rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★   -Amazon.co.jpアソシエイト-

SOTO(ソト) レギュレーターストーブ FUSION Trek

SOTO  レギュレーターストーブ FUSION Trek

ST-330 フュージョンのOD缶仕様のフュージョントレックです。

f:id:rmenx13:20200413150421j:plain

Amazon

五徳は三本。プリムスのように回転式ですね。

バーナーはST-330と同様のすり鉢型。でも、中央に点火装置が見えません。

f:id:rmenx13:20200413150623j:plain

Amazon

クッカーを乗せたときの安定さよりも軽さを追求したモデル。

しかも着火装置さえもついていません。かなり割り切った製品です。点火装置は故障するとやっかいですから、むしろ点火装置を省いた方がいいのかもしれません。その方が故障は少ないし軽量化できます。

 

しかも「トリプルジェット」と呼ばれる三つの穴から噴射されるガス。

f:id:rmenx13:20200413151223j:plain

《SOTO》

この写真で見ると、ウインドマスターよりもかなり大きいことがわかります。五徳の長さも長いので、それがクッカーを乗せたときの安定へとつながっています。

f:id:rmenx13:20200413154648j:plain

好日山荘 おうちどあより》

 

こちらは ST-330 フュージョン CB缶仕様。

f:id:rmenx13:20200413150550j:plain

Amazon

f:id:rmenx13:20200413150632j:plain

Amazon

 

重さは・・・

SOD-330 フュージョントレックは 182g 3.3kW(2,800kcal/h)

ST-330 フュージョンは 245g 2.9kW(2,500kcal/h) 

ST-330は、とても軽かったのですが、さらに軽いということで、完全にトレック用です。

 

分離型のストーブとしては、「プリムスのエクスプレス・スパイダーストーブⅡ」がありますが、これは 195g 2.8KW/2400kcalなので、スペックに置いては負けてはいませんね。

エクスプレス・スパイダーストーブⅡ 

f:id:rmenx13:20200413152303j:plain

Amazon
ウルトラ・スパイダーストーブII 167g 3.6kW/3000kcal/h こちらはさらに軽く強力!

f:id:rmenx13:20200413152618j:plain

Amazon

プリムスとの大きな違いは・・・

プリムスのストーブにはバーナー近くに燃焼熱でガスの気化を促進させるプレヒートパイプが装備されていること。これは寒い時期でもガスを確実に気化させるので、寒冷仕様としては最高です。いざとなったら、缶を逆さにして液出しで使えるのも強みです。フュージョントレックにはそれがありません。

 

でも、SOTOで揃えるなら、このフュージョントレックでしょう。

 

プライバシーポリシー