rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★

マウスの故障~交換  やっぱり有線式がベスト!

妻が使っているマウスは「Amazonベーシック マウス USB有線 ブラック」

f:id:rmenx13:20211207091708j:plain

 

Amazon

大きさも手頃で、有線ですが、安くて使いやすいマウスです。

 

今回の故障は「右クリック」しても、反応がないこと。隙間に何かつまらせたか?

ということで、新しいマウスを購入することにしました。

同じマウスでいいやぁと思い、Amazonを訪れると、¥800ぐらいだった値段が倍くらいに跳ね上がっていました。

高いけど仕方ないかーと「ポチッ」しようと、届日を見ると、なんと12月31日。

(えっ、大晦日? これじゃあ、ダメじゃん!)

 

そこで、有線仕様の同じくらいの値段のマウスを探しました。

マウスを販売しているのは、BUFFALO、 ロジクールエレコム、サンワダイレクトなどがあります。

 

翌日配送の有線マウス

とにかく、翌日には届いてくれないと困るので、条件としては、翌日配送、使っていたマウスと同様に¥800 程度の有線マウス。

 

その条件で絞ったら、ありました。

値段は¥500 (ー¥985 64%OFF ) ほどのマウス。安くないですか?

エレコム マウス 有線 Mサイズ 3ボタン USB 光学式

ブラック ROHS指令準拠 M-K6URBK/RS

f:id:rmenx13:20211207092325j:plain     f:id:rmenx13:20211207092340j:plain

Amazon

f:id:rmenx13:20211207160225j:plain

■リーズナブルながら、マウスの基本性能をしっかりと持ったスタンダードサイズの光学式マウスです。
EUの「RoHS指令(電気・電子機器に対する特定有害物質の使用制限)」に準拠した環境にやさしい製品です。
■環境に配慮し、ゴミを減らせて開梱作業もスムーズな簡易パッケージ仕様です。
■Certified for Windowsロゴを取得しています。
■USB-IF認証を取得した製品です。
■CE規格に適合した製品です。
■VCCI CLASS Bを取得した、電波障害が少ない設計です。
■スムーズな動作で快適に操作できる分解能1000カウントです。
■軽量なスタンダードサイズモデルで、長時間使用していても手が疲れにくく、オフィスでの使用にも最適です。
■確実なクリック感を持つホイールを装備し、Webブラウザや各種アプリケーションでのスクロール操作も快適に行えます。
■専用ドライバなどのインストール作業が不要で、パソコンのUSBポートに接続するだけですぐに使用可能です。

ここに掲載されている「RoHS指令」とは⇩

2015年6月に上記に4物質が追加されるという官報(施行は2019年7月)が公布され、
これにより、禁止制限物質は以下の10物質になりました。
RoHS規制10物質


・鉛(Pb)
・水銀(Hg)
カドミウム(Cd)
六価クロム(Cr6+)
・ポリ臭化ビフェニール(PBB)
・ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)
・フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)(DEHP)
・フタル酸ブチルベンジル(BBP)
・フタル酸ジブチル(DBP)
・フタル酸ジイソブチル(DIBP)

《上記のエレコムのページより》

こんな「指令」があるなんて知りませんでした。

他にも、

「Certified for Windowsロゴ」・・コンピュータ本体や内蔵装置、周辺機器、動作に必要なデバイスドライバや設定ファイルなどについて、同社の定める基準に従って動作試験にパスした製品

「USB-IF認証を取得」・・給電能力など製品の品質を保証するための認証規格

「CE規格に適合」・・EU加盟国の基準を満たすものに付けられる基準適合マーク

「VCCI CLASS B」・・妨害波の阻止のための基準

どれも製品の品質に関わるものばかりです。

 

比べてみます

左が新しいエレコム製のマウス。右がAmazon マウス。

f:id:rmenx13:20211207093015j:plain

形が微妙に違います。これは使いこんでいけば慣れる筈。

f:id:rmenx13:20211207093115j:plain

クリック音はAmazonが低い音、エレコムは「カチャカチャ」と高い音がします。

f:id:rmenx13:20211207093128j:plain

f:id:rmenx13:20211207093139j:plain

他にも、「レーザー仕様」「Sサイズ」もありましたが、このMサイズが一番安かったので購入を決めました。

 

無線のマウスはコードがない分、使いやすいですが、電池の交換が煩わしいし、今まで使ったマウスは耐久性に欠けていました。

やっぱり電池要らずの有線式が、自分にとってはベストです。

*翌日、「Amazonベーシック マウス USB有線 ブラック」の値段は戻っていて、しか、翌日配送に変わっていました。でも、安かったから後悔はありません。

しかし、Amazon。 一日でこんなにも値段に変化があるとは・・・

 

以前、使っていたのは、レーザー式の小型のマウスでした。

ノートパソコンにはパッドがあるので指で操作が出来ますが、不器用なのか、使いこなすのが大変でした。その点、マウスの方が操作性が良かったので、マウスを常用していました。

f:id:rmenx13:20211207100100j:plain

使っていたのは、

バッファローコクヨサプライ「BSMLW09Sシリーズ」

f:id:rmenx13:20211207095930j:plain

手の小さな人に適した小型のワイヤレスマウス。最大10mの通信が可能な2.4GHz帯の周波数を採用。レシーバは出っ張りが約1cmの小型タイプで、本体裏面に収納できる。レシーバのインターフェイスはUSB(2.0推奨)。

 ボタンは左右クリック、ホイールの3ボタン。センサーはレーザー式で、底面のスイッチで1,600dpiと800dpiの切り替えが可能。本体上面には電池残量を示すLEDを備える。

 電源は単3乾電池×1で、連続動作時間は約200時間。本体サイズは55×92×36mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約55g(電池含まず)。《PC Watchより》

上蓋の中に単三乾電池。レシーバーが裏側に収納できるようになっています。

f:id:rmenx13:20211207100212j:plain f:id:rmenx13:20211207100410j:plain

ただ、いつの間にか電池がなくなっていたり、不便でした。

それ以降、使うマウスは有線式と決めています。