rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★

PRIMUS(プリムス) クッカー イージークックNS・ソロセットM⑨ 肉まんを温める

プリムスのソロセットMはお湯を沸かしたり、炊飯したりと、ソロ向けのクッカーとして仕立てられています。

湯沸かし以外、どんな調理ができるのかと模索中です。

 

前回は目玉焼きを作りましたが、今回は、ヤマザキの肉まんを蒸かします。

f:id:rmenx13:20211031101129j:plain

裏を見ると、「おいしい召し上がり方」が書かれています。今時は、ほとんどレンジで調理するようになっています。

f:id:rmenx13:20211031101153j:plain

最近のは一つずつ小分けされていて、水をかけずに「チンッ!」できる肉まんもありますね。これは便利。

レトルト食品も、「この面を上にしてレンジで温めて・・・」と表示されているものもあり、レンジ調理が可能になっています。

 

とにかく、世の中のモノ、もう便利過ぎてー。

でも、便利過ぎて、電気が止まったらどうするんだい? と心配になってしまいます。今後、炊飯も他の料理も、全てレンジで調理になってしまったら、いざ電気が止まってしまったら調理できなくなってしまいますね。

しかも、レンジ以外の方法を知らないとなると・・・・

1500Wの電気が供給されると便利なEV車。これも災害時には役立つとアピールしていますが、1~2日程度ならともかく、一週間も停電が続いていたら、車自体も動けなくなってしまいます。やっぱり電気はちょっと・・・・

 

前置きが長くなりました。

調理開始です。

スノーピークのトレック900のフタに入れてみました。

下に高さ1㎝ほどの網が入っています。でも、フタが浮き上がってしまいます。できないこともありませんが、無理そうです。f:id:rmenx13:20211031101603j:plain

使っている網は⇩ 直径10㎝、高さ1㎝の小さな網です。これがぴったり。

 

ソロセットMの場合はどうかというと、トレック900よりも深いので、なんとか入りそうです。

f:id:rmenx13:20211031101713j:plain

網の辺りまで水を入れて沸騰させます。f:id:rmenx13:20211031101801j:plain

水が少ないために、あっという間に沸騰しました。f:id:rmenx13:20211031101831j:plain

肉まんを乗せます。f:id:rmenx13:20211031101857j:plain

チタンリッドを乗せて、3分間弱火で蒸しました。

肉まんの厚みでリッドが浮いています。f:id:rmenx13:20211031101925j:plain

重しを乗せて、続けます。f:id:rmenx13:20211031102005j:plain

出来上がり。

f:id:rmenx13:20211031102030j:plain

肉まんにリッドが接していたので、肉まんが濡れていました。ちょっと柔らかいです。それとも蒸し過ぎかな?

お湯はまだたっぷり残っていました。弱火で短時間蒸すなら、この網だけでも十分可能だということです。シュウマイもいけそうです。

f:id:rmenx13:20211031102123j:plain

先ほど書いたように、肉まんの表面がびっしょりしていました。f:id:rmenx13:20211031102203j:plain

でも、中はフカフカの美味しい肉まんが出来ました。

 

*前回、スノピのトレック900のポットで調理した時は、5分間も蒸しました。でも、表面はベタベタしてなく、さらっとしていました。肉まんとリッドが触れたことで湯気が直接垂れてしまったのでしょうね。

ということでソロセットMのポッドで作れば、もっと美味しく作れそうです。

感想

このプリムスのソロセットMは深型なので、肉まんなら蒸すことが出来ます。

レシピにあるように肉まんの表面を濡らす必要はなさそうです。発生した蒸気で蒸すことが出来ます。

調理時間は2分弱でもいいかもしれません。