rmenx’s blog

日々の出来事などを、その時のニュースも交えて、日記のつもりで綴っていきたいと思っています。(写真は奥日光の戦場ヶ原)

SOTO ST-330 & B6君

以前、B6君の中にエスビットを入れて、その上にメスティンを置く記事を載せました。エスビットの上にちょうどよくメスティンが乗るんです。(ロストル使用)

f:id:rmenx13:20191018190823j:plain

f:id:rmenx13:20191018191051j:plain

 

こういう小さな焚火台を風よけとして、その中にアルコールストーブやバーナーを入れて使う方法もありますね。

ただし、OD缶のバーナーは禁止されています。

f:id:rmenx13:20191114144417j:plain

 《キャプテンスタッグより》

 

でも、ガスボンベが分離式なら大丈夫そうです。

下はAmazonにあった「折りたたみコンロ バーベキュー 焚火台の説明。

f:id:rmenx13:20191114143939j:plain

以前購入した中華製のバーナーが使われています。 

ということは、ガスボンベ分離式のST-330も使えるってことでしょう?

 

ただし、焚火台はバーナー或いはボンベ取り付け部分が通せるタイプに限られます。

 

とりあえず、入れてみました。ロストルは使いません。

正面のパネルがあるとホースが通らないので、外して入れました。

f:id:rmenx13:20191114141608j:plain

ST-330の足は「遊び」が大きすぎる、不具合だと思っていましたが、なんのなんの、この「遊び」があるおかげで、難なく入れることができました。ジャストフィット!

B6君を入れるために、わざわざ「遊び」を大きくしたわけではないでしょうが、「遊び」がなかったら足がはみ出していたでしょう。

大きな「遊び」の意味・有難さを再認識しました。

※ちなみにB6の大きさは・・・「B6」サイズは 182mm×128mm  。

f:id:rmenx13:20191115070237j:plain

足が動かないと、枠や前後のパネルの折り曲げ部分に干渉して入りません。

f:id:rmenx13:20191117175909j:plain

このままでは入りませんが、足を左右に広げると、入ってしまいます。
遊びのおかげです。

 

さて、ガスボンベの位置はこんな感じ。もうちょっとホースが長くてもいいかな?

もちろん正面のパネルも取り付けられます。

f:id:rmenx13:20191114141941j:plain

この状態で、小さなヤカンを乗せてお湯を沸かすことができそうです。ただB6君の枠より五徳が低いので、大きなクッカーは枠に乗せるか、網をかけてその上に乗せるしかなさそうです。

 

100均の網を乗せてみました。

ST-330の五徳はB6君の高さより低いので、隙間が5mmほど空いています。

f:id:rmenx13:20191114142129j:plain

ステンレスグリルも乗せてみました。

f:id:rmenx13:20191114142442j:plain

ずいぶん五徳から離れています。

この状態で肉を焼いたら、ST-330が油だらけになってしまうので、この使い方はないでしょう。

f:id:rmenx13:20191114142543j:plain

グリルプレートで肉を焼くこともないので試していません。

最後に100均の四角い鉄板を乗せてみました。もともとB6君にぴったりでしたが・・・

f:id:rmenx13:20191114143151j:plain

写真で見ると、しっかりとST-330の五徳に乗っていることがわかります。

f:id:rmenx13:20191114142932j:plain

この場合、かなりの放射熱が発生するでしょうね。四方を囲ってしまったら、どうなんでしょ?

 

 

ということで、B6君をわざわざ風防代わりに・・・と試してみました。

 ただ、風よけのためにだけB6君を使う人っていませんよね。それなら軽いアルミ製の方がいいに決まっています。

 

※他の焚火台と比べて、B6君は足の部分が独立して開きますよね。

f:id:rmenx13:20191115034523j:plain

ここにメーカーのこだわりがあると思うんです。このデザイン、好きだなー。