rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★

パナソニック ドアホン (電源直結式) VL-SE30XL に交換② レンズの向きを変える

以前に書いた記事です⇩

 

このドアホンに交換した時、子機については何の設定もせずにそのまま取り付けました。でも、見える範囲が狭く、訪問者の姿が見えにくいことに気づきました。(今頃かい?)

*一般的な家の子機の位置と違って、元々道路に対して直角に取り付けられている子機。

子機の真ん前に立たないと映りませんでした。

それを来客が道路にいても映るように設定し直します。

カメラの向きを変えれば、もっと見えるようになるようです。

 

ネットで、この機種を調べると・・・、

子機のフタを外し、中にある「調整ボタン」で向きを変えられることがわかりました。

 

さっそくフタを開けます。

画像の赤丸のプラスチックを跳ね上げると、中にプラスネジがあります。

f:id:rmenx13:20220312175231j:plain

このネジを緩めれば外すことができます。f:id:rmenx13:20220313171734j:plain

開けたものの、中は蜘蛛の巣窟でした。

下側に水抜きの穴が開いているので、そこから入り込んだようです。

 

レンズの向きを変えるには下のアドレスから⇩

玄関子機カメラの角度を調節できますか? [どこでもドアホン] - ドアホン - Panasonic

中央にある緑色が角度調整レバーです。これを調整し、実際に室内の親機で確認してから決定します。今回は「左向き」に変更しました。

f:id:rmenx13:20220312175352j:plain

レンズが左側 (道路側) に向けました。f:id:rmenx13:20220313171811j:plain

さて、フタを元に戻しますが、このままだと、また水抜きの穴から蜘蛛が入り込んでしまいます。

f:id:rmenx13:20220312175909j:plain

底に二か所も開いています。f:id:rmenx13:20220312175930j:plain

そこで、網戸のネットを切って、ボンドで貼り付けておくことにしました。

f:id:rmenx13:20220312175947j:plain

隙間にもボンドを流し込んでおきました。f:id:rmenx13:20220312175950j:plain

たぶん、これで大丈夫だと思いますが・・・

f:id:rmenx13:20220313172127j:plain

しばらく様子をみます。

 

それにしても、「電力需給逼迫(ひっぱく)警報」ですか?

現在、何にでも電気を使って動いていますから、今後も消費量は増え続けているでしょう。

でも、電気が足りないって、これからどうするのでしょう。

まだまだ使用量って増える筈。

電気自動車なんてとんでもない話ですね。

 

NERVから緊急警報も来ているし・・・f:id:rmenx13:20220322143349j:plain



午後になって、こんなニュースも⇩

東京電力「夕方以降、一部地域で停電のおそれ」
3/22(火) 12:12配信 TBS系(JNN

昼頃に雪が降り始めました。寒いわけだ! 暖房は欠かせません。f:id:rmenx13:20220322121315j:plain

オール電化」だと・・・・