rmenx’s blog

日々の出来事などを、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。 キャンプ道具については、なるべく細かく紹介することを心がけています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

キャンピングムーン CB缶⇄OD缶 互換アダプター&マルチガスホースライン フルセット③

実際にバーナーに取り付けてみました。

f:id:rmenx13:20191203123035j:plain

SOTO ST-330で試してみます。

まず、ガスボンベを装着するように切り欠きを合わせて・・・

f:id:rmenx13:20191203123133j:plain

押し込んでひねるだけ! 簡単です。しかも、しっかりと固定されました。

f:id:rmenx13:20191203123210j:plain

次にガスボンベを取り付けました。

f:id:rmenx13:20191203123253j:plain

これも切り欠きを合わせて、押し込んでひねるだけ。

f:id:rmenx13:20191203123316j:plain

がっちりと固定できました。「Z16(ホース)」を取り付けていてもガス漏れはしません。ガス漏れ防止バルプ内蔵だからでしょう。

f:id:rmenx13:20191203123351j:plain

f:id:rmenx13:20191203123747j:plain

 

取り付け時、取り外し時のガス漏れ

アダプターとホースはきっちりと接続されるので、そこからのガス漏れはありませんが・・・

ただし、ガスボンベを取り付けた「Z10」に、新たに「Z16(ホース)」を取り付けたり、或いは「Z16(ホース)」を外すときには、「シュー」とガスが漏れます。(特に外すとき)

 

またガスボンベに「Z10」+「Z16(ホース)」を取り付けるときにもガス漏れします。特にガスボンベから「Z10」+「Z16(ホース)」を外すときには、「シューッ」と、かなりのガスが漏れてびっくりしました。何度か試みましたが、器具をまっすぐに、しかも素早く外すといいみたいですが、それでもやっぱり少しガスが漏れますね。

(レビューに、取り付け時・取り外し時のガス漏れのコメントはないのですが・・・)

注意:ということで、火のそばでのガスボンベの取り付けや取り外しは控えたほうがよさそうです。それにしても、外し方にコツでもあるのでしょうか?

ネットで調べても、この件に関しての記事がありません。 

ガス漏れ防止バルプ内蔵されたものになりますが、安全を保証するものではありません。ガス漏れが感じた場合、直ちに使用を中止してください。構造的に脱着時の多少のガス漏れの可能性があります。用具関係のバルプをよく締めてから脱着してください《Amazon

 

このボンベ固定用の脚は有難いのですが、なんせ小さくて不安定。

f:id:rmenx13:20191203171251j:plain

Amazon

「Z16 (ホース)」のホースは金属で覆われていて固いので、ホースを上手に配置しておかないと、ホースを動かした拍子に「Z10」が回転することがあります。特にガスボンベの容量が少なくなって軽くなった時には注意が必要です。

 

この後、点火してみましたが、問題なく着火できました。

バーナーとボンベを離して使いたい方、或いはボンベを他の場所に移動しテーブルを広く使いたい方には使えるグッズです。

ただし、バーナー本来の使い方ではありませんから、くれぐれもガス漏れなどには十分気をつけて使ってください。それと、念のために使わない時はガスボンベからアダプターを外しておいてください。

※ガスボンベ分離式なので、イワタニのカセットコンロのようにヒートパネルの恩恵を受けません。ガスを最後まで使い切るには、ひと工夫が必要です。