rmenx’s blog

日々の出来事など、気ままに綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

インフレータブル車中泊マット

クイックキャンプ インフレータブル マット 車中泊マット 8cm厚

f:id:rmenx13:20181106095628j:plain

  • 車中泊・オートキャンプに最適な極厚8cmのキャンピングマットです。2つの大型バルブで簡単に自動膨張します。
  • 展開サイズ : 約201×70×8cm 重量 : 約2.5kg ※ボタン部分含む フルフラットにしたミニバンの後部座席に丁度よいサイズです。
  • 表地:75Dポリエステル 裏地:75Dポリエステル ドット滑り止め加工付
  • リペアキット・収納袋付き
  • 購入後の万が一にも安心 180日間製品保証付き

Amazon

 

今回のキャンプでは、同じような自然膨張式のマットを持っていきました。でも、後から空気を足して膨らませたのですが、空気が足りなかったのか、もともとの厚みがないために、腰が痛くて仕方ありませんでした。

 

そこで、もっと厚みのある、マットを検討しました。

空気を入れて使うタイプもありますが、車中泊用と謳ったこの商品が気になりました。

 

厚みが10㎝という製品もありますね。

 

でも、レビューもそこそこよかったので、8㎝厚のものに決めました。翌日には届きましたよ。

 

幅は70㎝ということですが、実測は65㎝くらいしかありません。f:id:rmenx13:20181106100554j:plain

こんな風に巻いてありました。

右下のバルブ(バルブは左右に二つあり)を緩めると、自然に空気が入り、厚さ8㎝になると言うのですが・・・・

f:id:rmenx13:20181106100744j:plain

収納袋は、中に入っていました。補修キットもあります。f:id:rmenx13:20181106102558j:plain

その収納袋についているタグ。説明が書かれています。f:id:rmenx13:20181106102641j:plain

 

広げた時は、厚さが3㎝ほどでした。そのまま置いておくと、4㎝、5㎝、6㎝・・と膨らんできました。8㎝にはならないけどー?

レビューにも「厚みは8㎝にはなりませんでした」とあるので、そんなものなんでしょう。空気を吹き入れてもいいですけど、このままでもよさそう。

幅が65㎝と狭いので、寝返りはきついかも。

コールマン ワイドツーリングなら2枚敷けそうです。二枚も?・・・ぜいたく!

今までのマットよりはふかふかです。違いますね。

これで熟睡できるぞー。

 

車中泊はやったことがありますが、マットを敷いたことはありませんでした。今度、車中泊でも使ってみようかと思います。もちろん、テント泊で使用します。 

 

※しまい方は説明書どおりに行えば簡単です。 

バルブを開いて三つ折り、バルブを閉じてから、強めに巻いていきます。最後は再びバルブを開けて空気を押し出しながら・・・バルブを閉めて終了。

収納袋はゆったりと作られているので楽に入りました。でも、もう少し小さく丸めないと、最初に入っていたビニール袋には入りませんでした。

 

※クイックキャンプとは・・・