rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、詳しく調べて載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★ おうち時間が増えて、DIYとか、 自分でなにか作ろう!  -Amazon.co.jpアソシエイト-

ビオトープ

ひょうたん池へのエアー供給★⑲ GEX ロカボーイの清掃 & 水受け

前回は、「水作 エイトコア Lサイズ」の清掃をしましたが、今回は、もう一つ投入している「ロカボーイ」の清掃です。 《Amazon》 商品紹介生きたバクテリアの力で汚れをすばやく分解するエアーリフト式水中フィルター。 水槽内で目立ちにくいスモークカラー!…

ひょうたん池へのエアー供給★⑱ エーモン 配線チューブ 10φ 2m 、エアーチューブを隠す

以前、電源ケーブル、ホースなどをコルゲートチューブ内にまとめて通して、すっきりさせたという記事を読みました。 車の配線コードをまとめる時に、このコルゲートチューブを使って、数本のコードをまとめたことがありました。スリット(切れ目)が入っていて…

ひょうたん池へのエアー供給★⑰ ろ過器に土が入り込むのを防ぐⅡ

朝日を浴びて水面がキラキラと輝いています。 反射して見えにくいですが、水は澄んでいます。 水温は18℃くらいと低くなっています。(今朝は13℃) これでは、生き物の活動も鈍くなるでしょうね。 前回、ろ過器が土を吸い込んでしまう問題を解決しようと、底を4…

ひょうたん池へのエアー供給★⑯ ろ過器に土が入り込むのを防ぐ

以前、投げ込み式のろ過器の清掃について書きました⇩ その後、同じようなろ過器の動画などを見ていたのですが、見た後で思ったことがあります。 それは、いずれも水槽の中に沈めて使っているということです。 せめて水槽の底に砂利を敷き詰めるならいいので…

ひょうたん池へのエアー供給★⑮ ポンプ冷却用のファンを止める & ファンにカバーをつける

朝から雨。ちょっとひんやりしています。 蜘蛛の巣も御覧の通り。奇麗ですね。 昨日のテレビでは「都道府県魅力度ランキング」の結果を紹介していました。 下位の県はあまりいい気持ちはしないでしょうね。関東四県が下位グループにありました。 「魅力度」…

アネックス(ANEX) ピンセット ステンレス製 逆作動(大) 165mm No.133

一昨日、写した雲。雲って不思議な形が多い。奇麗ですね。 ツクツクボウシが鳴いています。 さて、ピンセットもいろいろ購入しましたが、これは知らなかった。 指でつまむと開き、指を放せばつかむという逆作動。 いちいち、指でピンセットを抑えていなくて…

ひょうたん池へのエアー供給★⑭ 投げ込み式フィルターの清掃 & ST-330の話題

投げ込み式スポンジフィルターの手入れの記事を読んで、うちも掃除しないといけないなと思い、取り出してみました。 何か月ぶりでしょう。数か月ぶりな気がします。 底の土が舞い上がらないように、そーっと取り出すと、周囲にはいくつか苔がついていました…

ルリタテハ、再び飼育を!!、多頭飼い & かえる君、二週間ぶりに帰宅!!

我が家のホトトギス。花がチラホラ咲き始めました。 ここにルリタテハの幼虫がいます。 ホトトギスはこんな風に茎を横に伸ばすので、葉の下側にいる幼虫を見つけるのは大変です。いちいち茎を持ち上げて、葉の裏を確認しないと見つけられません。 見つけ方は…

メダカのための飼育鉢 エビがいない!!

今年の3月に新たに設置した「メダカのための飼育鉢」 水生植物も入れてスタートしました。 でも、水生植物があまりにも伸びすぎてしまうので、その後、水生植物は全て除去。アナカリスだけにしてありました。水槽自体が小さいためです。 そのアナカリスは順…

夏よりも花の数が多い

つい最近まで、アナカリスは一日 3~4個くらいの花しか咲かせませんでした。そんなものだろうと思っていましたが、今回はかなりの数の花が咲いています。 気温的に、今頃が花の盛りなんでしょうか? こちらも9個の花が咲いています。 一日花。それにしても、…

ノキシノブ & 「ロボット兵の思い」に植え替えてみた

我が家のベランダの片隅に勝手に生えて来たノキシノブ。シダ植物です。 ネットでも販売されていて、小さいので¥500~¥1,000もするんですね。 よっぽど、この環境にあっているのでしょう。特に水やりするわけでもありませんが、夏の暑さにも冬の寒さにも耐…

茶色いオンブバッタの知恵 & アオマツムシ・クビキリギス、厄介な樹・植物、「ロボット兵の思い」

茶色いオンブバッタ アップで見ると、緑のバッタよりも強そうな感じ。甲冑のような質感です。 今まで庭で見たことがありませんでしたが、今年は住人になりました。 数日後、アサザの上にいるバッタを見つけました。 水を飲んでいる? と思って近づいてみると…

ひょうたん池へのエアー供給★⑬ 泥が跳ねている & ネジでファンを固定する

久しぶりにエアーポンプの話題。 最近、雨や曇りの日が続いています。気温が低く、涼しいので過ごしやすいですが、せっかく取り付けた排熱用のファンが寂しそうに回っています。残暑を期待してのファンだったのに・・・・ 土砂降りだった日の翌朝 雨除けがだ…

水草のトリミング & 富栄養化に気をつけろ!!

日々成長を続ける水生植物。 池に植えてあるのは、ミツガシワとアナカリス、そしてアサザだけです。理由は、たくさんの種類を植えると見た目は素敵ですが、手入れが面倒だからです。コガマやキショウブを植えていたことがありますが、物凄く繁殖するので手に…

スープが「ストレート」の理由

せっかく熱対策としてファンを取り付けたというのに、それからというもの、曇り、小雨の日々が続いています。今朝も早朝から雨です。 まっ、涼しくて過ごしやすいですが、なんだかなーというのが実感です。 庭は20℃以下、ボックス内は25℃。 一連の熱さ対策の…

ひょうたん池へのエアー供給★⑫ ボックス内をファンで冷やすって、どう?

9月ですね。 今月は少し涼しくなるようです。「秋」という季節が来てくれないと、体がもちません。でも、昨日は雨ふりで涼しかったし、今朝も朝から曇り空。涼しいです。 気温が低くなると必要なくなってしまうモノ・・・せっかく製作中なのに・・・ 穴を開…

ひょうたん池へのエアー供給★⑪ 吸気排気用の穴の数を増やす

《この記事はボツにしようかと思いましたが、せっかく書いたのでアップしておきます》 ボックスを密閉しては、エアーポンプ用の空気が入らないし、熱くなった空気を外に排出することができません。 現在、ボックスの側面に一か所、底に四か所の穴を開けてい…

池のアナカリスとメダカ

最近の題は、製品名とか植物の名前とか、そのまんまというのが多くなっています。 今までは期待を持たせるような、訳の分からない題をつけたことがありますが、後で自分の記事を検索する時に、どの記事か分からなくなって困りました。そこでズバリわかりやす…

ひょうたん池へのエアー供給★⑩ 番外編 エアーポンプを入れたボックス内は、思った以上に熱かった!! 追記あり

ボックスに閉じ込めたエアーポンプが熱で故障してしまうことを知ったので、一体ボックス内はどのくらいの温度になるのか調べてみました。 温度計を入れた後、ボックスの蓋は閉めて、日向に置きました。 困ったもので、いったん気になり始めると、納得いくま…

ひょうたん池へのエアー供給★⑨ 熱射対策・風対策

今までは、どうやってエアーポンプをボックスに収納しようか、また雨水が入って来ないようにどうしようか、そんなことばかり考えてきました。 基盤やコード、金具などは暑さにも耐えうるでしょうが、ポンプは違います。 暑い夏。ポンプが暑さで壊れてしまう…

ひょうたん池へのエアー供給★⑧ 電源コンセントを収納~雨対策 & オーバーフロー対策

いよいよ、電源コンセントの取り付けです。この段階では、コンセントは別のボックスに入ったまま稼動しています。それを外して、新しいボックスに移します。 その前に・・・ ポンプの固定を変更する 前回、スポンジで両脇を挟んでいたエアーポンプ。そのスポ…

ひょうたん池へのエアー供給★⑦ ポンプを取り付けてみる  熱反射(遮熱)シートの活用?

いよいよエアーポンプの取り付けです。 ポンプを固定する 木板の上に乗せるだけでもよさそうですが、ポンプが左右に動くのも困るので、スポンジで押さえることにしました。 家にあったスポンジをボックスの高さに合わせてカットして、真っすぐな面を上にして…

ひょうたん池へのエアー供給★⑥ 雨対策・・バスボンドを注入

パスボンドで雨水対策 前回も書いたように、ノック穴の周囲には穴が開いているので、この穴を埋めておかないと雨水が入り込んでしまいます。(ここから空気が入ってくるので、エアーポンプを入れる時は便利ですが、底に4つの吸気口を開けたので、塞いでおきま…

ひょうたん池へのエアー供給★⑤ 底の穴 & チューブ用の穴 追記あり

こんな風にセットしたい 未来工業 (WB-1AOG タテ:236 ヨコ:160 フカサ:120 有効フカサ:90) と、かなり小さなボックスを選びました。でも、ポンプとコンセント・プラグを一緒にボックスに収納出来そうです。完成予想図を作ってみました。 上から見た図です⇩ …

ひょうたん池へのエアー供給★④ ボックスの選定⇨未来工業ウオルボックス WB-1AOG

最初から、詳しく調べて作り始めればよかったと思います。 とりあえず安かった (¥386) ので、PVKボックスに安易に飛びついてしまったのが始まり。防水ではなく、水が浸入していました。 製作を終えて気が付いたのは、コードなどを交換するには充填剤を全て…

雨が続くので苔が・・・追記 : 入江聖奈「ヒキガエルスポットに行ってきました」さっそくカエル探しの旅へ

池の反対側の南西側の庭の様子 グランドカバーのシロツメクサが揃ってきました。 隣家の木々も良い意味で借景となってくれています。 シュウメイギク スミレ 花筏(はないかだ) シロツメクサ・カタバミは背丈が低いのでグランドカバーとして最適です。 湿気が…

ひょうたん池へのエアー供給③ アースカラーに塗ってみた & 雨天時の様子 追記: 戸外使用での注意点

アースカラーとは いわゆる大地の色です。 大地(土や砂)や植物(草や木)など地球に元からある自然物に近い色。具体的には、ベージュ・ブラウン・カーキがアースカラーの代表的な色。 今回は余っていた「カモフラージュ スプレー ペイント」を使用。色はブ…

ひょうたん池へのエアー供給② プルボックスにプラグなどを収納する

プルボックス (アウトレットボックス) とは、電線やケーブルを分岐させたり、敷設を容易にするために設置する鋼板や樹脂製の箱のこと。 庭の電源確保は、北側の壁に取り付けられている屋外コンセントから15mほどの長いコードを引いて、それにポンプのプラグ…

ひょうたん池へのエアー供給①  我が家の現状

ビオトープの池にエアーポンプが必要か否か。 考え方によって意見が分かれるでしょうね。赤玉土や水草のバランスがよければ濾過器は必要ないようですし、小さなビオトープなら、汚れたら水の交換をすればいいだけです。 でも、アクアリウムは室内で魚や水生…

トンボが産卵に来ました

やって来たムギワラトンボ 産卵を終えて・・・ ひょうたん池に一回。右側の水槽にも一回産卵した後、ここで一休み。 この隙間から腹を差し込んでの産卵です。このフタでは防げないという事ですね。 原因は水面がかなり上がっていたからですが、もっと水が少…

プライバシーポリシー