rmenx’s blog

日々の出来事などを、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。自然が大好きですから、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、詳しく調べて載せるよう心がけております。どうぞ、よろしくお願いいたします。-Amazon.co.jpアソシエイト-

PRIMUS(プリムス) クッカー イージークックNS・ソロセットM

前回のPRIMUS(プリムス) クッカー イージークックソロセットSに続いて、PRIMUS(プリムス) クッカー イージークックNS・ソロセットMの紹介です。

Sの蓋にドリップコーヒーをかけてお湯を注いだ写真

イメージ 7

イメージ 8

ただし、蓋に高さがないので、コーヒーパックがお湯に浸かってしまいました。

お湯を沸かすだけならいいのですが、これでご飯を1合炊いて蓋によそってしまうと、汁ものや他のものを入れようと思っても・・・・・・やっぱりもう一つ入れ物がほしくなります。Sは最低限のセットなのです。


そこで、一回り大きいサイズのMも購入してみました。この中にSを収納することができます。

イメージ 1

 

イメージ 3

Mのポットの底にはこんな溝があり、滑り止めになっています。US700に乗せると、この溝がUS700の五徳のギザギザとかみ合って滑らないんですね。

イメージ 4

US700に乗せてみました。
ポットの径が小さいので、安定しています。
イメージ 6
こんな注ぎ口もついているので注ぐときに便利です。この注ぎ口が絶妙。コーヒーをドリップする時に役に立ちます。かなり細く注ぐことができ、ヤカン以上の仕事をしてくれます。また液だれも全くありません。これには驚きました。
とても優秀なクッカーであることは間違いありません。
イメージ 5

それと便利なのが、持ち手に黒いシリコンがついていること。熱くならないので軍手を使わなくても注ぐことができます。
また左右の持ち手をクロスさせるとシリコン同士が密着して持ち手が外れることはありません。

さらに持ち手の部分は溶接ではなくリベット止めなので丈夫です。

ソロキャンプだったら、Sでご飯を炊き、Mでもう一品か二品つくれそうです。お皿に使ってもいいし・・・・。

プリムス・・・・製品の質感はかなりいいですよ。

 
サイズ・容量とも、コールマンの「パックアウェイ ソロクッカー」と全く同じです。
でも、コールマンはカップの取っ手が写真のように折りたたまるので、上部が平らになりません。

f:id:rmenx13:20200719185101j:plain

Amazon

 
ソロセットM
重量250g
400ml,内径12×5㎝
900ml,内径12.5×10cm
 
 
ソロセットS
重量201g
395ml,内径9.5×4.8cm
630ml,内径9.5×8.7cm
 
 
 
人気のスノーピークのトレックコンボは1400mlと900ml。比べると当然ですが、プリムスの方が少し小さめです。ネットを見ても、トレック1400はソロで使うには大きすぎと。900mlあれば十分ですかね。
ただ、コーティングが施されていないスノピの方が焚火に入れたりと気兼ねなく使えます。
⇓このセットになったトレックコンボは廃盤。

廃盤品のトレックコンボはプレミア価格なので、「トレック900」と「トレック1400」と別々に買って組み合わせた方が良さそうです。

さらに、チタンがいいという方は、

スノーピーク(snow peak) チタン トレックコンボ SCS-010T」

小さめのクッカーでよいのなら、プリムスをお勧めします。