rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★ アソシエイト・プログラムへ参加

ナイフで調理Ⅰ 包丁は家庭で使うぐらいの大きさがいい?

毎日、包丁を使っている自分としては、まな板が大きく、そして、包丁も大きい方が食材を切りやすいし扱いやすいと考えています。

 

でも、キャンプとなると・・・

ソロキャンプでは包丁ではなく、小さなナイフを使われている方を見かけます。

ある程度の刃渡り (柄を除く金属部分 ) がないと、一度に食材を切れないので、切りづらいだろうなーと思いながら見ています。

 

 

刃渡りが短すぎると・・・・

例えば、大きな玉ねぎを真っ二つに切ろうと思っても、刃渡りが短いナイフでは柄が邪魔して一度では切れません。スイカが良い例です。

結局、反対側からもナイフを入れて切ることになります。

塊肉もそうですね、

これって、非効率的。

 

下はだいぶ前に買った「MOSSY OAK 折りたたみナイフ」

刃渡りは 9.6㎝と短いです。

MOSSY OAK 折りたたみナイフ 

大きな食材を切ろうとすると、が邪魔をして、うまく切れません。

元々、「包丁」ではないのですから、無理もありません。

 

ソロキャンパーだと、「包丁」よりも「ナイフ」型を所有されていると思いますが、食材を切るのにあまり適さないのが、こういった刃渡りの短いナイフです。

しかも、小さなまな板に小さなナイフ。かなり使いにくいと思います。

荷物を極力少なくしたいというソロ向けですね。

 

さて、上の記事にも載っている「オピネル」はキャンパーが良く使われているナイフで、「オピネル」に関する紹介記事がたくさんあります。

その「オピネル」No.10 (ナンバーの数字と刃渡りが大体同じ) の刃渡りは10cm。

これは、「MOSSY OAK 折りたたみナイフ」とほぼ変わりません。

つまり、「包丁」としては使いにくいと思いますが、でも、「オピネル」だから使いたい・・・そんな気持ちにさせるナイフです。

 

下は、普通の「包丁」と「オピネル」を比べた記事です。

結論部分で、こう書かれていました。

料理のしやすさで包丁の勝ち! 


でも、調理云々置いといて、私の中でどっちを使ってキャンプをしたいかではオピネルの勝ちです!

また、オピネルは調理以外にロープを切るなどの多目的ナイフとしての側面がありますので、調理もできるナイフとしてお勧めします。

つまり、キャンプ=「オピネル」=カッコよさ?

使い勝手は「包丁」の方が勝っていますが、でも、キャンプで使うには「オピネル」がいいという記事でした。

 

調理に使いづらい「オピネル」。

調理するなら・・・

調理なら包丁の方が切りやすい

似たような記事でも「使いやすさは・・・調理なら包丁の方が切りやすい」と書いてありました。

「包丁」として使う場合、大きさは大事です。

小さすぎても大き過ぎても、そして重たすぎても使いにくいモノです。

その点、家庭用の「包丁」は手頃なので、持ちやすく切りやすいんですね。

 

その方は「包丁」には「アゴ」があるから切りやすいとも書いています。

まな板の上で食材を切る時に、柄とブレード部分の高さがほぼ同じなので、柄を掴んでいる手が、まな板にぶつかってしまうということです。

これでは切りにくい。

元々、調理用ではないナイフです。

あえていえば、調理にも使えるというナイフです。

家庭で、このようなナイフで毎日調理したら不便でしょう。

アウトドアで使うからこそ便利なんですね。

 

 

小さなナイフの使い方については、老舗?のビーパルの記事が役に立ちそうです。

そのビーパルでは、

アウトドアをする時に、ナイフは必須アイテムです。

キャンプなどでは、調理や魚をさばく時に使用します。

包丁は調理以外にはあまり使えず、携帯にも不便なので、万能なナイフがアウトドアには欠かせません。

火をおこす時にもナイフが活躍します。着火用に木を薄く細かく削ったり、ナイフのエッジで火花を発生させたりと、火を作るのになくてはならない存在です。

設営撤去時には、ロープやテープを切ったり、ペグが足りなければ枝を切り分けたりと万能に使えます。

と書かれています。

 

「オピネル」は、Amazonのレビューではキャンプでの料理にも使っている等、高評価です。

切れ味がいいというコメントもたくさんあります。

自分のキャンプスタイルとは違いますが、やっぱり「オピネル」は「万能」とまで言い切れませんが、キャンパーにとって最高のナイフに間違いありませんね。