rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

ミニ焚火台

薪をくべて燃やす焚火台。でも、風防として、中に固形燃料ストーブなどを入れて使うことも考えると、ある程度の大きさ、高さ調整・・・などが必要です。

 

「Moon Lence バーベキューコンロ 焚き火台」 幅180×奥行130×高さ178mm

f:id:rmenx13:20191114151310j:plain

f:id:rmenx13:20191114151323j:plain

f:id:rmenx13:20191114151340j:plain

f:id:rmenx13:20191114151359j:plain

f:id:rmenx13:20191114151425j:plain

Amazon

 

同じような構造の焚火台は数種類出回っています。

 

キャプテンスタッグ幅200×奥行125×高さ180mm

高さが三段階に調整可能。

f:id:rmenx13:20191114151514j:plain

Amazon

 

「折りたたみコンロ バーベキュー 焚火台」幅200×奥行155×高さ180mm

f:id:rmenx13:20191114151541j:plain

Amazon

こちらの方が、キャプテンスタッグのものよりも奥行きが3㎝長いです。

 

3つを比べてみると・・・・・

Moon Lence     幅180×奥行130×高さ178mm   810g

キャプテンスタッグ 幅200×奥行125×高さ180mm 760g           

折りたたみコンロ バーベキュー 焚火台 幅200×奥行155×高さ180mm 800g

※この焚火台には灰ストッパーという前面に取り付ける板状の部品が付属。ただし、焼き網はなし。

 

ちなみにB6の大きさは、 

f:id:rmenx13:20191114211242j:plain

値段的にはキャプテンスタッグが高いですが、それほど変わりません。微妙ですね。

 

Moon Lence バーベキューコンロ 焚き火台  幅140×奥行140×高さ210cm 850g

これも気にはなっているんですが・・・

f:id:rmenx13:20191114152725j:plain

Amazon

背が高くて焼面積が狭い・・・・・ 

四方に穴がないので風防としては使えそうですが、ロストルの高さ調整もできませんし、風防の用途として使うのは無理でしょうね。

 

それにしても、いずれの焚火台のレビューに高評価が多いです。

そして、いかにソロキャンが多くなったかがよくわかります。

いずれもソロ用として作られていますが、どれも特徴があって、ホント悩みますね。