rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★ アソシエイト・プログラムへ参加

FUTUREFOX ヒーターアタッチメント 2022年モデル  ★2021モデルと比べて軽くなったが、重くなった?

寒くなってきたので、こういう暖房器具の話題が多くなってきました。

 

2021/11/28に旧型を購入しましたが、これは2022モデルとか。

左が旧型 右が新型 (2022モデル) です。

Amazon

主な違いは、

①ナバホ柄。新型では全面がナバホ柄に変更になっています。

火を通したときに、よりナバホ柄が浮き出るでしょうね。

 

②二つ目、三本五徳のバーナーにも対応できるように溝が切ってあること。

 

③旧型 (平らな部分は4.3㎝) と比べて、天板が平ら (9㎝)なのでヤカンを乗せておくことができること。トランギアの0.6Lの底面の径が9㎝。


④大きさ・重さ

旧型・・9D x 9W x 14.5H  150g

新型・・9D x 9W x 14H  126g 新型の方が突起がない分低くなり、軽くなっています。ただし、価格は重くなりました(笑)

 

 

上の説明⇧ 

「上記以外にも SOTO ST-330やFORE WINDS FW-MS01 で動作確認済みです。弊社では動作確認を行っておりませんので、保証対象外とさせていただきます。」

「 SOTO ST-330 や FORE WINDS FW-MS01 で動作確認済み」なのに「動作確認を行っておりませんので、保証対象外」」ということですか?

 ★取り付けられたが、点火はしていないってことでしょうか?

ちょっと意味を読み取れませんでした (笑)

 

下は遮熱板を取り付けた「ST-330」。 右は、コールマンの「508」で点火した時の様子。普通に使えます。

 

 

旧型  (2021年モデル) の記事①~⑥まで ⇩

お洒落でナバホ柄が赤く浮き上がって見えるので、とても奇麗です。

でも、暖かさは・・・・・気休め程度です。

換気に注意した、テントの前室のような半密閉空間なら温かいですよ。

 

でも、暖を取るなら、やっぱり焚き火が一番です。

 

老舗のコールマンのヒーターアタッチメントも捨てがたいです。

 

ストーブと言えば、こんなのもありました。