rmenx’s blog

日々の出来事などを、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

野良猫、実は飼い猫だった?

一時期、家の外から数匹の猫の「ニャーニャー」という鳴き声が聞こえていました。
しかも夜や早朝にも。

「うるさいなー」


近所&雑木林に、野良猫がけっこう住み着いているようです。

 

散歩の時に茶色の猫を見かけました。こちらに気が付くと、草むらにそそくさと逃げ込んでしまいました。

ところが、先日、ある家の二階のベランダで、同じ猫を見かけました。
小さな窓を足でいじっています。中に入ろうとしているんですね。


そのうち、部屋のガラス窓を開けようとガリガリし始めました。鍵がかかっているし、猫に開けられるわけはありません。
ところが、ガラス戸が開き、すーっと部屋に中に入ってしまいました。

「えっ、この家の猫? あの外にいた野良猫は飼い猫だったのか。」
唖然としました。

 

もしかして、家で飼っているネコなのに、普段自由に外に遊びに出させていたのでは?

それが「ニャーニャー」と鳴いて近所に迷惑をかけていたのか?

勝手に家の敷地内に入って来るし‥困っています。

 

それがどこかの飼い猫だったなんて、とんでもありません。無責任!

ネコを飼っている方って、普段からそんなことをしているのですね。

驚きました。というか、呆れました。

 

野良犬だったら、けっして許されないのに、なぜ野良猫が許される?

近くの自治会では、野良猫を捕まえて自費で去勢手術をしたそうです。

可愛いからと餌を与えるような、自分勝手な人間がいると、ホント困ります。