rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★ アソシエイト・プログラムへ参加

水槽を再生③ 水温計も必要か?  ニッソーの水温計 Sサイズ

水槽は稼動しましたが、とりあえず「水温計も必要かなー」ということで、水温計を購入することにしました。 

 

熱帯魚を飼育するわけではないので、特に水温は気になりませんが、とりあえず水温は知っておきたいからです。

 

Amazonを見ると「デジタル水温計」も多くみられます。

電池式ですか?

水槽にどうやって取り付けるのでしょう。また、センサーの固定方法は?

液晶がどのくらい持つか分かりませんが、電池切れになっても困るし、アナログで十分でしょうね。

 

そこでアナログ式の、普通の水温計にすることにしました。

水温計はメーカーによっても、また個々の機器によっても、それぞれ示す値が違っているようですが、そんなに正確な温度でなくても、だいたいの温度が分かればいいかなーぐらいに考えています。

以前から使っているのは「ニッソーの水温計」

ゴムはダメになりましたが、水温計自体は全く壊れる気配はありません。

Amazon

他にも、こんな水温計がありました。

寿工芸 K-54 水温計L

Amazon

GEX AQUA HEATER 水温計 中

Amazon

今まで使っていて、見慣れているし、特に不満もないので、目盛りが見やすかった「ニッソー」の水温計にしました。

 

小さい水温計ですが、水槽の中ではけっこう目立ちます。でも、飾りではないので、しっかりと温度が計れるので安心しています。

 *今まで使っていた水温計は、ゴムが千切れて使い物にならなくなったので、針金で吊るして池用に使っています。

 

★こういう製品のレビューに、時々、「壊れていた」「割れていた」「汚れていた」というコメントがあります。

だから、「この製品は買わない・・・」と。

 でも、よく考えれば製品自体が悪いのではなく、その製品を販売している業者、或いは輸送している業者の問題もありますね。

製品の管理が悪い場合は、箱がつぶれていたり、中のものが壊れていたり。

製品を作ってるメーカーが適当に作っている場合もあるでしょうが、普通は製品自体に責任はないと思います。

 

 

届きました

今回は、「ニッソーの水温計 Sサイズ」なので、小さいです。

表示がシンプルで見やすいです。

 

さっそく水槽に取り付けてみました。

水草水槽ではないので、見せられるものではありませんが、アナカリスもこれだけあると、まあまあでしょうか?

20℃以下。 でも、庭の池は15℃くらいなので、室内なので水温は高いようです。

さっそく花を咲かせました。

とりあえず、アナカリスの冬越しは完了です。

これで、冬の間も楽しめそうです。

 

さっそく水草に付着していたのか、小さな白や薄茶色の貝がガラスに付着していました。アナカリスについていた貝です。

ネットの記事を読むと、どうやら厄介者らしいですが、自分は気にはならないので、そのまま様子を見ることにしました。