rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★   -Amazon.co.jpアソシエイト-

ひょうたん池へのエアー供給★⑪ 吸気排気用の穴の数を増やす

《この記事はボツにしようかと思いましたが、せっかく書いたのでアップしておきます》

ボックスを密閉しては、エアーポンプ用の空気が入らないし、熱くなった空気を外に排出することができません。

現在、ボックスの側面に一か所、底に四か所の穴を開けています。

穴には網戸用のネットを取り付けて、虫などが入りにくいようにしています。

f:id:rmenx13:20210826144230j:plain f:id:rmenx13:20210826144208j:plain

f:id:rmenx13:20210818193441j:plain
さらに、もう一か所開けて、空気をもっと出しやすくしてみました。

 穴を開ける場所は、左のノック穴Φ27mmです。

ここには、エアーポンプ用のチューブ (チューブコネクター) を取り付けていましたが、ボンド ウルトラ多用途S は効果後も柔らかいために簡単に外すことが出来ました。(このボンドの良い点)

f:id:rmenx13:20210828103722j:plain

チューブコネクターを左右にグイグイと動かし、最後はカッターで外しました。

 

チューブの移動先は中央の下。キリで穴を開けて、ハサミの先を差し込んでグルグル回して大きくしました。きつめに入るのを確認した後に、バスボンドをつけて押し込みました。

f:id:rmenx13:20210828104005j:plain

次はノック穴を開けます。

四か所で止まっているので、まずニッパーで切り離し、カッターを差し込んで塗ってある防水用のバスボンドを切り離しました。バスボンドは簡単に剥がせるので、後から加工しなおすときに便利です。

f:id:rmenx13:20210828104137j:plain

バリを取った後に周囲にバスボンドを塗って、ネットを接着しました。

f:id:rmenx13:20210828104247j:plain

完成です。作業時間は10分ぐらい。でも、汗びっしょりです。f:id:rmenx13:20210828104419j:plain

チューブを取り付けて完了です。f:id:rmenx13:20210828104506j:plain

f:id:rmenx13:20210828104653j:plain

雨除けを取り付け直し、蓋をして設置しました。f:id:rmenx13:20210828104731j:plain

左斜めからの、強い雨には注意が必要なので、ここにも雨除けを取り付けました。

材料は、前回使った「信州安曇野天然水あずみ 500ml」

Φ55mmという、手に持ちやすい小さなペットボトルです。

f:id:rmenx13:20210831125731j:plain  f:id:rmenx13:20210831125754j:plain

ボンドで横からの雨水をシャットアウト。

f:id:rmenx13:20210829143759j:plain f:id:rmenx13:20210829162057j:plain

さらに、改良型。底の部分はそのまま使用。

f:id:rmenx13:20210831162844j:plain f:id:rmenx13:20210831180912j:plain

 

穴が一つ増えたことで、空気の吸排気の量が増え、ボックス内の温度を低く抑えることが出来ると期待していました。断熱シートは必須。

f:id:rmenx13:20210828122250j:plain

 

朝方、日が当たらない状態で 40℃でした。 

穴を一つ増やした本日、カンカン照りの11時で、 50℃でした。(断熱シートあり

直射日光だけではなく、気温自体もかなり上がっているのも原因でしょう。

穴を一つ増やしたことで、熱上昇を抑えるという機能が少しだけ増したことは確かです。

f:id:rmenx13:20210828113740j:plain

でも、温度は上昇を続け、「東京は34℃・・・」なんて言っています。

でも、それ以上でしょう。

数分庭にいただけで、汗びっしょりです。一昨日よりも暑いぞ!

やっぱり、これしかない!!  これが一番。

f:id:rmenx13:20210828130719j:plain

今までの作業はなんだったんだー。

こうなったら最後の手段。ファンを取り付けて、強制的に排熱するしかないか?

それにしても、ボンド ウルトラ多用途ソフトS・U、バスボンドは簡単に剥がすことが出来るので、今回のように、やり直しをしたい時には便利です。

 

ところで、池のアナカリスの上に小さな泡粒があります。アナカリスがなかった時は、こんな泡は見られなかったのですが、これは何?

f:id:rmenx13:20210831092611j:plain


 

 

プライバシーポリシー