rmenx’s blog

日々の出来事などを、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。自然が大好きですから、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、詳しく調べて載せるよう心がけております。どうぞ、よろしくお願いいたします。-Amazon.co.jpアソシエイト-

Soomloomチタン7点クッカーセット⑩ 袋麺をつくる

大鍋を使って袋麺を作ってみました。大鍋の径は14㎝、高さは7㎝、容量は満水で1000ml。

今回は定番の「サッポロ一番 味噌ラーメン」です。

f:id:rmenx13:20200802104002j:plain

丸いラーメンならピッタリ入ってしまうのですが、これは長方形。惜しいです。

f:id:rmenx13:20200802104039j:plain

水500mlを入れて火にかけました。今回は湯沸かしなので、銅板は使わずコンロで調理しました。

f:id:rmenx13:20200802104141j:plain

火は中火。取っ手を握っても熱くはありません。シリコンチューブは不要です。

5分ほどで沸騰してきました。

f:id:rmenx13:20200802104323j:plain

四角なので、こんな風に斜めに投入。湯につかっている部分が柔らかくなったら菜箸(さいばし)で押し込みました。

f:id:rmenx13:20200802104347j:plain

ラーメンの角が柔らかくなると、麺が浮いてきました。この状態で、ここまで泡が・・・

f:id:rmenx13:20200802104608j:plain

予め火を通しておいた挽肉とモヤシを入れました。鍋が小さいので、モヤシは軽く一握りです。野菜はたくさん入れられませんね。

f:id:rmenx13:20200802104640j:plain

具材を入れたら、いったん温度が下がりましたが、その後沸騰を始めました。

火が強すぎると、下のように吹きこぼれそうになります。

やっぱり1000mlの容量では小さ過ぎるんですね。ジャストサイズとはいきません。

f:id:rmenx13:20200802104823j:plain

タイマーで3分間。最後にスープと七味スパイスをかけて、混ぜました。

f:id:rmenx13:20200802104928j:plain

完成です。

丼として見た場合、ちょうど良いサイズですが、調理するときは吹きこぼれそうで、ワンサイズ大きめがいいですね。

f:id:rmenx13:20200802105032j:plain

チタンと言うことで、口元は熱くなりません。これがチタンの良さ。アルミ製では熱くて口を当てられません。

また保温性があるので、麺を食べ終わった後、スープだけ残っていましたが、鍋の側面に触ると熱いくらいでした。

たとえチタンクッカーでも、ラーメンを作るなら焦げ付くことありませんし、全く問題はありません。

ただ、鍋の容量が少ないので、具を多めに入れると吹きこぼれやすくなります。火力調整をマメに行った方が良さそうです。

その点、ステンレス製のラーメンクッカーは1.3Lあるので、吹きこぼれの心配はありません。いっそのこと、チタンでラーメンクッカーを作ってくれたら軽くて快適でいいのに。

 

あと残るは、目玉焼きのリベンジ、そして炊飯だけですね。

いつ、試そう?