rmenx’s blog

自然が大好きで、生き物に関連する記事も載せています。製品レビューについては、ただ製品の画像や仕様などを載せるだけではなく、実際に使ってみたり、自分なりに詳しく調べてから載せるよう心がけています。また、過去記事に追加・変更もしています。こちらも御覧になってください★間違いなどありましたら、知らせていただけるとありがたいです★ アソシエイト・プログラムへ参加 ※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

HAKOYA メンズ一段ランチ 800ml 弁当箱 第百五十七弾! エリンギと豚肉の中華丼風弁当 & しじみは凍らせる?

同じような料理を続けて作ることはありますが、今回は麻婆茄子エリンギ料理を少し変化させて作ろうかと考えました。

 

その前に・・・・

下のピーマンしいたけ麻婆茄子用、小松菜エリンギ料理用です。

 

まずは麻婆茄子から

今回はしいたけを加えてみました。

茄子は大きめのが一本。ピーマンも1ケ。それにしいたけが加わったので、少しボリュームアップしました。これで二人分です。

調味料は前回とほぼ同様に豆板醤オイスターソースすりおろし生姜すりおろしニンニク鶏ガラスープの素です。今回はみりんとごま油は入れていません。

ただし、豆板醤は多めに入れています。

また、刻み長ネギは上にふりかけています。

 

次はエリンギ。

前回はシンプルな醤油バター炒めでしたが、今回は豚肉エリンギしめじ小松菜で炒めてみようかと思います。

参考にしたレシピはこれ

ただ、一部参考にしただけで、まるっきり違う調理になっています(笑)

 

エリンギしめじを炒めた後に小松菜を加えて、さらに「チンッ」した豚肉を入れてみました。

全てが炒め終わったところで、合わせ調味料を入れて完成です。

★合わせ調味料

おろししょうが 小さじ1、おろしにんにく 小さじ1/2
 大さじ1、醤油 小さじ1/2
オイスターソース 大さじ1、鶏ガラスープの素 小さじ1/3
片栗粉 小さじ1、水 大さじ2

調味料の量は目安です。

 

小松菜は緑色を加えたくて入れたもの。

インゲンやピーマンなどでよさそうですが、麻婆茄子にピーマンを入れてしまったので、小松菜にしています。

エリンギと豚肉のとろみのある中華丼風の炒めものです。

 

エリンギと豚肉の中華丼風弁当

いつもの目一杯に詰め込んだ弁当です。

 

小松菜はいろいろなものに合わせることが出来る便利な食材です。

緑が欲しい時に入れると効果的。

麻婆茄子。

 

妻用も同じパターン。

二つを並べてみました。

 

実食

前日とほとんど同じ食材でしたが、食材や調理方法が違うだけで、別物の料理になっています。

エリンギ・豚肉炒めは好みの味に仕上がっていました。

また、前日よりも辛めにした麻婆茄子も美味しかったです。

 

この二つ。

弁当のおかずとしてではなく料理として出しても良かったか?

ご馳走様でした。

 

 

息子が送って来た一つに「十三湖産大和しじみ」がありました。

すぐには食べないので、どうしたものか?

すると、息子から「半日泥を吐かせたら冷凍しておく・・・」と。

ずいぶんと粒の大きなしじみでした。

 

それと、この前紹介したTシャツは・・・・これです!

ロックTシャツほどのインパクトはないものの、外に着て行く勇気ないなぁー。

 

昔、旅行先のお土産店で必ず売っていたペナントみたいに、部屋に飾っておこうかな?

ところで、ペナントって、まだあるの?

HAKOYA メンズ一段ランチ 800ml 弁当箱 第百五十六弾! エリンギのバター醤油炒め・麻婆茄子弁当 & コロナに注意! & 初冷房 

今回は麻婆茄子を作りました。

いつもだと、簡単な永谷園の麻婆茄子味の素 Cook Do  麻婆茄子用のレトルトで済ませてしまうところですが、今回は一から作ります。

 

参考にしたレシピは⇩

「しびれる辛さがクセになる麻婆茄子」

調味料は、
・豆板醤 大さじ1
甜麺醤 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
・みりん 大さじ1
・すりおろし生姜 小さじ1
・すりおろしニンニク 小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ1
・粉山椒 小さじ1
・ごま油

上記のレシピより引用》

甜面醤はないので、豆板醤を多めに入れています。生姜やニンニクは全てチューブタイプを使っています。

 

材料はあらかじめ切っておき、調理料も混ぜておきました。

まずはひき肉を炒めました。

茄子などを炒めた後に合わせておいた調味料を流し込んで、からめて完成。

 

こちらはエリンギ

以前も数回料理しましたが、これも冷蔵庫に 3パックもあるので、どんどん使わないと痛んでしまうと思い調理してしまいました。

塩・胡椒・バター・醤油。そして、チューブのニンニクを少量入れています。

 

エリンギのバター醤油炒め・麻婆茄子弁当

 

ご飯が見えないくらい、びっしりと詰めるのが我が家流。

エリンギと漬物で埋め尽くしました。

 

定番の鶏のから揚げゆで卵

映え狙いの料理家の弁当なら、いろいろなおかずを入れることもあるでしょうが、日々の弁当のおかずは、定番化してもいいような気がします。

その方が絶対に楽。

毎回毎回、新しいメニューを考えるのも大変だし、また、今まで使ったことのない食材もなかなか取り入れにくい。

冷蔵庫(冷凍庫)にある大好きなおかずさえ入っていれば・・・それで満足!

 

妻の弁当もほぼ同じ中身です。

 

二つを並べてみました。

 

実食

麻婆茄子。

ピリ辛で大正解でした。これは旨い!

リピアリですね。

 

そして、エリンギ。

醤油が多めなので、自分的にはホント旨かった!

この二つが旨過ぎて、鶏のから揚げの存在を忘れるほどでした。

鶏のから揚げは、いらなかったかも?

ご馳走様でした。

 

 

 

コロナに注意!

最近、マスクをつけない人が多くなりました。

スーパー内でもそうです。

自分はマスク派ですが、実はまだまだ油断が出来ません。

 

近所の知り合いは現在コロナに罹っています。

今頃?

これで二回目だそうです。でも、後遺症に苦しんでいるとか。

妻の友人もコロナに罹患中だとか。

コロナに罹った自分としては二度と罹りたくはありません。

微熱が何日も続き、だるい毎日。

しんどいです。

 

特に天候が不順な時って、体調を崩しやすい。

そういう時は危ないです。

みなさん、気を付けましょう!

 

初冷房

6月だというのに暑いです。

窓もドアも開け放ち、天井のファンを回しても暑い。

ただ、熱風がかき混ぜられているだけ。

一階ならまだしも二階は我慢できない暑さになっています。

ということで、冷房を入れました。

設定温度は 27℃。

冷房、効きますねー。

気持ちいいです。

まだ我が家のエアコン大丈夫そうです。

 

30度越えの室内で、ウトウトと居眠りなんぞしていたら熱中症であの世行きです。

夕方になって窓からエアコンよりも涼しい風が入って来ました。

やっぱり、自然の風の方が心地いい!

息子の東北キャンプ旅

画像をLINEのグループに張り付けてありました。

せっかくなので紹介してみたいと思います。

 

行った先々の景色、建物や店、食事風景等の画像がたくさんありました。

急ぎ足で東北を回る計画ですから、福島、山形、秋田、青森、岩手、宮城と広範囲。

教育出版より》

でも、このブログでは主にキャンプ中心に紹介したいと思います。

 

まずはテント。男二人旅なので、こんなテントを使ったようです。

テーブルも椅子も調理器具もシンプル。

映えを意識しない、飾らない「通」のキャンプスタイルなのかもしれません。

同じ場所で何泊もするわけではなく、東北の各県を急いで巡る旅なので、設営や撤収が簡単なモノを選んだのでしょう。

 

食事風景

息子にあげた「キャンピングムーン CB缶 スタンド型アダプター Z23-CB」を使っていますねー。

 

これに延長用のOD缶の「キャンピングムーン マルチガスホースライン」を取り付けているようです。

下はマルチガスホースラインのCB缶仕様の記事⇩

 

質素な食事(笑) 小さなザル。これっ、意外と便利なんです。

 

スノーピークのトレック900、柄の折れるフライパンにメスティン。

それに、誕生日にプレゼントした、スノーピークの真空マグが見えます。

 

 

青森の林の中のキャンプ場。

苦労して取り付けたリアラダー(梯子)でしたが、ラダーが重いので、リアドアを開いても、ドアが重さで下がってしまうとか。

そこでドアが閉まらないようにと工夫したのが、床とドアの間に樹脂製の棒を立てかけておくことでした。

なんとまあ、アナログ!

ルーフキャリアーも取り付けましたが、これは飾りか?(笑)

カスタマイズもいいけれど、もっと別なお金の使い方をして欲しいですね。

 

これって、まるでフォレスターのイメージ写真のよう。

 

ほとんど走り続けてばかりの旅行だったようですが、けっこう旨いモノを食べていました。

《岩手 ぴょんぴょん舎

《宮城 味太助本店》

期間が長かったせいもあって、お土産もたくさん買って来ました。

その中には秋田犬のご当地 Tシャツもありました。

黄色で、「なめるよ危険 秋田犬」と大きく書かれたYシャツです。

ネットには同じ柄が二つしか見つからなかったので、現地でないと買えない貴重なもののようです。

 

追記 : マップは便利だ。

前回、マップルを紹介しましたが、とじ込みになっている地図がついています。

これが便利。

今はスマホの時代なので、スマホさえあれば何とでもなってしまいますが、スマホだとスクロールしたり拡大したり・・・いろいろと不便 (小さな画面では制限がある)なところもあります。

 

上下のような地図であれば、直感的に目的地の位置が分かるし、どの道を通って行けばよいのか、一目瞭然です。

しかも、バッテリーを気にせずに何十時間、いや、それ以上ずっと眺めていられます。(笑)

 

最近のSAやPAは充実しているので、そこでの食事やお土産も楽しみの一つになります。

以前は、車には必ず道路地図を携帯していましたが、こういう旅行誌・地図は、ホント便利で役に立ちますよ。