rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★

PRIMUS(プリムス) クッカー イージークックNS・ソロセットM⑦ 餃子を焼いてみる

 

前回のトレック900と同じ方法で調理しました。

*このプリムスのクッカーは、トレック900やコールマンのパックアウェイ ソロクッカーとほぼ同じサイズなんですね。

 

実際に、このような製品を購入しても使えるかどうかは、実験してみないことには分かりません。ということで、やってみました。

 

調理開始

①市販の餃子。スーパーで買ってきました。

ミニポットは小さいので、3~4個ぐらいでいっぱいです。

f:id:rmenx13:20211023174235j:plain

②ミニポットを弱火にかけ10秒ほど熱した後に、油を多めに入れました。(長く空焚きはしないこと)

f:id:rmenx13:20211023174322j:plain

③煙が出てきたので、餃子を三個いっぺんに投入。

f:id:rmenx13:20211023174420j:plain

④ミニポットを揺らすと、餃子がスルスルと動きます。さすがフッ素加工。焦げ付く心配がないのが有難いです。

f:id:rmenx13:20211023174444j:plain

餃子の裏を確認。いい感じに焼けています。f:id:rmenx13:20211023174504j:plain

⑤水を少し入れて、チタンリッドを被せました。f:id:rmenx13:20211023174535j:plain

チタンリッドは軽く乗っているだけなので、簡単にずれてしまいます。取り扱いには注意が必要です。取っ手が熱くなることはありません。


⑥ミニポットをゆすりながら、水分を飛ばしましたが、弱火のためか、水が多すぎたのか、なかなか蒸発しませんでした。

(水の量は餃子 3個だと24mlくらい。大さじが約15ml なので、大さじちょっとぐらいの水の量になります。)

さらに、ごま油をかけて・・・

f:id:rmenx13:20211023174623j:plain

⑦焼きあがりました。ミニポットに焦げは全くありません。

⑧完成です。   

f:id:rmenx13:20211023174706j:plain

今回も水分を飛ばし足りなかったので、カリっとは仕上がりませんでした。

残念!!

 

気がついたこと

◎調理中、ミニポットは軽いため、手などをひっかけたら、簡単にひっくり返ってしまいます。しっかりと取っ手をつかんで調理する必要があります。

◎内側に加工が施されているので、こびりにくいですが、恐る恐るやっていたので、なかなか良い結果につながりませんでした。

何度か練習すれば、油の量、火加減、時間の目安がわかってくると思います。

◎チタン製のリッドを使いましたが、自作のアルミの蓋でも十分。

アルミの方がフタ全体に早く熱が加わるので、調理には向いているかもしれません。

*左のチタンリッドよりも、右の自作のアルミの方が断然軽いです。

f:id:rmenx13:20211023190651j:plain

このチタンリッド。

一つあれば、なかなか便利なグッズだということがわかります。

《「PRIMUS(プリムス) クッカー イージークックNS・ソロセットM⑥ 目玉焼きをつくる」に続く⇩》

 

八か月後に三度目のワクチン接種?

また、あのモヤモヤが始まるのですか?

来年の夏ですね。

それまでに感染者数がどうなっているのでしょう。

インフルエンザと同様に、コロナと共に生きるしかありませんが、なんかなーという思いです。