rmenx’s blog

日々の出来事などを、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

コーヒー飲むなら、チタンマグ

コーヒーを飲む目的なら、マグがお勧め。

手に馴染む大きさ。ほどよい容量。

使っている方が多いのは、300mlのモノ。コーヒーは150mlくらいですから、ちょうど半分です。

(300ml入らない・・・というレビューもありますが、満タンで300mlでしょ。

最近、レビュー見ていても、「ちょっとー」と首をかしげてしまうコメントが時々あります。例えば、アルミ製なのに、熱くて飲めない・・・とか。少し考えてからコメントすればいいのに、と思ってしまいます。思ったらすぐに発信してしまう、それはSNSの傾向に似ています。いや、SNS そのものですね。)

 

それはおいといて・・・

三種類のマグ。いずれも300mlです。

 

スノーピーク(snow peak) チタンダブルマグ

(二重構造なので冷めにくい)

f:id:rmenx13:20200205071529j:plain

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ

(直火にかけられる) 

f:id:rmenx13:20200205071606j:plain

スノーピーク(snow peak) ステンレス真空マグ

(真空構造。ただし、ステンレス製)

f:id:rmenx13:20200205071648j:plain

Amazon

 

悩みますねー。

冷めない・・・と言っても何時間も保温できるわけではありません。

コーヒー店で出される陶器製のコーヒーカップだって冷めてしまうので、そのぐらいの保温力で十分だと思います。

息子はスノピの二重構造のマグ 300mlを持っています。

f:id:rmenx13:20200205081340j:plain

f:id:rmenx13:20200205081354j:plain

僕はEPIのチタンマグ。シングル 330mlです。蓋つきです。

f:id:rmenx13:20200205072214j:plain

Amazon

実は、蓋があるだけで保温効果が上がります。しばらくは温かさをキープできるんです。だから、蓋とセットで買うのがお勧め。

 

スノーピークの蓋はコレ! 

そのまま飲めるように穴も開いていますが、ABS樹脂、シリコン樹脂製と言うのが・・・。チタンマグとは似合わないなーと感じるのは僕だけでしょうか?

それが原因で買う気が起こりません。蓋なしのマグでいい。

 

f:id:rmenx13:20200205072405j:plain

Amazon

 

「極」にしてもつまみがシリコン製になってしまったし・・・

シリコンの働きは十分わかります。

火傷防止のためならいいですが、何もかもシリコン製になってしまうとキャンプ道具としては味気ない。家庭のキッチン用品とは違う何かが、キャンプ用品に必要?

キャンプ道具は、やっぱりオール金属製がいいです。

考え方が古いのかなー?