rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、詳しく調べて載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★ おうち時間が増えて、DIYとか、 自分でなにか作ろう!  -Amazon.co.jpアソシエイト-

ダイニチ FW-4718GR-W 

GR TYPE
すばやい暖房と消火時のニオイ低減を両立したハイグレードモデルダイニチ 

f:id:rmenx13:20191213142022j:plain

やっぱりカッコいい!

義母まで、「カッコいいね」と言うほど。本物は真っ白でした。

ネットの画像よりも実物の方が素敵です。

 

FW-576LEと並べて・・・

f:id:rmenx13:20191213162918j:plain

大きさは、

FW-576LE  高さ445×幅466×奥行349

FW-4718GR 高さ445×幅476×奥行349

FW-4718GRは直線的なので、より大きく感じられます。

説明書はコチラから。 

 

新品の証。

f:id:rmenx13:20191213163006j:plain

9Lタンク。重いですが、取っ手が二つあるので持ち運びに便利です。(以前のモデルと同じ)

f:id:rmenx13:20191213163028j:plain

レバーを下げるとフィルターが簡単に外れます。(以前のモデルと同じ)

f:id:rmenx13:20191213163118j:plain

ネットでは分かりにくい、パネルの溝。

f:id:rmenx13:20191213163204j:plain

操作パネル。

f:id:rmenx13:20191213163253j:plain

ここから温風が出てきます。

f:id:rmenx13:20191213163321j:plain

灯油を入れて、スイッチを入れました。以前のモデルでは灯油を入れてから浸み込むまでに時間がかかり、なかなか着火しませんでしたが、これは早い!

f:id:rmenx13:20191214055523j:plain

最初は音を立てて、激しく燃焼を始めました。熱い風が排出口から噴き出してきます。その後、温度が上がると燃焼音は静かに。(むしろエアコンの方が音がうるさい)

さっそく「eco運転」しました。設定温度より高くなると自動的に消火してくれます。温度表示が見にくいのはカメラの関係。実際はくっきりと見えています。

f:id:rmenx13:20191214055539j:plain


 「ダイニチ製品の購入者の9割はリピーターと、実力は折り紙つきです。」というコピーどおりになってしまいました。でも、いいものはいい!

 

ダイニチの燃焼方式は、ブンゼン気化式。

気化が速く、予熱なしの40秒 (FW-4718GRは35秒) 着火を可能にします。着火までの時間が短いので部屋が早く暖まり、4~5分後には人が温かさを感じる15℃に到達します。

f:id:rmenx13:20191213143031j:plain

《ダイニチ》

液晶パネルは以前のよりも小さ目ですが、ボタンが横一線に並び使いやすいです。

f:id:rmenx13:20191213141903p:plain

 

温かさか燃費かで選ぶ方も多いですが、僕はダイニチというメーカーとデザインで選びました。

f:id:rmenx13:20191214071102j:plain

※不満と言えば、購入後に750円も安くなっていたことです。Amazonって、ほんとに価格が変動しますね。でも、欲しい時が買い時なので、こればっかりは・・・

※コジマでは¥34,980 、Amazonでは¥ 22,539。割引もあって¥ 21,412で購入しました。やっぱりネットは安い!

 

※使ってみて・・・キッチンとつながっているので、レンジの換気扇を回すと、空気が動いてせっかくの温かい空気が吸い出されてしまいます。これは部屋の構造上の問題。値段はそれほど変わらないので、やっぱり15畳の方がよかったかも? 

プライバシーポリシー