rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★ アソシエイト・プログラムへ参加

インスタントコーヒー

前回、浸漬法 (しんしほう)のドリップバッグコーヒーの記事でした。

 

今回は、

AGMのMAXIM 120gの詰め替えパック です。

それをネスカフェの空きビンに詰め替えて使っています。

フリーズドライ製法です。

ちょうどぴったり入ります。

物臭には、このインスタントコーヒーは欠かせません。

我が家には、もうひとサイズ小さなビンもあります。100g?

これだけ大きさに差があります。

小さなビンでは、通常の120gの詰め替えパックでは入りきれません。

 

AGF マキシム 袋 120g 【 インスタントコーヒー 】 【 詰め替え エコパック 】

Amazon

ネスカフェの粉状のモノは味がどうも合わなくて、最近では、つぶつぶ状の「MAXIM」オンリーです。

 

豆から挽いて淹れるコーヒー党の方はインスタントなんて・・・と思われるでしょうが、面倒くさがり屋には有難いコーヒーです。

もちろん、ストレートでいただきます。

 

 

でも、なぜかアイスコーヒーはストレートはダメ。

苦くて飲めません。

以前、アルコールストーブを作ろうと、ラベルが簡単に剥がれるブラックコーヒーの缶(何も印刷されていないアルミの地肌が出る)を買いましたが、苦くて飲み切れませんでした。

今は、微糖の紙パックオンリーです。

 

しかも、飲んでいるのは、これだけ。

スジャータ こだわりのコーヒー 甘さひかえめ加糖

スーパーやコンビニのアイスコーヒーのペットボトルや紙パックをいろいろと試してみましたが、酸味・苦味・甘味等々、自分にはこれがぴったりでした。

ただ、店によっては扱っていない場合が多く、近くのスーパーで二本買いしてます(笑)

 

ドリップバッグコーヒー

どうせバッグをお湯に漬けるなら、ティーバッグのように封を切らなくてもいい?

と考えて実験してみました。

お湯に浸して、コーヒー豆に吸水させて・・・

そのままカップに引っ掛けて・・・

ある程度の時間になったら、引き上げて出来上がりです。

引っかけておくと、豆がお湯にしっかりと浸からないし、開封していないのでコーヒーの香りを楽しむことはできませんね。それと、味も・・・

もっと、カップに深く沈めるべきでした。

 

やっぱり、お湯を注いだ方がいいようです。