありますが・・・)

アルミとはいえ、重量もあります。

 

しかも一緒にキャンプしているなでしこは、重くて割れやすい土鍋とカセットコンロを持参。

土鍋があれば、寒い冬、なべ料理が楽しめます。たまらん!

 

 

そのうち、ダッジオーブンもなんてことに・・・・

もう、これはソロキャンの域をはるかに超えています。

 

ということで、あれもこれもと揃えて行くと荷物ばっかり増えて、しまいには僕のようになってしまいます。

料理の幅を増やすのか、それとも荷物の軽量化を図るのか?

何のためのキャンプなのか、自分のキャンプスタイルにあったクッカーを見つけましょう!