rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、詳しく調べて載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。追記は★の数が追加した数 =リンクフリー=  -Amazon.co.jpアソシエイト-

缶クーラー? しかも真空仕様!

スノーピーク 缶クーラー500 TW-505 one

f:id:rmenx13:20210112143706j:plain

f:id:rmenx13:20210112143729j:plain

Amazon

材質:ステンレス
サイズ:φ72×112(h)mm
容量:350ml
重量:120g

真空二重構造の500ml用缶クーラー。缶に装着することで飲料の温度を長く保ちます。シンプルなデザインで保冷性に優れた缶クーラーです。

350ml用も同時発売されています。

 

これは、取っ手のない、同社のステンレス真空マグ?

中に500ml缶を入れて保冷する製品。ペットボトル用の保冷ソフトケースは見かけますが、缶を丸ごと入れてしまうなんておもしろい発想です。

しかもデザインがスッキリしていて、かっこいい!

ただ、蓋がないので、上部から温まってしまうのと、炭酸が抜けてしまうのは仕方ないところです。

ビールを長時間かけて飲むなんてことはしないので、10分前後、冷たいままなら使い道がありそうです。

真空マグもそうでしたが、結露がなくマグをつかんでも熱さ冷たさを感じません。

この製品もビール缶から伝わってくる冷たさから解放されるので、いいかもしれませんね。

 

というか、

缶ビールって、缶のまま飲むか、マグなどに移して飲むか、缶クーラーに入れたまま飲むか。 

 

葛城ミサト」のように、缶のまま豪快に飲む派は必要なし。冷蔵庫・テーブルに山積みにしておけば、それで良し。50mlくらいの瓶ビールなら、瓶のまま飲むのがカッコいい。

f:id:rmenx13:20210119080249j:plain

Amazonプライム スタジオカラー

マグに注いで飲む派は、別にマグを用意しないといけないし・・・。 

やっぱり缶クーラーに入れたまま飲む?

しかし、微妙な商品ですねー。

 

いっそのこと、缶ビールを入れずに、このクーラーに直接ビールを注いだらダメなの?

やっぱり、スノーピークを使うことに意味があるのかな?